– レシピ – 生姜のアペタイザー

体の消化機能を高めてくれる優秀な前菜、生姜のアペタイザーをご紹介します。

生姜のアペタイザーはアグニを目覚めさせ、消化を助けます。

3 分あればつくれるので、とても簡単です。

食事前によぉく噛んで食べてください。


– レシピ –
 生姜のアペタイザー
アグニを目覚めさせ消化を促進する前菜

材料 2 人分

・生姜 うすくスライスしたもの 2 ~ 3 枚
岩塩 ひとつまみ × 2 (海塩・食塩は熱性が高すぎるためおすすめしません)
・ライム 適量 (レモンはピッタをあげるためライムの方がおすすめです)


作り方

1 うすくスライスした生姜を刻むもしくは細いスティック状にして食べやすい形状にします
2 ほんのひとつまみの岩塩を生姜にのせます
3 ライムを搾って完成です

生姜の量が多すぎるとピッタをあげ、炎症の原因になりますので適量を
岩塩にはミネラル成分が豊富で食物の栄養吸収を助けます
ライム汁は生姜全体にほどよくかかってる程度にします、かけすぎないよう意識してください

* 食べるタイミング

食事の 15 分 ~ 直前に食べることで
消化器官を刺激して、消化の準備を整えてくれます。

食事に関してはよく噛んで食べること、このことがとても大切です。

よく噛むことで口の中に酵素がつくられ、食べ物の栄養素がきちんと体の細胞へ吸収、変換されます。

そして消化、排出の流れも順調にいきます。

季節や温度、気温にもよりますが、30 分以上前からライム汁を状態でおいたままにすると食べる頃には生姜が乾燥してしまいます。
食べるタイミングから逆算してつくりましょう。

特にヴァータ・カパ体質の方、消化が弱く便秘がちの方にはとてもお薦めです。


参加したアーユルヴェーダシェフトレーニングでは、毎日全員がかわりばんこで「アペタイザー担当」をしました。dsc_0289254104542.jpg

みんなそれぞれに切り方が違い、毎回完成が楽しみでした。

切り方が違うと食感も変わってきます。

あわせてご覧ください

アグニ:消化の火のこと
アーユルヴェーダ料理:健康の土台となる食事のこと
アーマ:未消化物・毒素
ハワイ/カウアイ島 14日間の滞在記
Ayurvedaシェフトレーニング

アーユルヴェーダ省察プラクティショナー
k a o r i

関 連

  1. 朝も夜も遊ぶ / オージャスを増やす2つの習慣

  2. -レシピ-さつまいものギー焼き

  3. Āyurveda &Việt Nam 軽食会 終了しました

  4. 食事中に起こる「げっぷ」のこと

  5. 「サティヤで正直に生きる」やっぱり立ち戻ること

  6. 自分を愛でることで広がる無限の幸福

最新記事 おすすめ

ブログ 購読

ツールバーへスキップ