哲学的なお話になりますが

 

「ヨガ」ってなんだろう?という人、

「ヨガ」好きでつづけている人、
「ヨガ」の考え方について気になる人は見てみてほしいです

211-e1506930777231.jpg

 

身体精神の “つながり” がヨガの状態です

 

“心”はいつも移り変わるもの

真実の私たちの姿
綺麗には映してくれないものです

702

これまでに見てきた“映像”
ひたすら流しているのが心で

多くの場合、
感情は都合よくそれを解釈し、
ありのままに理解はしていません

 

何か “比較対照”があるから
嬉しかったり悲しかったり怒ったりします

 

例えば
満員電車はただの満員電車

人が多く詰め込まれていく電車、満員の電車

そうか、とただ見ていられるのが “精神”

嫌だなぁとか苦しいなぁと思うのが“心”

 

 

心はいつも何かに対して「すき」と思ったり
その逆のものには「きらい」と思ったりします

 

これを人間らしさ、ということもできます

 


 

「 好みはあってもいいけれど
 極端な好き嫌いは執着になります
 執着は自分のマインドを低くします 」

恩師マイラが口にしていた教えです

835

極端な好き嫌いは執着をうみ、

区別をうみ、人々の対立を生む‥

私たちの判断や批判が多かれ少なかれ、
争いを生み出しているということです

 

自分の考え、価値観は正しくて
その逆のあの人は間違っている、
劣っている・・など

陥りがちな考え方ですよね

 

一方で “精神” は
私たちの内側にある中心的部分で

変わらない本質として確立しています

img_20161029_164155

その姿こそ私たちの本来の姿です

 

そこでは
真の幸福の意味をすでに司り
ただ平穏な状態があるだけです


 

スートラでは
心の死滅がヨガ」とも記されています
209

ヨガをする人に
どうしてヨガをしているんですか?と
理由を聞いても


「心を死滅させたいからヨガするの」
とは答えないけれど

その過程では確かに
“心の死滅”を経験しているのです

 

だから
自分に意識を向けれる、集中できる、
本来の自分にかえれる感じがする、
自分自身に落ち着ける、
リラックスできる、すっきりする、

そういう感覚を味わいます

305

ヨガは自分について深く掘り下げ
もっと深い部分で世界を知り、見つめることです


 

実際、アサナは
その場でじっと落ち着いていられるため”にあります

 

難しいポーズをしなくたって
その場でじっと落ち着いていられるのなら
それは立派なアサナであり、
ヨガの姿勢といえます

 

自分のエネルギーを感じながら瞬間を生きること

 

心、体を浄化させ、すべてが調和に満ちること

 

ハイアーセルフ(真の自己)を見つけて
いつでも自分自身に正直な状態でいること

107


 

自分を観察することと
自分に執着することは違う、とも
マイラはいいました

 

自分を客観視すると、
それが精神に交わるようになります


 

言うは易し、行うは難しで、

私自身、こうして書いておきながら今もなお

自分の〝心〟が

まだまだ日々、真実に落ち着けていないと感じるのです

 

真実に落ち着いていたら、
このような記事を書くこともないと思うからです

 

 

 

それでも日々、〝ヨガ〟を通して
自分の内側にある幸福に近づいていくことに

私は深い価値を感じ、
すすんで冒険することにしています

 

 

最後にもうひとつ、
私の精神に刻まれているマイラの言葉で終わりにします

私たちは毎朝 “誕生” し、
毎晩小さな “死” を経験しています
106

 

 

 

 

 

いつも愛をここに

“自分を知ることによる幸せ”
ヨガとアーユルヴェーダと食事
全米ヨガアライアンス認定 ヨガ指導者
Hale Pule 認定アーユルヴェーダシェフ
kaori

Posted by:anandalife1007

コメントを残す