2017 / 7 / 29 (Sat)
第5回 Ayurvedaお料理教室

 

第5回 Ayurvedaお料理教室の開催でした

毎回ゆるくゆるく、やさしく美味しい
お料理教室の時間になっています

 

Ayurvedaのお料理は不思議と、
作り手の気持ちをおだやかにし
食べるとやさしい気持ちにしてくれます

 

M e n u
◻米粉と全粒粉の野菜パンケーキ
◻ケールとアスパラのソテー
◻チャナルダル濃厚スープ
◻りんごとキヌアのお粥
◻生姜のアペタイザー17-07-29-14-14-11-054_deco
すべてのプロセスはとても簡単です

どれも、朝食やランチにぱぱっと作れて
お弁当として持っていくのにも最適なものです


 Ayurvedaのお料理のきほん3つ

何を食べるかよりも“どのように”食べるか
オーガニックのお野菜であれば良い、ということでもありません
〈調理方法〉〈作り手の想い〉が大切です
使うのはギー、少しのスパイス、
それと私たちの愛情です
自分を信頼してキッチンに立ち、
食材のエネルギー、それに携わったすべての手に
感謝の想いをもって調理しますをすすめます
《万能オイル「ギー」作り方》
《生命力美人の源 【スパイスの効能】》

オーグメンティングとエクストラクティブの黄金比
食べ合わせのバランスが大切です
体のしっかりとした土台をつくり、
循環する器官をつくる、この2つをかなえるのが
オーグメンティングとエクストラクティブの比率です
オーグメンティング6:
エクストラクティブ4
この比率で食事の構成をたてます
私たちを本当の意味で満たしてくれます
《オーグメンティングとエクストラクティブのこと》

食事を通して愛を受けとる
料理には感謝の想いと創造性を
食事時にはそれらを愛として素直に受けとります
・よく租借しゆっくり食べる
・静かなマインド、やわらかいマインドで食べる
・姿勢をよく“命をいただいてる”想いで食べる
五感で味わえば食事の幸福感は無限です


かんたんな説明

米粉と全粒粉の野菜パンケーキ
食べごたえがあって
グラウディングさせてくれるパンケーキです
ほどよくもちっと、ほどよくふわっとした
やさしいパンケーキです
米粉と全粒粉以外の粉の組み合わせでもよいですが
この組み合わせがブランチにはぴったりです
エネルギーとして体にとりいれられ、
消化もはやいのでおすすめです

ケールとアスパラのソテー、パクチーを添えて
ギーとスパイスでさっとソテー、
少しだけ蒸して刻んだパクチーをのせます
濃い緑野菜であればなんでもよいです
ほうれん草やブロッコリーなど
甘味とほどよい渋味、苦味が美味しいです

チャナルダル濃厚スープ
豆の甘味、酸味、スパイスの辛味がほんの少し
とても満足できるスープです
小豆やひよこ豆、ムング豆など
色んな豆で試してみてください

りんごとキヌアのお粥
アグニが弱いとき、少しの朝食で済ませたいとき
これだけでもよいです
とろとろのりんごとぷちぷちのキヌア
アレンジとしてベイクとともに調理しても
よいでしょう

生姜のアペタイザー
食事前に噛むことで消化を促進します
この刺激に内臓が呼び覚まされ、
体は“消化します”モードに
適切な食事時間は〔20~30分〕です
速すぎも遅すぎも消化不良をひきおこします


皆さんと和気あいあい、
やさしい時間のなかでつくるAyurveda料理は
いつも新鮮な思い出として私のなかに
刻まれています

いつもありがとうございます

 

部屋中に広がるギーの香りに
「あ~すでに美味しそう」とみなさん思わず
食欲が掻き立てられます

ぐつぐつしたお野菜たちを見ていると
食の恵み、ここに集まれた空間に
感謝の想いがふくらみます

今後も、いつもここで
世界一やさしくシンプルな、美味しいお料理教室を
続けていけたらと思います


 

バランスをもたらす食事
食材のセレクトと調理法と食べ方のこと
「おいしい人生」のための
アーユルヴェーダお料理教室を開催しています

cooking / practicescreenshot_20181026-1218412093312485.png

 

いつも愛をここに

“自分を知ることによる幸せ”
ヨガとアーユルヴェーダと食事
全米ヨガアライアンス認定 ヨガ指導者
Hale Pule 認定アーユルヴェーダシェフ
kaori

Posted by:anandalife1007

コメントを残す