食べものは薬であり、
食べるものがあなた自身である

アーユルヴェーダは、
正しいものをただ食べるだけでなく
正しい “調理法” 、“食べ方” で
体に取り入れることで初めて体にとって滋養となるといいます


自分に合う食事の重要性

食べ物について考える前に、
まず「食べる自分の体を考えること」が大切です

体内が冷えている人と
体内が炎症を起こしている人とでは適した食事は違います

暑い季節と寒い季節とでは
体の求めるものも当然変わります

その時々の要素 – 性質を観察したうえで
食材と調理法を考慮することがバランスのもとになります

同じ食事内容でも
食べる人や食べる時間帯によって
結果(消化できるできない、太る太らない)が
違うのはそのためです

消化力(アグニ)を整える重要性

アーユルヴェーダでは消化する力をアグニといいます

前途の
【同じ食事でも食べる人や食べる時間帯によって
結果(消化できるできない、太る太らない)が違うの】は、

その人自身が持ち合わせているアグニが異なるためです

アグニを整えるために
アーユルヴェーダでは体質や体調に見合った食事を推薦します

消化力が著しく弱い場合には、
食事も軽い – 消化しやすいものに仕上げます

アグニが弱いということは
= 免疫力も代謝能力も低いために
取り入れた食物を消化することがやっとになってしまいます

また、体質という視点から考慮しても、
消化力とそのリズムはそれぞれ違います

毎日不規則な消化力を持つ人もいれば
快食快便という人もいます
消化はするけれど遅い、という人もいます

どの人にとっても「消化力を整える」リズムは以下の事柄です
毎日決まった時間に規則正しく食べること
食事と食事との間隔は 3 – 5 時間空けること
朝食は回復食として捉え選ぶこと
昼食を1日のメインとして捉え、選ぶこと
18時以降の食事は軽く消化しやすいものにすること
就寝時間の3時間前には夕食を終えること


バランスを築く
献立の黄金比
dsc_9017840311091.jpg

食事の内容はごくシンプルに、
ある黄金比に沿って献立を立てれば迷いはなくなります

アーユルヴェーダの解釈では、食べ物は
「作る、グラウディングするもの」
「出す、解毒、排出させるもの」の2種に分けて考えられます

「作る、グラウディングするもの」はオーグメンティング、
「出す、解毒、排出させるもの」はエクストラクティブです

オーグメンティングとエクストラクティブを
6:4の割合で献立を考えられると、
体(と心)は安定し、正しい循環を保てるようになります

そしてそれらの食物は、
良質な油とスパイスやハーブを用いて過度な加熱を施して食べる、
これが体にとってもっとも滋養となる食事です

オーグメンティングとエクストラクティブのこと


体を補う食物のことwp-image-12865234061.jpg

オーグメンティングとエクストラクティブのほか、
食べ物にはもっと微細なエネルギーとして考えられる側面があります

・食べるとバランスするもの、体が元気になるもの
・食べると刺激があり、外向的、動的要素のあるもの
・食べると重さ、鈍さがあり、気だるさや惰性のあるもの

オーグメンティングとエクストラクティブは
純質であればそのほとんどが食べてバランスし、
体が元気になるものです

そのような食べ物を、サットヴァといいます

主に刺激性をもたらす食べ物をラジャス
重さ、気だるさをもたらす食べ物をタマス、といいます

これら3つのエネルギーは、食べ物だけでなく
環境や人、ものにも存在しています

例えば、
見返りなく人のためにすすんで貢献することはサットヴァです
忙しく動き回り、
楽しい展開を次から次へと経験したりするのはラジャスです
家に引きこもって何もする気が起きない、
すべてがおろそかになるのはタマスです

体を養い、満たす食べ物はたくさんあります

サットヴァな食物を中心に見れば、
それらを常食することが難しいわけではないことが分かります

-3つのグナ【食材リスト一覧】

4

パクチー

・パクチーは冷性で体を冷ます作用があります
熱を溜め込みやすいピッタ体質や夏場は特にすすめられます
エクストラクティブに分類され、体内を浄化してくれます

はちみつ

・はちみつは温性で素晴らしい作用がたくさんあります
体質的にピッタが優位な人や、夏場は適度にしましょう
その場合、かわりにメープルシロップがすすめられます
・体に良いはちみつは、過熱しておらず、常温のもの、生のものです
・アカべシロップは中毒性が高いものといわれています
また製造過程が不明瞭でもあるので、
甘味としてははちみつかメープルシロップが無難です

・ナチュラルなミネラルを含むピンクの岩塩を常用におすすめします
岩塩は自然の岩から「採掘」されたものを選びましょう

・食物産業が大きくなり外食が増えたことで、
調理後に塩やコショウををふるという光景がみられますが
これは味蕾を壊し病気のもととなります

・良質な塩は食卓において大切な役割を持ちます
穀物などを柔らかくしたり、
全体の味を正しく引き出すのに適量を用いましょう
医療界では、多くの病気の原因が“塩”だといわれていますが
これは、塩の「質」「使い方」に問題があるからであって、
塩そのものが問題ということではありません

塩は多すぎても生活習慣病を引き起こしますが、
少なすぎてもアルツハイマー病を引き起こす可能性があります


アーユルヴェーダを日々に取り入れていくと
自分の体の仕組みがどんどん分かるようになっていきます

理解が深まると
事前に予防できる不調もたくさんあります

自分の体が教えてくれるサインを
ぜひ大切にしましょう


いつも愛をここに

“自分を知ることによる幸せ”
ヨガとアーユルヴェーダと食事
全米ヨガアライアンス認定 ヨガ指導者
認定アーユルヴェーダシェフ / 講師
kaori

Posted by:anandalife1007

2 replies on “アーユルヴェーダの食事療法で身体を整える

コメントを残す