2016 年 9 月 / ハワイカウアイ島にて
一ヶ月のヨガ留学中、
200時間のプラクティスを経て体験した
実際の変化について記しています
自身の備忘録として書いているところもあり
文面にムラや不備はありますが
ヨガやアーユルヴェーダに興味のある人、
一歩踏み込んで自分の人生を見つめ、
有意義な方向へ歩いていきたい、
ただ健康に、ただ幸福に生きたという人にとって
少しでもなにかを照らせる記事であればと願っています

 

 

なんでもない道や街中、
お店の中、駅構内や職場などで
すっと姿勢がきれいな人とすれ違うと
こちらも身が洗われた気分になります
477

最近はスマホ片手の“ながら歩行”が多く、
そんな出逢いはごく稀なのですが

“速さ”が優先される社会では
まぁ仕方ないかなとも思っています

現代社会で私たちは何かと
「今」よりも「未来」や「過去」に思考が忙しいのです

 

それでも
私たちが少しでも「今」に居れるのなら、

自分や隣人に対して
もう少し
やさしくいられるようになるのではないでしょうか


一ヶ月間のディナチャリヤで
起こった大きな変化

その③
  姿勢が思考に、愛に

<ヨガを通して人生に参加する>

留学中、
微細なレベルで行うアサナを教わってから

日常でも自分の姿勢や動きに
注意を払うようになりました

マイラの教えに
「マットからおりてもヨガを実践すること 」 
という言葉があります

ヨガのアサナの最後に行われる
シャバアーサナ(意識のある休息のポーズ)を終えて
マットを降りてからも
“自分でいる状態”を続ける‥

“全身でここにいてくださいね”と
プラクティス中全員へ伝えられたこともありました

私が“全身でここにいれないとき”は
決まってマインドが散漫していました

姿勢もアライメントが崩れていて
歪んだ体制でいたことに気が付きました

自分の状態のすべてが
姿勢や態度に現れることを知ったとき、
逆を言えば姿勢を正すことで
マインドをバランスさせられるということも分かりました

 

これがヨガの本質ともいえます

私たちは研ぎ澄まされた精神へ向かうために
アサナをするのです

最終的にはシッダーサナ(達人座)で
ただそのままにその場に居続けることができます

マインドが落ち着いているなら
長時間のアサナはいらない
ともマイラは言いました


< 美しい姿勢と正しい姿勢の違い >

もともとアパレル業界で働いていたこともあって
姿勢にはいつも気を付けていました

人から「姿勢が良いね」と
言われることも多かったです

アサナを経験していくと分かるのが
“綺麗に見える姿勢”と
“正しく整った姿勢”が別物ということです

関節には本来の可動域があり、
適した位置・配置があります

小さな筋肉を意識的に扱うことで
正しく扱う姿勢には、
痛みや歪みはなく、調和の伴った美しさがあります


力づくで無理に引っ張るような体勢では、
関節が過伸展してしまい、
不安定な体になります

どのような姿勢でも
自分の“全身の働き”に関心をもち、
心、アライメントの順で整えていきます

110
じん帯にはたらきかけるスクエアポーズ

< タダアーサナ >

足幅、土踏まずの引きあがり、
膝関節のゆるみ、内ももと大地のつながり、
ニュートラルな骨盤、

一本一本独立して並ぶ背骨…

前を向いて開いた胸に、
自然なカーブを描く首、

その上に頭の位置…

 

すべてを調整していくことで
正しく美しい姿勢に落ち着きます

長期的にも関節を痛めることなく
本来のアライメントに沿って立てるようになります
16-10-16-15-14-13-977_deco
力づくで体を動かそうとしないやさしさ
自分に対して実践できると、
接する相手への尊重・配慮にもあらわれます

内側からくる強さを頼りに
安定する“場所”を見出すことができるので
人間関係においてもこの要素が活きると思います


<すべてはタダアーサナから>

すべてのアサナ(人生への姿勢も)は
タダアーサナ、
もしくはシッダアーサナ(達人座)から始めて
最終的にはそこに戻っていきたいです

私自身、
立ち姿勢(タダアーサナ)を改善・実践する過程で

身体能力が改善されました
・  体のバランス ( 支点の安定)
・ 筋力アップ( 意識的に立つ、座る、動く )
・ 肩こりなどの痛み解消 ( 身体にへの負荷軽減 )
・ 呼吸改善 ( 臓器があるべきところに留まる )

プラクティス実践中、マイラから全員へ
何度も何度も何度も
立ち姿勢について指導がありました

体のアライメント(関節、筋肉、機能)を
すべてを整えてください、と

大地を信頼して身を委ねられているとき、
私たちはそこにグラウディングして
ただ“今”を生きる準備を整えられます

19

しっかり立つことができれば、
気持ちも内臓も
本来あるべきところに落ち着きます

 

普段忙しくしている人にとっては
浅くなりがちな呼吸も改善されます

 

きちんと立てることは
私の人生において大切な要素の一つになりました


 

いつも最後までお読みいただきありがとうございます


【一ヶ月がくれた永遠】自分と生きるということ


 

 

Posted by:anandalife1007

One thought on “1ヶ月のヨガ留学 劇的な体の変化③

コメントを残す