「この時期の温度調整の難しさ」について

“冬は石も消化できる”

アーユルヴェーダの古典にはそんな記述があるくらい、「冬」は季節の中で一番健康を増大させ、維持するのに適している時期です

ではなぜ近年、この時期はインフルエンザなどをはじめとするウイルス感染が“普通”に流行り、風邪やその他不調を抱える人が多いのか?

・・・
ここ数十年で暮らしが一気に“豊か”に発展していったおかげで、体の全機能・
五感器官や免疫力が本来の力を発揮せずに済むようになったからです


不自然な気温差、
温度差が身体を弱くする

エアコンの効いた部屋と温度差の激しい外との行き来、
旬でない食物 = 冬に夏の野菜を食べ夏に冬の野菜を食べる、
日本に育ちながら欧米食を食べすぎる

・・・
これらの習慣が身体にある“本調子”を少しずつ乱し、免疫機能を低下させる一因になっています

この“隙間”があると、本来思わしくない不調や病が入り込んできても身体はそれに対し抵抗できず感染症にかかったりします

本来冬は、“石も消化できる” はずなのに、です


日々の温度調整のコツ

毎日エアコンなしで環境の温度に適応していく…

これが現実的に叶えば身体にとっては最良かもしれませんが、現時点でアグニが整いきっていない人のにとっては現実的に無理がありますし、冬の間はやはりある程度 “きちんと暖をとること” が大切です

では、どのように「石も消化できる」ほどの免疫・代謝能力を普段から整えていくかというと、いくつかのコツがあります

アーユルヴェーダの基本的な生活法【ディナチャリヤ】を暮らしに適合させていけば間違いなくすべての調子は整っていきますが、
なかなかすべてを毎日は難しいという人、まず少しずつでもできることで
身体の免疫・代謝を上げていきたい人のために3つの事項をピックアップしています

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

肝心なのは朝起きてからの行動
– 午前中のうちに代謝・免疫を整える –

一日を通して体の状態に気づく
– 自分自身への配慮が = 免疫力になる –

一日の終わりにしっかりと習慣化すべきこと
– その日の“終活”が翌日に現れていく –

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

肝心なのは朝起きてからの行動
– 午前中のうちに代謝・免疫を整える –

・まず朝はいつもより 30 分早く起きるようにしましょう
特に冬~初春の起きがけでは体温も低く免疫機能や自律神経自体が乱れている人も多いはず
いつもより少し早く起きることで体と脳が起きるための“準備時間”を与えてください
ぎりぎりに起きてぎりぎりに出発するのでは、ヴァータをより増大させるだけで、神経、関節、筋肉の硬直を悪化させます
日々疲れやすくスッキリした感覚がなかったり、午後にどっと疲れが出る一因がまずここにもあることを認め、朝にはぜひ少しの余裕をもたせるようにしましょう
特にアーユルヴェーダでは、日の出前の96分間は一日の中で最も空気が澄んでいて、この時間帯に起きると良いとしています

・朝のうちに 1 杯のお白湯を飲みます

腸内をやさしく目覚めさせるのにこれほど適したものはないと言っていいくらい、お白湯の効能は素晴らしいです
朝にやかんなどで水を 10 分沸かすか、前夜にそれを作って保温容器に保存しておくと朝すぐに飲めて手軽です
消化のすべては「口」から始まること、腸内のすべては「シンプルで温かいものを好む」のです
起きてすぐに白湯を飲むことで消化管がやさしく呼び起こされ、排泄を自然と促します
日々の継続が大切です

・温かいシャワー、もしくは湯船に 5 – 10 分浸かりましょう

冷えのある人、浮腫みのある人、体内に毒素の蓄積している人ではとくにこの習慣がどれほど良いかを実感できると思います
特に寒い時期、体は腰からその上あたりの「仙骨」の部分から熱を発する仕組みになっています
また前夜の未消化物や長年かけて消化不良がある人は「腰痛」を抱えています
朝にシャワーや入浴を施すことでまずは体の中心部を温めるとともに全身の血流を良くしておくことが肝心です

