〇〇するだけ / 毎朝のアーユルヴェーダ料理タイム

アーユルヴェーダのディナチャリヤに従った生活をすると、
ものすごく少ないことだけをしているのに
1日を深く満たすことができます

身体を自然のリズムに沿わせるよう、
身体のもつ叡知に逆らうことなく
行動に一貫性をもたせていくのです

しかし、ここ日本
そして大都会東京では
そのような暮らしが丸々実践できるかというと、
そうでもないのが現状でしょう

多くは「外側」のためのアクションであって
自分の「内側」に向かうためのアクションはたいてい後回しに…

唯一できる
自分のための一時的な癒しでさえ、
実のところ深部への癒しというよりも
“逃避”であることが多かったりするのではないでしょうか?


真に自分を癒すことを人生に取り入れるdsc_97351448581536.jpg

“今していること”
自分の健やかさを深めているか、
反対に遠ざけているかを意識したことがありますか?

健康と不健康の定義が人によって曖昧であることを
前提にお話すると、

ほとんどの人は
健康診断の結果で異常な数値が出たら
さて、治療しましょうという流れか、

何やら表面的に大きな不調が現れたら
慌ててそれが何なのかを調べて、
薬を飲んだり病院へ行く

ということがほとんどではないでしょうか

アーユルヴェーダでは
“未病”の段階からその体の健やかさ・幸福度合いをみます785
アーユルヴェーダやヨガの実践が
すっと毎日に溶け込んでいくと、
すでにご存知の方も多く居るように
「自分の健康は自分で築き守れる」
ということが分かってきます

自分の意思選択の主導権はいつだって
自分が握っているという自覚がクリアになり、
今までとは違った選択を重ねていくようになります


朝の簡単お料理タイム
アーユルヴェーダの朝食と軽食と昼食img_20180625_080651_0382059256078.jpg

朝、自分や家族にできることを
1つ2つと設けるだけでも
体と心に良いエンジンをかけることができます

(朝イチでの冷たい牛乳やコーヒーは
体にできるもっとも最悪のこと、
と恩師マイラはいいました)

朝、そんな時間ないわ…

とギリギリまで睡眠時間にあてて
慌てて外出、
食事はコンビニ食か外食が
当たり前になっているとしたら、

きっと身体では、
関節が固く筋肉は緊張し、
浮腫みがちで食後は急激に眠くなりやすく、
便秘や下痢気味などといった
症状を引き起こしているかもしれません

恐らく小学生くらいの頃では、
ほとんどの人が上記のような症状を
もってはいなかったはずです

私自身、
ヨガ・アーユルヴェーダと出逢って
生活全体を整え自炊を増やしたことで
以前とは比べられないほどに元気になりましたが、

そんな私自身も
「朝、そんな時間ないわ…」ということはざらにあります

それでも、
ひとつひとつのことを
「シンプル」にすると、
自分にできる最良のことが見つかっていきます18-05-28-09-06-30-590_deco1515308256.jpg

以下、朝にできる簡単な食事の仕込みについて
記載していますので、
皆さまそれぞれの生活で落とし込める点
アレンジできる事柄を見つけていただけたら幸いです

一日を通して体が健やかで快活でありますように

《朝にできる身体のためと簡単お料理タイム》

 キッチャリーをつくるだけ
18-03-11-12-49-46-107_deco1557300906.jpg

豆と米、お好みでお野菜をザクザク入れて
スパイスとギーと煮込むだけ

体が真に歓ぶキッチャリーは
いつでもすすめられる万能食です

朝食、または保温ジャー入れて昼食用にどうぞ

活動量の多いときはお野菜を多めにいれたり
水分量を少なくして調理して
食べ応えのある食感でつくることもできます

-参考レシピ-
-レシピ- おうちで簡単に作れるキッチャリー
– レシピ – すべてを満たすキッチャリー

クッキー・マフィン・パンケーキを焼くだけscreenshot_20180625-1050531674817030.png

粉とスパイスとギー、ナッツ類をあわせてこねて焼くだけ

朝食用と、余った分を昼食用にどうぞ

1 ボウルに粉ものとスパイスをブレンドして
2 ギーとナッツ類を入れてこねる、
3 生地をとり分けて型にしてオーブンで焼く、
というシンプルな工程です

180℃で25分 もしくは
200℃で18分 セットしたら、
その間に洗濯物やお掃除、
またはアサナなどに時間をあてることができます

ここで、くるみなどのナッツ類は
あらかじめ砕いておくと
朝でもスムーズに生地を仕込むことができます

-参考レシピ-
-レシピ-アーユルヴェーダクッキー/卵バター牛乳不使用
おはようのマフィン
-レシピ-シンプルなパンケーキで小さなしあわせをつくる

野菜を茹でる・ソテーするだけscreenshot_20180621-131657866554948-124619448-1529554947180.png

葉野菜切ってスパイスとギーとソテーするだけ

または茹でるだけで
簡単に美味しく仕上がるトウモロコシなどは
この時期とてもおすすめです

葉野菜をソテーする際は
少しの水をあわせることで
みずみずしく、うま味が引き出されます
消化もラクになります

生サラダよりうんとアグニにやさしいので
便意がちや冷え症の人にとって
よい結果を得られると思います

葉野菜のほか、さつまいもやカボチャでの調理も〇

1 野菜を切る(1-2分)
2 ギーとスパイスを熱する(1-2分)
3 野菜を入れて全体を絡ませる(1-2分)
4 水を鍋の底がうまるくらい
~野菜の高さ1/3のところまで入れて
フタして中~弱火で加熱(3-5分)
葉野菜なら2-3分
かぼちゃやさつまいもなら6-10分程度

-参考レシピ-
– レシピ -毎日のシンプルな食事/米と豆と芋と葉
– レシピ – /アーユルヴェーダモイスチャーサラダ

お米を炊くだけimg_20180611_200847_5691926637406.jpg

ズバリお米を炊くだけです

お米とギー大さじ1、
お塩ひとつまみをセットして
朝起きた瞬間から炊き上げるか、鍋で炊きましょう

炊き立てのご飯はオージャスを養います

朝食として、昼食として食べましょう
ラップを包んでのおにぎりはなるべく避けましょう

-参考レシピ-
-レシピ- 雨の日を晴れやかに/快活さをもたらすアーユルヴェーダワンプレート
– レシピ -今日のマイ弁当/カボチャとキャベツと豆と米

アーユルヴェーダのクッキーやマフィンは
身体がグラウディングするのにぴったりの朝食になります
卵バター牛乳ベイキングパウダー等を
使用しないため消化もラクにいきます

作り置きされた食事や冷凍解凍される食事は
ごくたまに致し方に時には“助け”にはなりますが
毎日食べるものとなると
充分なプラーナは補いないでしょう

食べて満腹になる食事と
食べて元気になる食事は違います
総じて、適切な食事の内容や食事量は
個々のアグニの状態によっても変わるので様子みてください

こちらの記事も参考にご覧ください
自分に「見合った」食事と生活をする
「アグニ」 – 4つの段階 -自分の消化力はどのくらい強い?


いつも愛をここに

ヨガとアーユルヴェーダと食事
全米ヨガアライアンス認定 ヨガ指導者
Hale Pule 認定アーユルヴェーダシェフ
kaori

関 連

  1. お酒のこと

  2. 【オーグメンティングとエクストラクティブ食材リスト】

  3. 毎日の食事レパートリー記録

  4. 【ピッタ・火の性質】

  5. 【 Ayurveda Holistic 基礎講座 / 第二章…

  6. 自分の命を守る方法

最新記事 おすすめ

ブログ 購読

ツールバーへスキップ