もっと楽しく元気になる / 旅先での心得

アーユルヴェーダやヨガでは
体と心を意識的に扱いましょうといいます。

体と心にやさしく、
自分自身にやさしく過ごすことは感度を高め、滋養を養うことにつながるからです。

滋養を得た人間は幸福に根差して生きるようになり
そうした人間が増えることは社会貢献になります。

旅先においても、この原理や取り組みを大いに活かすことができると感じ得たので記事として残しておきます。


旅先での楽しみ

旅行は誰もがウキウキしたりワクワクするもの。

「 楽しみ 」は、
身体的な面と精神的感性の両面から味わうことができます。

健康である = 心身が研ぎ澄まされると、
「 楽しみ 」は 常日頃の様々な場面で起こることが分かりますが
私たちは普段から身体の器官を過剰に( または過少・誤用に )扱う傾向があり、適切に休息ができていないとこの感覚が鈍ってしまうことがあります。

長時間にわたって電子機器に触れることや
際限なく刺激的な活動を続けるパターンは、
神経系を常に働かせ続けるので慢性的な疲労として体だけでなく心や思考内で蓄積されます。

典型としては、
注意散漫や片頭痛、体と心の分離状態、耳鳴りや目の症状等に現れます。

食べ過ぎていたり食べ続けることでは味蕾が鈍り、
消化機能を傷つけ浮腫みや肥満、腰痛が現れます。

座り姿勢や立ち姿勢においても、
体の扱い方に安定感と強さがなければ組織や内臓は歪み、衰えます。

そんな症状がある場合には、
旅先の楽しみに “ 身体を癒すこと ” もしっかり含むことが大切に思います。

体力以上の活動を詰め込みすぎないこと、
消化力以上の飲食物を詰め込みすぎないこと。

かわりに十分なスペースを時間にも体にも用意して、
心身ともに栄養を得られるような旅にしましょう。

私の匠による「休息」についての言葉を引用します。

「休息は素晴らしい」
休息とは、
ただ睡眠をとったり不動でいることではありません
目が覚めているとき、
心が休まっていることが休息そのものです
自分のエネルギーを管理することを
銀行口座を管理することのように考えてみてください

・・・ (中略)
休息には大きな価値があり、
生活の質とバランスを保つことが必要なのです

行動を控えるということは、
創造力を発揮させる力を新たにして
高めるための時間を意味するのです


もっと楽しく元気になる
旅先での心得

“ 身体が回復して どんどん元気になる ”
“ 心身の深くから良いインスピレーションを受け取れる ”

そんな旅になるよう、
アーユルヴェーダの智慧をもとにしたいくつかのツールをシェアします。

少しばかりの工夫ですが、
意識して取り入れることで体があとから疲れることなく、
むしろ帰る頃には出発時よりも元気になっていることが期待できます。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

必要なケアアイテムを持参する
飲み物は意識的に / マイ bottle を持ち歩く
朝・昼・夕を通して体を喜ばせること
外食のセレクトについて
時間と五感の使い方

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

必要なケアアイテムを持参する

今回の旅で私が持参したアイテムたちです。

皮膚、口、… 体のすべての部位が時間を楽しむための大切な臓器です。
身につけるものはやはり普段から使っているお気に入りのもの、天然素材のものを持ち歩くと安心です。

眼の洗浄とスキンローションとしてトリファラ液を
食後に噛んだり、ハーブティとして消化を促進させるフェンネルのシードを
皮膚の保湿、ケガをした場合の薬、食用の調整油、万能オイルとしてギー
発泡剤が一切含まれていない、天然の有機ハーブからのみ創られた優しい歯磨き粉を
舌の海苔を除去するタングスレイパーを
頭皮にやさしいシャンプーを

このほかにもアレッポの固形石鹸と漢方入浴剤、
ジョンソンエンドジョンソンのメイク落としを持っていきました。

飲み物は意識的に / マイ bottle を持ち歩く

保温ボトルを持ち歩き、白湯やハーブティをいつでも飲めるようにします。

こまめな水分補給は体内の浄化、循環を助けます。
普段から、 1 時間に 1 度、コップ 1 杯分くらいの水分補給がベストです

白湯であれば一日を通した水分補給に、
ハーブやスパイスティーは主に食事前 15 分、食事 1 時間後に少量を飲むと消化力を高めます。

スパイスだと、フェンネルやコリアンダー、クミンのシードをお湯に蒸らしてつくるティーが消化をサポートします。

レストラン等ではお白湯や氷なしでお水をいただき、オーダーは基本温かい飲み物をいただきます。
暑さにうなだれそうなときにはソーダ系もオプションで。
とあるスタンドでは有機レモンを使用したソーダやスイカの果肉を攪拌したまさに「 スイカジュース 」を扱っているところもあったりで、美味しくいただきました。

食事の最中に水分をたくさん摂ることはしません。

その場で飼育するヤギのミルクを使ってシフォンケーキ等を作って小売りにしているカフェとの出逢いもあり、そこで飲ませてもらったヤギのミルク。とても美味しかったです。
人間の母乳と一番近しい栄養素があるといわれているヤギのミルク、脳の発達に良いのだそうですね。

