2016 年 9 月 / ハワイカウアイ島にて
一ヶ月のヨガ留学中、
200時間のプラクティスを経て体験した
実際の変化について記しています
自身の備忘録として書いているところもあり
文面にムラや不備はありますが
ヨガやアーユルヴェーダに興味のある人、
一歩踏み込んで自分の人生を見つめ、
有意義な方向へ歩いていきたい、
ただ健康に、ただ幸福に生きたという人にとって
少しでもなにかを照らせる記事であればと願っています

一ヶ月間のディナチャリヤで
起こった大きな変化

その②
自分の体を生きる実感

 留学中、
マイラにずっと言われていたことのひとつに

「グラウディング」 がありました

具体的な定義については
特別説明はなかったけれど

私の中では
ここに根づくこと という風に解釈してます

 

アサナもグラウディングが大事、
人生もグラウディングが大事、と

朝起きてから眠りにつくまで、
グラウディングを繰り返し、継続しました

 

あ、今違う場所のこと考えていたな
あ、今過去のことを思い出したな、
あ、今未来にわくわくしていたな‥

それに気づいたら、
やさしく見つめ、受け流して
またすぐに元の「今いる場所」に戻る、

今の自分の足元か
ら大地にエネルギーを流していく‥

グラウディングできていないと
足元はふらつき、意識がアンバランスになることがあります

アーユルヴェーダでいわれるドーシャ、
この観点から見てもグラウディングは大切です

《ドーシャの性質》 長所 短所
ヴァータ 創造性・快活・柔軟性 散漫・恐怖・心配
ピッタ    野心・計画性・冒険家 批判・怒り・完璧主義
カパ     忍耐・慈悲・寛容怠惰・執着・妬み

グラウディングしているとき、
私たちは心地よく、自分のちょうどよいところに
とどまることができるのだと思います


<アサナで心・体をしつけて魂と繋がる>

ヨガは心・体・魂をつなぐこと、
アサナを通して身体を正しく扱い、
心にリンクすることで不変・
永遠の魂と出逢う‥

日頃これらの統合を
ほとんど実感することがない生活をしていた私にとって、
留学期間中はまさに
“自分の統合に集中する”修行、そのものでした

すべての言動を新しい目で見て感じて行い、
自分をしつけることが

“グラウディング”の実践になりました

マイラの伝えるアサナは
それまでに思っていたアサナとはまったく異なるものでした

大前提として「アライメントを整えて」と
マイラはいつも繰り返しました

今、自分の呼吸がどこに向かっているか、
筋肉、関節のひとつひとつが
どのように稼動しているのか、
細心の注意を払いながら
アライメントを組み立てていくアサナでした

Hale Puleでは、
本来の筋骨格のアライメントを深く理解した上での
アーサナプラクティスを行っています
このやり方なら、
あなたのからだは一生涯のプラクティスにも耐えうる強さを
手に入れることができます
そして、
現代のハイペースなヨガクラスでは当たり前となっている
怪我を防ぐこともできます。

参考文献:Hale Pule

マイラに指導を受けるヨガは
とにかく、細かい、小さい、繊細、微細‥

身体に強要したり、無理に伸ばして
痛みを伴うような動きは排除していき、
その代わりに小さいはたらきかけを意識的に行います

私ははじめのうち、この微細な動きに
「うまくつながれない」感覚があって
焦りを感じていました

たったの小さな動きなのに、
身体がそれ通りに可動しない‥

感覚が効かず思うように動かず
つながろうとしても感じにくい

すべてのまとまり、つながりが欠如してる‥

それでもただ続けました

マイラはいつも
準備段階のポーズの重要性について伝えてくれました

関節を本来あるべきところに置いた上で
正しくポーズをとっていくこと、

関節を痛めたり
靭帯を傷つけてゆるめてしまうことがないように
ひとつひとつを感じながら進めます

 

ヨガの教えでもある
「アヒムサ」(非暴力)に根差した練習法でした

強制や暴力的な痛みを伴う行為は、
心のにも影響を与える、
という解釈に基づいています

これまで自己流のアサナやストレッチ、
日頃の姿勢の強張りが歪みが
自分の身体を鈍化させていたと知りました


マイラは
昔からヨガを続けて生きた人たちから、

その経験や失敗を含めて、
そのうえで一生続けられるアサナとしての練習法を学んだそうです

そこからアーユルヴェーダを知り、実践したうえで
総体的で、かつ最良なアプローチ法を指導してくれていました

 

