アーユルヴェーダの根源にある
健康と幸福の結びつき

そして私たちは一人一人が
誰もが個性から成るエネルギーによって
造られていることを知ったとき、

もっと日常にアーユルヴェーダを取り入れたいと
多くの人が本能的に考えます

 

いま、私の周りでも
アーユルヴェーダの智慧に興味を抱き、
関心が芽生え、恩恵を受け取っている人が増えています

様々な実践を通して
心身的に健やかな変化を体験しています
アーユルヴェーダは
どの時代にもゆるぎない癒しとして
私たちを照らすものであることを教えてくれます

 


いたるところで目につく
流行的な健康法や美容法は、
“一時的な手段”であることが多いように感じます

忙しさに追われて
慢性的に疲れた私たちに処方される
「今すぐ」効く強力なお助け薬です

現代社会を生き抜く手段として
必要なものであることは承知ですが

わたしたちはもっと本質的な部分で
健康に生きることができるのではないでしょうか


前途のとおり、アーユルヴェーダでは
幸福=健康
健康=幸福
それらの定義は
「 バランスがとれていること 」とされます

痛みのない体、
執着のない心のことです

 

100%まではいかなくても
できるだけ病気にならない健やかな体、
調和の取れたマインドを日々育てることで
私たちは人生をより豊かに楽しむことができるという考え方です


 

今日、ほんの少しのものと時間を活用し
やさしく実践を始めれる、
そして続けていくほどに心身が癒されていく、
そんなアーユルヴェーダ法をお伝えします

 

これらを
自らの手によって自分の体と心を愛するための
「幸福の入り口」 と考えてください


【はじめてのアーユルヴェーダ料理】

私たちは“消化したもの”でできています
心も体も例外なくです

まずはいつものキッチンに小さなエッセンスを
くわえてみてはいかがでしょうか

 

手始めに必要なスパイス
・ クミン (パウダー)
・ コリアンダー (パウダー)
まずはこの2つがあれば
かんたんなお野菜の調理はまかなえます
+生姜のすりおろし、という感じです

《スパイスの効果・効能》

 

ギーのすすめ
日頃の調理用油にぜひ「ギー」をどうぞ

アーユルヴェーダでは「ギー」という
無塩バターからつくられる万能オイルを
駆使しています

《ギーの効果・作り方》

便通改善、体内の潤い、肌の潤い‥
すべてのひとの体質に良いとされる
オイルです

心も体も乾燥しがちな現代の私たちに
ぴったりのオイルなのです

 

食事のバランス
シンプルな考え方です

〔オーグメンティング〕と〔エクストラクティブ〕を
6:4の比率で食べます

入るもの6▶体の土台(血、肉)をつくる
出るもの4▶体の循環を促し排出される
という基準です

1) 土台を作ることで私たちは健康でいられます
2) 排出することで私たちの心身が循環します

例えば‥
米─────オーグメンティング
さつまいも─オーグメンティング
にんじん──オーグメンティング
豆─────エクストラクティブ
葉野菜───エクストラクティブ

これで6:4の黄金比の出来上がりです

《オーグメンティングとエクストラクティブのこと》


【続けて幸福、アーユルヴェーダ習慣】

あなたの生活で
無理なくカスタマイズできるものを
選びとってください

 


・起きてすぐ1杯の白湯を飲む(すするようにして)
・3分間のアサナをする
・喋らず、内側に向かう時間をつくる
・起きてから1時間は電子機器に触れない
(携帯、パソコン、音楽プレーヤー、TV)


・食事の前後に軽い散歩をする
・1日のメインの食事を10:00~14:00に済ませる
・自然に触れる時間をつくる
・ひとりで静かな場所で深呼吸する

夕~夜
・散歩やアサナ、読書や書物の時間をもうける
・夕食は19時(理想は18時)までに終える
・夕食は消化しやすいものを
・眠る前に電子機器に触れない
(携帯、パソコン、音楽プレーヤー、TV)

 

体が心地よく感じるサイクルを選び取れるようになると
周囲との付き合いが悪いといわれたり
今までのように流行をキャッチできなくなるかもしれません

その代わりに
潤った肌、澄んだ声、輝く瞳を育めます
自分ととても仲良くなれます
すると
自分にとって本当に大切な人たちとの調和がうまれます


【自分のドーシャバランスを知る】

アーユルヴェーダ、と検索すると
多くはドーシャ診断についてが該当します

※これらを受ける前に
知っておいてほしいことがあります

 