朝・昼・夕を通して体を喜ばせること

旅行中でも早寝早起きに徹します。
自然と目覚めて自然と眠れる、このサイクルをより噛みしめる旅こそ滋養補給を実感できます。

普段では大部分を占める仕事や家事などがない分、心身のプラクティスに充分な時間を使えることもありがたいこと。

早寝早起きをするだけで体の免疫機能が回復しますし、
疲れが溜まっているとなかなか…と思っても、えいっと早くに起きてしまうのがお薦めです。

日中 ~ 夕方にかけて疲労感があるかもしれませんが、そのまま早々にぐっすり眠れるのでむしろ好都合です。
体の本来のリズム、神経系のバランスを取り戻すことが長期的にみて大切です。

【 朝 】
4 : 30 ~ 6 : 00 前には起きる
窓を開けて外の空気を吸う
軽くシャワーや入浴をする
ストレッチやヨガ等、軽い運動をする

【 昼 】
10 : 00 ~ 14 : 00 は活動力が旺盛になる時間帯
散策、観光、芸術品に触れる、など、体力と気力に応じて 器官を喜ばせる娯楽を楽しむ
一日のメインとなる食事もこのタイミングで摂る

【 夕 】
18:00 ~ 以降は休息の時間
活動をゆるめて心身共に “ 何もしない ” を感じる贅沢な時間に
食事は早めに済ませ、食後の散歩と 2 , 3 時間ほど空けて ~ 22 : 00には就寝

外食のセレクトについて

旅先での食事について大事なことは大きく 2 つ。
毎日一定のリズムで食べること
地産地消を掲げるフレッシュで温かみのあるレストランを利用する

毎日同じ時間帯に食べるようすることで消化サイクルが狂わず、安定的に消化を促進します。
朝食は ( とるなら ) 7 – 8 時、昼食は 11 – 12 時、 夕食は 17 – 18時までが基本のリズムです。
普段 食事のタイミングが不規則になりやすい人ほど、このリズムでの食事を数日でも続けることが身体を回復させる大きなきっかけにもなります。
食事前後は 100 – 1000歩程度の散歩を、とアーユルヴェーダは薦めています。
速すぎず遅すぎないペースで数分歩くことは体の循環を良くして、消化力を支えます。

外食先のセレクトについては、以下のエッセンスを意識します
清潔感があり整理整頓されている、温かみがあるお店
スタッフ、オーナー、シェフともに活き活きと楽しそうに働いているお店
土地の食材を使い、それの鮮度が高く、極端な調理がされていないお店
直観的に“ 良いな ”と感じるお店

時間と五感の使い方

時間を忘れ、五感がひらくのをただ感じるものご馳走にならぶ至福のときです。

素手、素足で自然に触れる
電子機器を手放して自然界に目を向け耳を澄ませる
土地目的を定めずに自然の中をひたすら進みゆ

自然のリズムに沿って過ごし、
自然そのものに手足を触れさせること以上に生命力を押し上げることがあるでしょうか。

五感が鎮静し、その機能が研ぎ澄まされるほど私たちは自分らしさを取り戻すことができます。
日頃頑張っている自分のためにも、たっぷりと時間をかけて心身を癒しましょう。

自然と仲良く過ごす = 自分の人生の調和を築くための大切な気づきや糧にもなります。

共に過ごす人、旅先で出会える人との何気ない会話や交流も旅先での楽しみの一つですね。

自分たちの「 生 」の間に刻まれる時を慈しみ、
歓びの感度を拓きながらそこに過ごすとき、人生をもっと全容的に見つめることができます。

それまでの棚卸しとして人生でのフィードバックも起こり易いでしょうし、内に宿る力をより創造に任せて力強いものに磨き上げることもかないます。

私自身の経験談ですが、
この 6 年 毎年同じ場所を訪れていて、
私と彼はこの場の澄んだ空気と壮大な自然、
それからご夫妻がつくられている一つ一つの優しい空間がとても気に入っています

今から 3 年前にアーユルヴェーダの食事や暮らしと出逢ってからの方が、
訪れた際 よりこの場と繋がり合い楽しめているのを実感しています

当初は 張り切って旅行に来るも、
帰る頃には浮腫みや食べ疲れを感じていて、慌ててマッサージ処にかけこんでいました 苦笑

外食先でのセレクトや夜のお酒、夜更かし等がその原因でした

目の前に壮大な自然があることを十分に堪能する前に、
疲れた体をアルコールで一時的に癒していました

夜はコンビニへ出かけてアイスクリームを買ったり …汗

そんな風な楽しみ方しか、
当時は知らなかったのですが、今ではそれも良い教訓です

また来年も再来年も、
一年に一度の心身の休暇を楽しみにここへ訪れたいと思います


旅先でも日常でも暮らしの土台にしたい大切な教え

東京都内で
毎日の身体にバランスをもたらす
シンプルなアーユルヴェーダ料理を
お伝えしています
A y u r v e d a お料理教室
9 / 11 (水) 10 : 00 ~ 13 : 00
9 / 12 (木) 10 : 00 ~ 13 : 00
9 / 27 (金) 10 : 00 ~ 13 : 00
9 / 28 (土) 10 : 00 ~ 13 : 00

キッチャリーづくり お料理教室
9 / 11 (水) 18 : 00 ~ 21 : 00
9 / 27 (金) 18 : 00 ~ 21 : 00
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
アーユルヴェーダ省察プラクティショナー
K a o r i

関 連

  1. 真の休息

  2. 【関係と時間と変化】自分の心がうつすもの

  3. 自然に起きれていますか? / 寝起きの軽やかさは幸福のしるし…

  4. 言葉にならないこと

  5. 【 真の健やかさとは 】

  6. ギフト

最新記事 おすすめ

カテゴリー

ブログ 購読

ツールバーへスキップ