私の彼は、よく朝~夜まで何も口にせずぶっ通しで仕事することがあります

人が集中できるのはだいたい1時間前後、といいますから
彼の頭脳はやはり宇宙人なんでしょう

分かりやすいのは日中 彼から連絡がない日、
=昼食をとっていないというサインです

帰宅して、ようやく食事になりますが時刻は21時以降、遅ければ0時を過ぎることもあります

すでにアグニは弱い時間帯、前の食事から15時間以上も空いていることが多いので「回復食」の状態です


彼が「仕事漬け」の日、私にできることは

体をたっぷり癒すのにお風呂の湯を沸かしておくことや歯ブラシやタオルをセッティングすること、目の疲れをとるのにホットタオルを用意することのほか、サトヴィックなキッチャリーを作ることがあります

これを食べて彼は一日の疲れを緩和させ、翌朝爽快な目覚めとともに出勤していきます

(物足りなさそうなときにはほかに副菜を、
寝起きが重い朝には肩周りのマッサージをしたり、)

キッチャリーはインドで古くから食べられてきたもので、日本でいうお粥のようなものです

基本はスパイスとギー(万能オイル)、豆などで作られ、消化にやさしく栄養価が高いので回復食としてもすすめられます

スパイスを使うからといって過激な味ではなく、
やさしい味ですので誰でも食べやすいです


この日はさつまいもと人参の甘味、
ダルの苦味、渋味があわさったキッチャリーを作りました

ほっとして、深いところまで美味しさが届くレシピです

ぜひ作ってみてくださいね

さつまいもと刻んだ人参、
ダルのキッチャリー

3~4人分wp-image-651791038

《材料》

・白米        1カップ
・チャナルダル    1/3カップ
・さつまいも     中1本
・にんじん      中1/2本

・岩塩        ひとつまみ
・すりおろした生姜  大さじ1
・ギー        大さじ1
・クミンシード    小さじ1
・クミンパウダー   小さじ1
・コリアンダーパウダー小さじ1
・カルダモン     小さじ1
・水         3~4カップ

上記の野菜以外にも
 かぼちゃやほうれん草、ビーツやブロッコリー、
 キヌアなどをあわせるのもおすすめです
【オーグメンティングとエクストラクティブ】の黄金比
をもとに野菜の分量にバランスをもたせましょう

ダルはムング豆のひきわりやチャナルダル、
 小豆でもよいでしょう
 そのとき手に入る豆を使ってください

《作り方》

ダルはあらかじめ3~5時間浸水しておくか
時間がないときには温かいお湯か
熱湯に30分ほど浸します

さつまいもは一口サイズより少し小さめに、
人参は細かく刻みます

1 中火で熱した鍋にギー、生姜、岩塩、
 クミンシードを入れて香りが立つまで少し待ちます

2 香りが立ってきたら
  カルダモン以外のパウダースパイスを入れて
  ダル、米を入れて全体をまぜあわせます(やさしく)

3 野菜を投入して1分前後やさしくまぜあわせます

4 水を入れてフタをし、圧力をかけます
 - 普通の鍋の場合はフタをして中~強火、沸騰させます

5 圧がかかったら弱火に落として
  そのまま20分前後調理します
 - 沸騰したら中~弱火に落として
    そのまま20分前後調理します

6 火を止めてカルダモンを入れてひとまぜ、完成です
 (ここでギーを小さじ1~2かけると
   より油分を補うことができます)

 お好みで刻んだパクチーをちらしてください
 (クーリング、浄化が必要と感じるとき)

長時間仕事を頑張った人へは突然(しかも夜に)、脂っこいものやローフード(生もの)、加工食品を食べさせると余計に疲れるだけですからぜひ「キッチャリー」をおすすしたいです

スパイスをもっていないのであれば
まずはクミンコリアンダーの2つを揃えてみましょう

最近はスーパーでも手に入りやすいです
普段のお野菜炒めや煮物にも少量あわせてみてください
お醤油やお味噌ともあいます○

クミンは
ガス抜き・解毒・消化促進に、

コリアンダーは
肥満緩和、・クーリング・尿路環境を整える効果があります

どちらも香り高く、栄養価の豊富なスパイスです

その他スパイスの効果・効能DSC_7677

キッチャリーは最もプレーンなもののほか、
その時々の体調や気候にあわせて
スパイスや穀物の種類、野菜や水分量に変化をもたせるので
実は様々な種類があります

【プレーンキッチャリーレシピ/キッチャリーのこと】

食事は身体を養うものです

疲れているときこそ、消化器官に負担のかからない、
やさしく栄養価の高いものを食べましょう

翌朝また、新しい一日を迎えれるように


バランスをもたらす食事
食材のセレクトと調理法と食べ方のこと
「おいしい人生」のための
アーユルヴェーダお料理教室を開催しています

cooking / practicescreenshot_20181026-1218412093312485.png

いつも愛をここに

“自分を知ることによる幸せ”
ヨガとアーユルヴェーダと食事
全米ヨガアライアンス認定 ヨガ指導者
Hale Pule 認定アーユルヴェーダシェフ
kaori

Posted by:anandalife1007

コメントを残す