毎朝4:30に起きる理由

 

 

 

みんなが起床後
携帯ニュースやSNSを確認する頃、
ヨガアサナを終えて朝食の支度に入っている

 

みんなが会社に到着する頃、
その日の仕事のタスクを確認し
そのいくつかへ着手し始めている

 

みんなが15時以降~仕事のラストスパートに入る頃、
私は帰宅の時間

img_20161207_171610

みんなが18時以降~
自己研鑽の時間に入る頃、
入浴とアサナを終えて、夕食の支度を始める

 

21時以降~
みんなが帰宅か食事をする頃、
読み物や書き物をして就寝前の軽いアサナをする

 

パートナーが帰ってきたら、
他愛もないコミュニケーションの時間

 

 

 

私と周りとの間には時差がある

起きているほんの少しだけ時間が早いから

 

そんなに早く寝て、
そんなに早く起きて
何が良いのかと首をかしげられることもあるけれど

起きる時間を早くすることは、
自分の時間を増やすことになる

自分の時間に余裕を持てることは
他者へ与える時間を持てることになる

 

アーユルヴェーダ的にみても
陽がのぼる前、
とくに6:00前はブラフマフルティといわれ
その時間はサットヴァに満ちています

地球上には神聖なオゾンがたっぷりあるそうです

 

故、その時間帯に外へ出て空気を吸うことで
私たちの身体にオージャスが溢れるといいます

 

 

ここ数十年で社会は一気に忙しくなって
人やものは24時間休むことなく稼動しているけれど

そろそろこのサイクルも変わっていくような気がしています

 
長い目で見ればきっと変えられるし、
望めばそれは選ぶことができるようになると思います

 

あともう少しで108


あわせてご覧ください
 【朝も夜も遊ぶ】オージャスを増やす2つの習慣

【重い生理痛はドーシャの乱れ】女性である自分を受け入れる

【朝のセルフケア】am6:00 アビヤンガ

【アーユルヴェーダ実践のヒント】現代社会に生きる私たち
アーユルヴェーダについて
伝統的に言い伝えられてきたことを基に
実際1ヶ月間のヨガ留学中と
帰国してからの
私自身の体験を交えて、お届けしています

 

 

 

いつも愛をここに
16-10-05-11-21-26-216_deco1
“自分を知ることによる幸せ”
ヨガとアーユルヴェーダと食事
全米ヨガアライアンス認定 ヨガ指導者
Hale Pule 認定アーユルヴェーダシェフ
kaori

関 連

  1. – レシピ – もったりダルと葉野菜…

  2. 【第二期生修了】Ayurveda Holistic 基礎講座…

  3. 第二回【キッチャリーお料理教室】バランスをもたらす- アグニ…

  4. オーグメンティングとは?エクストラクティブとは?

  5. 水分補給に適したリハイドレーションドリンク

  6. できたてアーユルヴェーダランチのお届け / あぴヨガさん主宰…

最新記事 おすすめ

ブログ 購読

ツールバーへスキップ