健康のためにやめた「健康法」

アーユルヴェーダでは、個々の健康・幸福の形についてとてもユニークな見方をします。

私たちの健康な状態とは、体と心が自分が自分らしく居れていることを意味します。

創造性に富み 風のようなしなやかさを持ち合わせた健やかさ
明晰さを持ち 炎のようなエネルギッシュさを持ち合わせた健やかさ
慈愛心に満ち 水のような穏やかさ、安定感を持ち合わせた健やかさ

・・・これらは互いにバランスし、支え合える要素でもあります。



「健康」を実行する最善のやり方

健康を築くためにはまず【 自分の今の健康状態を知ること 】から始めます。
そしてそこから、【 自分の体質・傾向を知ること 】が大切です。

アーユルヴェーダでは、健康の要として【 それぞれの体質に見合った食事の重要性 】を説きますが、これにはいくつかの理由があります。

・体が冷えている人と 炎症を起こしている人とでは必要な食事が違う
・消化力が良好な人と 消化力が弱い(乱れている)人とでは消化にかかるプロセスが違う

単純に、一つのやり方がすべての人に合うというわけではないということです。

自分の体質や傾向を見ていくことで初めてそれらをバランスさせるための食事や生活・ケアが何であるかが明確になっていきます。



健康
のためにやめた「健康

アーユルヴェーダと出逢って以来、健康に良さそうだからとそれまでに行っていた様々な「健康法」をやめるようになりました。

・サプリを飲むのやめた
・豆乳を飲むのをやめた
・納豆を食べるのをやめた
・水をたくさん飲むのをやめた
・スムージーを飲むのをやめた
・生サラダをたべるのをやめた
・ヨーグルトを食べるのをやめた
・トマト、ナス、玉ねぎをやめた
・ジム運動をやめた
・ちょこちょこ食べるのをやめた

自分の体質を知って、消化力を知ったら、上記のどれもこれも、私には合っていない = 健康への後押しどころか不調の原因になることが分かりました。

自分の体を知って、アグニやアーユルヴェーダについて実践している人なら安易にわかることだと思いますが、冷えや炎症があってかつ消化力がそこまで万全でない人にとって上記のことは解決法には直結しません。

私にとって、生サラダを食べることやスムージーを飲むことは益々冷えを助長して消化力を弱くするだけでした。

毎朝定番になっていた市販のヨーグルトと豆乳とパン、な朝食メニューも、実際には炎症トラブルのもとに一躍買っていたということ。

・・・

一般的に健康に良さそうとされているイメージのものですが、実はあまりそうではないかも?ということとその理由を以下へ挙げています。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

サプリ ・・・・
消化機能が食物として認識しない、消化機能が違う働きをする必要がある。有益なサプリメントはアーユルヴェーダでも一部取り入れることを勧められる場合があるが、常用すること自体、健康の根本解決ではない。

豆乳 ・・・・
豆乳に使われる大豆の品質の問題、一度に多量の大豆をゴクゴクと飲むことの有害性。

納豆 ・・・・
発酵食品の摂りすぎはピッタを増悪させる。タマス。

水をたくさん飲む ・・・・
消化液を薄める、規則正しい食事の中で食事そのものに水分が適量含まれている方が消化機能には良い、水分補給は 1時間に1度、1カップ前後が適切。

スムージー ・・・・
野菜と果物が同時に混ざっていること、他氷や精製砂糖等が多量に入っていることも消化を妨げる。

生サラダ ・・・・
常食すると体を冷やす、ガスを発生させる。

ヨーグルト ・・・・
新鮮でない市販のヨーグルトは酸味が強すぎる、発酵食品の摂りすぎはピッタを増悪させる。

トマト、ナス、玉ねぎ ・・・・
ラジャスに属する食物はピッタを増大させる、辛味と酸味、熱が効きすぎる。

過激なエクササイズ ・・・・
毎日日常生活の中で適度に動くことが最適な運動。激しく運動しなければならない理由と目的がどうであるかによる。

ちょこちょこ食べる ・・・・
消化力を常に使うことになり内臓が披露し消化力が鈍る、ダートゥが妨げられ良い生殖器が作られない。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –


/
自分らしさを引き出して
健康 ” に

アーユルヴェーダと出逢う前、私の中での健康に対する概念はとても曖昧なものでした。

自分自身を正直に見ることの前に、いつもメディアの発信する健康のイメージ像‥ “ スリムで髪がサラサラで肌が白くて… ” のような美しさが正解であると鵜呑みにして、自分を「そこに寄せていく」には、健康食品やサプリ、美容品、取流行りの運動法を積極的に取り入れなけらばならないと感じていました。

その人の体質によって様々な健康の姿がある、
というのを考えてもみなかったので、自分自身は健康と程遠いところにいると思っていました。

アーユルヴェーダと出逢って以降、その考えがごっそり剥がされたのでした。

食事と習慣にアーユルヴェーダの教えを取り入れるようになって約 3 年、自分の体と心の調子が良い状態をたくさん発見するようになりました。

うねりがありながらも艶のある髪、
張り感とピカンと光る皮膚、
細すぎない中間程度のの肉付き、
温かい肌と快活さのある体、
明瞭で迷うことがない精神、
発想力と遊び心のあるマインド、…

すべての要素は元々持ち合わせているもので、普段の暮らしによって整いバランスが築けると得られるユニークな状態 = 自分なりの健康なのだと今は感じています。

十人十色、ならば食事もケア方もそのようであることが自然です。
そしてそのツールは、シンプルであるほど作用は 中心部から起こります。

続けるほどに “ 本当に必要な事はごくわずか ” であることも知るでしょう。


アーユルヴェーダ省察プラクティショナー
k a o r i

関 連

  1. 勇敢で賢いピッタ/苛立ち・攻撃的になるピッタ

  2. 本当に起こる「体質改善」

  3. 「痩せる」「太る」の仕組み

  4. 「アグニ」と愛情のかかわり

  5. なぜ体によい食べ物を食べるのか / 外食とのつきあい方

  6. 生きる力を蓄えましょう

最新記事 おすすめ

ブログ 購読

ツールバーへスキップ