暑さが増してアクティブな活動も増えるこの時期は、日常の水分補給としてリハイドレーションドリンクをどうぞ17-07-25-08-39-46-357_deco

Ayurvedaのリハイドレーションドリンクは、
水分補給、栄養補給、癒し補給をかなえてくれます

・ 暑い日の出かけ際 (帰ってきてからも)
・ アサナ前、アサナ後
・ 仕事中、移動中
・ 旅行のおともに
・ 子どもの水分補給に
・ ちょっとした不調を感じるとき
・ 病気の回復時

そんなシチュエーションにはリハイドレーションドリンクがぴったりです

のどが渇いたからと
糖分や刺激物等を含んだ極端なものを飲んでいると、体はそれを上回る刺激を求めるようになります

また人工的に作られる飲み物の多くは、消化の視点から見てもあまり良い作用がありません

さっと作れるシンプルなリハイドレーションドリンクなら、体の中に入ってからも正常に作用し、必要な潤いを補ってくれます

そしてとても美味しいです


-レシピ-
リハイドレーションドリンクの作り方

* 必要なもの
 ・お湯      コップ 1 杯
 ・はちみつ    おおさじ 1
 ・レモン or ライム絞り汁  10 滴程
 ・岩塩      少量 (小さじ 1/4)
  食塩・海塩は過度な精製によって
  塩分が高すぎるのでおすすめしません

* かんたんな作り方 3 ステップ
 1 - コップにはちみつ・岩塩を入れておく
 2 - お湯を注ぎいれる
 3 - レモンを絞り入れ混ぜ合わせる

リハイドレーションドリンクの癒し効果17-07-25-08-40-36-552_deco

・ 岩塩に含まれるミネラルが
 デトックス & 体全体の機能向上に役立つ
(消化機能、呼吸器系、血圧のバランス、抗菌)
岩塩はほんの少し、適量摂取しましょう

・ はちみつに含まれるブドウ糖で
疲労回復、エネルギー変換の効果
(のどを潤す、ケアする、便通を整える)
純粋はちみつ、非加熱はちみつ、生はちみつがおすすめです
はちみつは加熱すると消化に有害な性質にかわるリスクがあります

・レモンが代謝のサイクルをよくする、活力を上げる
ピッタが高まっているときはレモンよりライムがおすすめです
《ピッタの性質・はたらきのこと》


私が初めてリハイドレーションドリンクを飲んだのは
ハワイカウアイ島でのヨガ留学中でした

ある日の休憩時、全員のコップにリハイドレーションドリンクが用意されてました

とても美味しかったです

すっかりリ気に入って、
帰国後も暑い日が続いたので毎日のように作りました

パートナーも、仕事柄忙しく普段から移動も多いため作ってみると、スッキリした味とほんのり感じる甘さを美味しいと気に入ってくれています


バランスをもたらす食事
食材のセレクトと調理法と食べ方のこと
「おいしい人生」のための
アーユルヴェーダお料理教室を開催しています

cooking / practicescreenshot_20181026-1218412093312485.png

いつも愛をここに

“自分を知ることによる幸せ”
ヨガとアーユルヴェーダと食事
全米ヨガアライアンス認定 ヨガ指導者
Hale Pule 認定アーユルヴェーダシェフ
kaori

Posted by:anandalife1007

コメントを残す