「アーユルヴェーダもヨガも要らない人」

ヨガやアーユルヴェーダは、必要です。

特に 現代社会で頑張る人、
仕事で 忙しくしている人、
慢性的な不調を抱える人、
今よりもフィーリングを良くしていきたいと願う人にとってはとても有益な糧になります。

一方で、ヨガもアーユルヴェーダも「要らない人」も居ます。

その人は、ヨガもアーユルヴェーダもなしに健康を維持し、幸せです。

なぜでしょう?

その人は ヨガマットに何時間も立ち続けなくとも、
アーユルヴェーダのスパイスを何百も暗記しなくとも、
人生の毎瞬で「経験」を積み、「愛情」を養っています。

感謝の念とともに自分への過信がなく、それでいて信頼を自分自身と築いているので、五感を誤って用いることも、ラジャスやタマスに振り回されることもありません。

心の声、直観力が研ぎ澄まされているので、
自然と「サットヴァ」を実践して生きています。

ですが、私たち人間はとても微細な生き物で、環境からの影響を大いに受けて日々生きています。

時代 – 人生は常に変わり目にあり、早く、不規則です。

そんな中で私たちは、体と心の結びつきに気づきにくくなる場面が往々にしてあります。

生きるための智慧を養い、
安易に “ 繋がり合える ”よう
ゆるぎない土台を築き上げるために、
アーユルヴェーダやヨガの実践が大いに役に立つのです。

_「ヨガもアーユルヴェーダも要らない人」

ヨガやアーユルヴェーダを実践する人の多くの終着点は、ここではないでしょうか。

そうして新たに、自分の人生の「始点」に立つわけです。


アーユルヴェーダやヨガをすると
アーユルヴェーダもヨガも要らなくなる

皆さんはなぜアーユルヴェーダやヨガを実践しますか?

健康には「美」という側面がありますがそれだけではないですね。

幸福感にもまたそのような側面をみることがありますが、“ それだけ ” ではないのです。

アーユルヴェーダやヨガの実践を続けると、それらはやがて要らなくなります。

ヨガは心の制御 – コントロール – 統制であり、アーユルヴェーダは日常を生きるうえでの普遍的な知識です。

初めのうち、それは “ 習い事 ” として修得されるかもしれませんが、やがて日常の一部として溶け込みます。

それに要する時間・手立てはその人次第だからこそ、「皆それぞれ違う」のです。

体 ( 自分自身 ) にすっぽり入るという機能・仕組みを一度知ると、それは日常生活のなかで活きていきます。

その知恵を有すことで、その人 ( その身体や心 ) は立っているとき、座っているときにも、“ 原則 ”につき従い展開するようになります。

ヨガは、アサナのために何時間もマットへ立ち続けなさいとはいいません。

自然の原理原則を理解すると、いつ – どこで – 自分をどのように扱うと良いかが分かるようになります。

これがヨガそのものでもあり、アーユルヴェーダにも通ずるものがあります。

生活全体、人生全体が “ 調理 ” となり、何をどのくらいブレンドしたら美味しく仕上がるかが直感的に分かるようになります。

ですので、アーユルヴェーダをマスターするのに何時間もキッチンに立たなければならない、ということはありません。

むしろその時間自体はとても要約されるでしょう。

何百種ものスパイスを暗記したり、厳格なヴィーガンになるという必要もないのです。

そんな生きた「実践」は、日常生活でその人自身の知恵となり、健やかさと幸福感を飛躍させます。

アーユルヴェーダやヨガを通して ( 健康や至福を追い求めて ) 今、もし自分が深刻になりすぎているなと感じるなら、またはかえって混乱を感じるとき、

それは「タパス ( 燃やす ) 」の過程であり、前段階だということです。


私たちは皆、変容の途中ではそのような事が当然に起こります。

アーユルヴェーダとヨガの匠マイラは
「変化のときはとっ散らかるもの
けれど他からは大して気づかないものです」

といいました。

私たちは根本からの変化を恐れつつ、
ヨガやアーユルヴェーダの実践 = 健康や幸せ〝だけ〟がそこに在ると思いがちです。

確かにそれらの実践はサットヴァに根差していますが、同時に「タパス」の行いでもあります。

古くからの自分を洗い出したり、新しい進路方向を改めて見つめ直す機会にもなります。

決意をもって、覚悟すること

そしてそこから逃げ出さずに何があってもしっかり受け止めて、
さらに踏み込んでいくだけの勇気やオープンマインドがあれば、私たち自身にそれ – 健康や幸福 – は沁み込みます。

ヨガは生きている限り身体や心を機能させるし、
アーユルヴェーダは、日々を生きるための糧になります。

一定の期間、充分なスペースと時間をかけて学ぶことでそれらが〝習い事〟や〝気が向いたときにやるもの〟からさらに先へと進んだとき、アーユルヴェーダやヨガは全生活に溶け込み、その人にとって特段アーユルヴェーダやヨガは「要らなく」なります。
暮らしに活かしてもっと健やかになるためのプラクティス Ayurveda Holistic基礎講座 では、調理編と講義編の両面からアーユルヴェーダの基礎的な部分を一から紐解き、自らにとって必要なアーユルヴェーダとその実践過程を直接的に学んでいただけます。

詳細・お申込みはこちらから


いつも愛をここに

“自分を知ることによる幸せ”
ヨガとアーユルヴェーダと食事
全米ヨガアライアンス認定 ヨガ指導者
Hale Pule 認定 アーユルヴェーダシェフ
k a o r i

関 連

  1. 夜食のこと

  2. – レシピ – もったりダルと葉野菜…

  3. 奇跡が起こる場所

  4. 『どんな未来を見たい?』

  5. 「これさえあれば良い」健康な体に必要な5つの食材

  6. 私がヨガをする理由

最新記事 おすすめ

ブログ 購読

ツールバーへスキップ