夜寝ている間、
身体は様々な修復、再生、統合の働きをしてくれています

主に 22 : 00 – 2 : 00では
ピッタが出番となって、その働きを司ってくれます

 

ですのでまずは
・夕食を軽めにし、寝るときには消化が終わっているよう食後3時間は空けてから眠る
・かつ 22 : 00にはベッドインして眠る

ことが前提として大切なことを覚えておいてください

100%できなくとも、ベストを尽くすことが大切です
これは自分の命のための大切なシンプルなケアなのです

そして朝、一番初めに口にするものは
夜の絶食状態から抜けだす「回復食」となりますので、
それ相応のものを取り入れることで
一日の始まり、活動の質が変わってきます

朝に心地よく身体が機能し始めれば
一日の自分の活動、すなわちパフォーマンス力を制したも同然なのです

また午前中は排泄の時間です

体質によって排便のリズムは異なりますが、
遅くとも午前中の間にまず一度、排泄があるのが理想です

 

そのためにも、朝食では
「ムリに」「過度に」「重い」といった要素は控えましょう

例えば、
カリカリ、ふわふわのパンに卵やソーセージ、ハム、
生サラダや彩り豊かなフルーツが添えられた朝食は
“外食産業”によるイメージ戦略ですので、
自分の朝食としては真似しなくて大丈夫です

カラフルで豪華な朝食は
“健やかさ”でなく“見栄え”のために、
レストランやホテルがおもてなしとしてしてくれることです

そのような場にいるなら美味しくいただくも、
日常的にそれをしなくてよいということです
実際、毎日そのような朝食を食べていると
体質や傾向問わず
朝から膨大なエネルギーを消化に使うことになり、
アスリートの方以外では消化不良を引き起こす原因になります

食後の長いげっぷ
一日を通してげっぷやおならが出る
浮腫みやすい、太りやすい、鼻づまりや身体の重さなどがその一例です


「回復食」にふわさしい朝食の例

・炊き立てのご飯

炭水化物は悪者ではありません
炊き立てのご飯を適量、朝に食べることは
体と心のグラウディングにとって最良の選択です
よく噛んで食べましょう1500880695721

・炊き立てのキッチャリー、クニ

活動量の多い人ではすぐに空腹を感じられるかもしれません
昼食をしっかり食べられるのならちょうど良いと思います
米と豆の分量に変化を持たせてもよいですし、
シンプルにするなら米だけ、豆だけのお粥状のものも良いです
スパイスはシンプルにしましょうdsc_96261822699565.jpg>>-レシピ- 【 おうちで簡単に作れるキッチャリー 】

・旬の果物

季節の旬な果物を常温でいただきましょう
(冬にバナナは身体を冷やします)
1 – 3種の果物を、果物だけでいただきましょう5191.jpg>>果物の食べ方 / 消化不良を起こす食べあわせのこと

 

・加熱した果物

より消化にやさしく、滋養を高めたいときにおすすめです
腹部の不調を感じる人にもよいでしょう

必要なのは「ギー」「岩塩」「シナモン」「カルダモン」です
スパイスがなければ、
少なくとも「ギー」と「岩塩」をマストでおすすめしますimg_20171102_074125_8211193839820.jpg
>>レシピはこちらを参考にしてください

 

・焼きたてのベイク

こねる5分の時間、
オーブンに入れる25分前後の時間があれば
ベイクもおすすめです
朝食では水分量を気持ち多めにし、よく租借して食べましょう

朝からしっかり動く人、
しっかり食べておきたい人におすすめです
活動量の少ない人や消化不良を感じる人では控えましょうscreenshot_20181019-1547111664499581.png>>レシピはこちらを参考にしてください

 

・加熱した根菜類

サツマイモやカボチャを煮たり蒸かしたり、
天然の甘味に癒されるヴァ―タに特におすすめです

そのまま食べてもよし、
刻んだハーブを入れてマッシュしてもよしですwp-image-955168884

 

・“白湯だけ”

前後の食事が消化しきれていない、
睡眠時間が短く身体が機能しきれていないと感じる時は
アグニを休め、次の機会(昼食)まで
固形物は控えておくことも賢い選択肢です

コップ1杯の白湯をゆっくりとすすりながら飲みましょう
その後1時間に1度のペースで水分補給を心がけ、
常温水または白湯を飲みます

このような日の場合、昼食の質にも気を配りましょう
(突然ドカンと脂っこいものを食べたらそれが“回復食”として体にダメージを与えます)


朝「体がよろこぶもの」199

朝本当に身体が求めているものには
以下の要素が含まれます

・あたたかくできたてのもの
・1 – 3 程度の品数
・腹 5 – 8 分程度の適量
・シンプルで消化しやすいもの
(加工食品や保存食品はプラーナ、滋養が乏しい)

複雑に考えずに、
パッと食べられる新鮮なものは何かなー?
と創造性を働かせてください

“健康のためにあれこれしなきゃいけない”
と思うイメージは手放し、
今日という一日の始まりを楽しむ想いで取り組んでください


 

朝一番で食べるもの
今日の自分のエンジンであることを認識しましょう

 

私たちは食べ物からの影響を多かれ少なかれ受けます
感情や体調が欲する食べ物の質をも左右しています

どちらからアプローチするにせよ、
朝の一番の選択は“注意深く”そして“愛情深く”行いましょう
何をどのように、どのくらいの量を食べ、
どんな想い、態度で食べるかが
肉体的な全組織、神経、細胞レベルに影響し今日の自分を創ります

自分(または家族)を労わり愛でる気持ちで、
ぜひ少しのことからでも意識し実践を続けてみてください


 

東京都中央区内
「アグニ(消化力)を整えて体と心のバランスをもたらす食事」
>>  Ayurveda お料理教室screenshot_20181015-195139288699113.png

 

いつも愛をここに

“自分を知ることによる幸せ”
ヨガとアーユルヴェーダと食事
全米ヨガアライアンス認定 ヨガ指導者
Hale Pule 認定アーユルヴェーダシェフ
kaori

Posted by:anandalife1007

2 replies on “一日の活動に差が出る / 「朝食は回復食」の意味

コメントを残す