身体の細部すべてに
外側からも内側からも働きかけるなんて、

普段では意識していたとしても難しいと思います
(自分の身体であるのに)

正しいアライメントで継続していくアサナは
美しい体をつくってくれるだけでなく、
“自分と生きている”という
安定した強さをもたらしてくれました

続けていくとやがて、
最小限の力で大きな動きをすることができるようになります

16-10-23-14-58-35-648_deco
帰国後の自主練にて

<本来の姿に還る>

アーユルヴェーダの食事では
必要な栄養を取り入れ(排出し)、

ヨガアサナで生きるための身体と心をつくる‥

この繰り返しで身体はいきいきと
本来の姿に変貌していきました

これは進化や成長にも見えますが
生まれ持った本来の姿に戻っている、
そんな感覚がありました

 

なにをするにも不快感がまったくなく快適で、
自分の動きを自分で制御している(無制限のなかで)、
その感覚がとても新鮮で
まるでまだ5~6歳とかの、幼い頃のようでした

何をするにも純粋に楽しめるって、ただ幸福でした

気持ちや頭で楽しむことを越えて、
全身でまるごと楽しめる、という感覚です


日頃の動作ひとつひとつもしなやかになり、
慌てたり、衝動的に動いたりという、
無駄な動きがなくなります

それはもちろん心にも影響しているので
ニュートラルなところにマインドが安定して
やすらぎ、集中、開放、自由の
それらがいつでも自分を守ってくれるようになります


<サイクルが守られた体>

決まった時間に排泄があり、
浮腫みってなんだっけ?というくらい
一日中すっきりした身体

寝起きも顔つきはおだやかに、
日々血色もだんだんとよくなっていきました
100.jpg

留学前までは、
毎日あたりまえのように腰痛を感じていましたが
そんなものはどこへやら‥

食後の放漫感やガスとも
決別した私の身体は
自然のサイクルの中で生きるようになって

小さいな不調が
まったく起こらなくなりました


特別なエステや、美用品、健康食品を手にしなくても
ヨガとアーユルヴェーダの実践で
自分の生命力は養われ、
発揮できることがわかりました

身体を正しく扱うって
とても神聖で素晴らしいことだと実感しています


≪ 余談 ≫

留学前も、日々アサナやストレッチをしていましたが
今思えばちゃんちゃら甘いものだったと思います

土台がふらふらなままだと
その実践は効果を伴わないことがわかります

昔から
タイ古式マッサージや整体が好きで
定期的に通っていましたが

数日もすればまた浮腫やコリがやってきて‥
の繰り返しでした

当たり前ですが“元”が改善されなければ
不調は繰り返されるのですね

 

留学中は痛みも疲れもなく
ずっと快適な身体だったから、本当に驚きです

 

帰国して数日後、
フライト後だったし仕事始めの前にと
行きつけのマッサージへ行ったのですが、
施術者の方から
「脚の浮腫みがなくなりましたね!」と第一声でいわれました

「前は常に張っていて、少しほぐせても
 数週間すればまたパンッパンに張っていたのに」
と、とても驚かれました

「筋肉の使い方とか動き方が変わって
 血流が流れやすくなったんでしょうね」
ともお言葉をいただき、
やっぱり日常的に身体をきちんと扱えていたんだと
嬉しくなりました


飛行機や長時間の移動などで
少しは浮腫んでいるかなぁと思っていたので、
すっきりした状態が続いていたことに
私自身も意外で驚きました

「体、薄くなりました?」
「でも筋肉ついてひきしまりましたね」
とも仰っていただけて嬉しかったです

 

正しい知識をもつ師匠のもとで
正しくアサナを深めていく、
これは人生において何にも代えがたい特別な経験です
76.jpg


 

 

短期的な快楽、長期的な幸福
どちらを求めるかによって私たちの日々の選択は変わります

マイラの言葉

16-10-11-15-48-08-431_deco
最後までお読みいただきありがとうございます


 

いつも最後までお読みいただきありがとうございます


【一ヶ月がくれた永遠】自分と生きるということ


 

Posted by:anandalife1007

One thought on “1ヶ月のヨガ留学 劇的な体の変化②

コメントを残す