食事中に起こる「げっぷ」のこと

 

 

アーユルヴェーダの智慧は深く、シンプルです

・良い食事
・良い睡眠
・良い性生活
この3つのバランスが整うとき
私たちの身体はムリなく健やかに、
そして心も制限なく幸福感に満ちると云われています
アーユルヴェーダにはあらゆる癒しのツールがありますが
食事はとりわけ重要といわれていて、

良い食事をしていたら薬は要らないし、
食事が正しくなければ薬は意味がない、という教えもあります


げっぷと食事の関係img_20180721_185141_2081483014815.jpg

食事は、それをすることによって
心地よい結果を招くのが正解です

身体がムリなく消化できること、
身体にとって滋養がもたらされている感覚、
心的にも穏やかに心地よく、良いパワーがみなぎる感じです

食後のあまり心地よくない結果として、
「食べすぎ」による重さや膨張感、ガス感などがあると思います
食べすぎることが消化の妨げになって
私たちの求めていない結果を招くことがあります

自分の体がどのくらい食べられるか(消化できるか)を知る、
一番分かりやすいサインは「げっぷ」です

 

「げっぷ」が消化力を知らせてくれる

げっぷは、消化管で食物が満ちてきて
吸収・消化される過程で目一杯はたらく際に
胃の中の空気が逆流することで起こります

食事中にげっぷが出たら、それが
“消化できる量に達しました”という体からのサインです

胃の中は
1 / 3が固形物
1 / 3が液体
1 / 3が空間
の状態で食事を終えると消化がラクにいきます

げっぷが出た以降も
食物(固形物や液体)が胃に入ると、
空間がどんどん減っていくため消化に負担がかかります

 

早くにげっぷが出る場合

食事を始めてすぐにげっぷが出たり
日常的にげっぷが出ている場合には、
体の消化力(アグニ)自体が弱まっているサインです

消化管のはたらきが衰弱していると
少しの食事量でもそれを処理するのに
消化管がフル稼働するために、早い段階でげっぷが出るのです

ここでもやはり、
げっぷが出た以降も食事を続けると
さらに消化そのものを妨げてしまいます


消化力を整える大切さ23659368_850297081805696_151230682010096472_n

消化力を整えるには、
「げっぷが出たら食事を終える」
実はこれが最も効果あるアプローチなのです

そうしたら少ししか食べれない‥
と難しく感じるかもしれませんが、
2-3日これを心がけると消化力が回復していき、
きちんと“適量”が食べられる=消化できるようになります

 

この些細な実践は、実は大きな意味を持ちます
消化力を整える過程で
「自分の身体にとって良いことをしている」
という実感が芽生えたり、
実際に消化力が回復した体では
組織の安定感を感じられるので
体が心地よく(重くも軽くもなくちょうどよい)、
思考力や知覚が冴えわたっていくという変化があります


体に正直になることが
健康への第一歩dsc_9696578030616.jpg

げっぷに正直になることは
体に正直であることです

そうした小さな実践は、
より自分を微細に扱うこととつながって
体的にも心的にもよい変容を迎えることができます

日頃、げっぷに意識を向けていない人では
「げっぷなんてしてたかしら?」と思うかもしれません

食事中にお喋りをしていたり、
日常的に横隔膜から腹部が硬直していると、
小さなげっぷがよく出ている、ということはよくあるそうです

 

自分の身体がどんなリアクションをしているか、
よく観察してみましょう

 

 

あわせてご覧ください
あなたの生命力は?/アグニのこと
「これさえあれば良い」健康な体に必要といわれる5つの食材


 

バランスをもたらす食事
食材のセレクトと調理法と食べ方のこと
「おいしい人生」のための
アーユルヴェーダお料理教室を開催しています

cooking / practicescreenshot_20181026-1218412093312485.png

 

いつも愛をここに

“自分を知ることによる幸せ”
ヨガとアーユルヴェーダと食事
全米ヨガアライアンス認定 ヨガ指導者
Hale Pule 認定アーユルヴェーダシェフ
kaori

関 連

  1. アーユルヴェーダお弁当お届け-一日目-

  2. アーユルヴェーダ料理にこめること

  3. ドーシャ別アーユルヴェーダDinner《アユルダ》

  4. アーユルヴェーダお弁当お届け- 3日目 –

  5. 身体を成熟させる 健康と病の分かれ道

  6. 自然界のドーシャ/自分が自分でいれるとき

最新記事 おすすめ

ブログ 購読

ツールバーへスキップ