私たちはすべてのドーシャをもっている
ヴァータ・ピッタ・カパ
これらのドーシャすべてを私たちはもっています
そのバランスが個々に全く違うということです

二回、診断してみる
今診断した場合、
【今の自分】のドーシャバランスがわかります
では、人生を通してどうか?
【生まれつきの自分】の観点でもう一度診断してみます

《風の性質 ヴァータ度 診断》
《炎の性質 ピッタ度 診断》
《水の性質 カパ度 診断》

二回の診断で違いがありますか?
生まれつきのドーシャバランスと
今いる環境によって形成されているドーシャバランスとで
見比べてみましょう

季節、時間ごとに変動している
“夏はピッタね”
“14:00~18:00はヴァータね”というように
季節ごと、時間ごとの優勢ドーシャもあります
それに伴い、心身も影響を受けやすいということです

自分の性質をある程度知っておくと、
食べ物でも習慣でも、
より取り入れるものに対して
純粋な判断ができるようになります

なんとなく口にしていたものや
気持ちの波、パフォーマンスの向上も
自分でコントロールできるようになります


 

何事も継続していけるシンプルさ、
体と心の本質に届く純質さが大切です

 

反動的に行う偏りのあるメニューは
生活のなかで続きませんし、
実感することよりも達成することに
フォーカスすることも
ドーシャバランスが乱れる原因になります

健康によいからと、
健康食品や栄養剤を多量に摂取したところで
心や体にアーマ(毒素)が溜まっている状態では
それらをうまく取り入れられず、
さらなる悪循環を招くことにもなります

 

ひとつひとつをゆっくり、
自分にとって変化があるのか、
変化がなくともどのように感じるかを
心と体と対話していきます

自分の心身を本当に思いやれるとき、
愛情は溢れ、やがて隣人へと受け渡されます

 

それこそが普遍的な幸福であり
自分との調和、世界との平和なのです

 

かくいう私自身も
アーユルヴェーダの学びと実践から
普遍的なよろこびを感じる瞬間が増えました

もともとヴァータ・ピッタが過剰な心身と環境にいて
何かと競争心や完璧主義に陥りやすく、
その度に幸福に近づいたり、
かと思ったら遠ざかったりの

ジェットコースターのようなサイクルを繰り返していました
このところ
“刺激”より“調和”を積極的に受け入れるようになったのは
幸福が「なにか」や「どこか」ではなくて
自分自身の内側にあることを知り、
そこに向かって行動するようになったからだと思います

朝目覚めて澄んだ空気を感じながら散歩すること
短時間でもヨガに集中すること
夕方を静かに、夜は早々に眠ること‥

長い人生で、どの瞬間もできるだけ
今ここにあるものを全身で感じること

アーユルヴェーダとヨガの実践を続けてきて
そのことの意味をようやく体得しています

人間ですから
時に心的に体的にアンバランスになることもあります

自分のことを真正面から見つめる機会を
アーユルヴェーダとヨガの叡智からもらうようになって

自分に「大丈夫、良い方向へ進んでいる」と

声をかけれることが増えました

自分とあまり仲が良くなかった時期がある私にとって
今が人生で一番自分と仲良しです



「取り入れる」
「排出する」‥

「受けとる」
「与える」‥

このバランスを永遠に自分のなかで感じれますように

 

 

下記もあわせてご覧ください

【1日の活動に差が出る】朝食という回復食
【アーユルヴェーダ実践のヒント】現代社会に生きる私たち
【アーユルヴェーダ】健康と幸福のサイン


 

バランスをもたらす食事
食材のセレクトと調理法と食べ方のこと
「おいしい人生」のための
アーユルヴェーダお料理教室を開催しています

cooking / practicescreenshot_20181026-1218412093312485.png

 

いつも愛をここに

“自分を知ることによる幸せ”
ヨガとアーユルヴェーダと食事
全米ヨガアライアンス認定 ヨガ指導者
Hale Pule 認定アーユルヴェーダシェフ
kaori

Posted by:anandalife1007

コメントを残す