時間に余裕のある人はこの後に軽いヨガアサナもできるとさらに良いです
上記症状が著しい人ではまず“温め”を優先したいのでこのケア(シャワーや入浴)は有力でしょう

一日を通して体の状態に気づく
– 自分自身への配慮が = 免疫力になる –

・1 時間に 1 度 1 分間身体をゆるめる
特に温かい室内と寒い屋外とで行き来することの多い人ほど、こうした“定期的なケア”を実践すると良いでしょう

長時間同じ姿勢でいることや、長時間何かひとつの器官を駆使させること等は組織を硬直させます
(動きすぎる・動かなすぎることからヴァータやその他ドーシャが増悪し、体温をはじめとする免疫機能全体が低下しやすいのです)
定期的にストレッチをして身体をほぐしたり(のびやツイスト、チャイルドポーズや関節ごとに回旋させる動きがおすすめ)、遠くを見たり(空や木々を眺める)して期間を休める機会を設けましょう

1 時間にたった 1 度、1 分であってもするのとしないのとでは体の状態が大きく変わります

・冬~初春の食物は特に温かく消化しやすいものを心がける
すべての消化は「口」から始まると前途にも記しました
食物に対しても意識的に取り組みたい人はこの実践が比較的安易でしょう
この季節に体内の「温度調整」を安定させるにはやはり消化力を弱ませることなく体の滋養になる食物を心がけることが肝心です

* 一日を通して温かいもの、常温のものを口にする
* カフェインやアルコールはなるべく摂取しない
* ふかふかのパンより炊いたお米を食べる
* 乾いたものよりも汁もの、油分を適度に含んだ煮物を食べる

一日の終わりにしっかりと習慣化すべきこと
– その日の“終活”が翌日に現れていく –

・夜もしっかりと湯船に浸かる
じんわりと発汗する程度( 10 – 15 分、体質による)にまでじっくりと湯船に浸かることです
この間は心を鎮める時間としての活用を含め、静かに目を閉じて入浴してみましょう

・Best は入浴→食事→ 2 – 3 時間空けて就寝
食事直後の入浴は消化を妨げるため好ましくありません
また夜遅くの食事もまた未消化を促すことがあるため、できる限りで一日の終わりは“早め”から取り組むことです

どうしても帰宅が夜遅くになる場合は、
・先に食事をする
・食後 5 分ほど休んでから後片付けや何か軽い作業等すませ、 1 時間以上あけてから入浴、就寝
のリズムが無難でしょう

入浴後は軽いヨガアサナを 3 – 5 分ほどしてから就寝します
この時に「満腹状態」では入浴もヨガアサナも就寝もベストな結果にはならないので、夕ご飯はごく軽いもの、腹 6 分目が最適です


今回は、プラクティス受講者様より
「冷たさや寒さから、冷えてまた温めて、の温度調整がとても大変です」といったお悩みの声をいただきましたので上記にまとめさせていただきました

温度調整の難しさ、体の機能不全を実感する方はぜひ上記の事柄を試しに 1 週間でも取り組んでみてはいかがでしょうか
できそう、と思う項目だけでも構いません

アーユルヴェーダ(ヨガも)は実践が何より重要で、一番のフィードバックはあなた自身の体そのものであるからです

特に冬~春、季節の変わり目である今のタイミングに
温度調節をバランスさせることがそのまま = アグニの安定をもたらすでしょう

アグニとは消化力のことで、免疫機能や代謝能力を司りますから
いつも疲れやすい人、風邪をひきやすく治りが遅いという人、毎年花粉症がひどいという人ほど、じっくりと体が変容するのを実感できるでしょう

分からないことや他に知りたいことはリクエストください


《 Ayurveda Holistic 基礎講座 》

アーユルヴェーダ基礎講座では
「暮らしに活きるアーユルヴェーダ」について、
アーユルヴェーダ基礎理念を一から学び、
シンプルで簡単な
アーユルヴェーダ料理を習得いただきます

・アーユルヴェーダ初心者様
・料理が得意ではない方
・自分の体に合った
食事や暮らしを学んでいきたいという方
へ特におすすめです


いつも愛をここに

“自分を知ることによる幸せ”
ヨガとアーユルヴェーダと食事
全米ヨガアライアンス認定 ヨガ指導者
Hale Pule 認定アーユルヴェーダシェフ
kaori

関 連

  1. – レシピ – 一日で生殖器に滋養を…

  2. 私がヨガをする理由

  3. どんな風にして自分の機嫌をとりますか?

  4. 50 年先も一緒に笑っていたい

  5. 9 / 12 (木)  Ayurveda お料理教室「Ghe…

  6. <カパ>浮腫み、冷え、停滞感、肥満が生じる人のための食事

最新記事 おすすめ

ブログ 購読

ツールバーへスキップ