アーユルヴェーダについて関心を抱くと、
まず自分のドーシャへの理解と同じくらい「ギー」に関心を抱く人は多いのではないでしょうか?

アーユルヴェーダの真髄は「バランスとアンバランス」にあり、その手立ての一環としてもギーは重要な役割を担っています

>> ギーの詳しい効果効能はこちらから


ギーをつくる

ギーの作り方は簡単です

私はハワイカウアイ島でのヨガ留学時、ヨガとアーユルヴェーダのスペシャリストである恩師マイラからその作り方を教わりました

作る工程はとても簡単ですが、
このような文章で見ると「なんだか複雑そう、いまいち火を止めるタイミングがよくわからない」というお声も聞かれます

A n a n d a のプラクティスでは、一言リクエストをいただきましたら調理工程と並行してギーの作り方をレクチャーしています 


-レシピ-
万能オイル「ギーの作り方」
( 15 – 25 分前後 )

作る量、鍋の性質、火の環境により時間は前後しますが大体15 – 25 分前後で完成します
初めのうち慣れるまでは、鍋から離れずに経過を見守りましょう

– 使うもの –

・無塩バター ( オーガニックバター、グラスフェッドバターであればなお◯ )

・鍋 ( ステンレス製もしくはガラス製の鍋 – テフロンやアルミ加工のものは避ける )
( 途中泡が出てくるため、バターに対し少しばかり大きめのサイズ )

・こすもの
( 無漂白の布(ガーゼ調のもの)や目の細かいこし器 )

・耐熱性保存ビン (清潔に洗ったもの)

・感謝の心

 

– 工程 –

* 人生で初めてギーづくりを観察した際の写真を掲載します
* 
ギーは完成まで何かでかき混ぜたりする必要はありません、反応し変化するそのままに任せます

 中火で熱した鍋に無塩バターを入れる607

冷蔵庫から出したものを常温に戻しておく必要はありません
がバターに触れないよう気をつけてください

 

 どろどろに溶け出し“ボコ”と大きな泡が出てくる609

調理器具などは一切入れない
鍋に何も入らぬよう配慮する
泡が鍋から吹き出そうだったら火を少し弱める

 

 「ボコボコ」~「パチパチ」する泡がたくさん出てくる610

4 10 ~ 15分前後そのまま見守る
612

ここまでは基本「中火」~「中弱火」

 

 泡が小さく「シュワシュワ」した音に変わる 終わり6161.jpg

細やかな泡に変わり、小さな「シュワシュワ」した音になる
上の方に泡がやアクが浮いているその下で、黄金色になっているのがわかった時点で火を止めてコンロから降ろす

 

6 温かいうち、もしくは少し冷ましてからろ過しビンに入れる621625

大きなボールなど(清潔なもの)にビンを入れておくとこぼれても安心
( あとから入れなおすか、そのまま調理用に使えます )

鍋底は焦げのような「沈殿物」がつきますがこれが普通です
( そのまま洗い流しても◯、食べても◯ )

冷暗所の保存でほぼ永久的に保ちます
( 冷蔵庫に入れる必要はありません )
ギーは日数が経つにつれて成熟し美味しくなります

牛が何をどのように食べて育ったかによって出来上がりまでの工程は毎回多少異なります

あたたかいうちは溶けた状態で黄金色をしていますが、だんだんと固まって寒い場所では白くなります

使用時は毎回清潔なスプーンですくい出してください
用途によっては湯煎してから使います


6271.jpgギーは、食用油以外にも様々な用途で身体に滋養を与えてくれます

肌に塗布すれば艶やかな肌に、目に入れて視力回復、PCや携帯のライト、花粉などからも守ってくれます

>> ギーの効果効能 / 応用はこちらから


 

 

 

いつも愛をここに

“自分を知ることによる幸せ”
ヨガとアーユルヴェーダと食事
全米ヨガアライアンス認定 ヨガ指導者
Hale Pule認定アーユルヴェーダシェフ
kaori

Posted by:anandalife1007

9 replies on “-レシピ- 【万能オイル ギーの作り方】

コメントを残す