1日中食べ続けることや、
間食ばかりをしていると

いい臓器がつくられません

と  マイラは教えてくれました

 

私たちの消化器官のはたらきは
体とマインド、思考に大きく影響します

毎回の食事で食べ過ぎることが
体にとって負担となるのと同じように、
「食べ続けること」=間食ばかりすること
も、万病のもとと
アーユルヴェーダでは云われています
106

 

私は昔から
日常的によく間食をしていましたし
おやつが良くないとか、
そういうことを考えたことすらありませんでした

けれど、振り返ってみれば
実際は一日に何度も食べることや
当たり前の間食が当時
私のアグニを弱くしていたのだと分かります


 

アグニとは、
私たちの中にある消化力のことです
取り入れた食べ物の消化はもちろんのこと、
人生経験に対する消化の意味も含まれます

アグニが弱い状態が続いて
いい臓器がつくられないということは、
体が本来のあるべき健やかな状態からは
かけ離れていることを意味します

そうなると
食べたものが順調に消化されることは難しく、
常に体が重い感覚や
適切な排便がなされない状態が続きます

 

体が個人らしいテンポで循環していないと、
思考力やマインドにも曇りが出てきます

一日を通してエネルギーの動きにも波
が出るようになり、集中力や知覚が低下します



アグニを整えることは自分の世話をすること
img_20171116_195221_317191530159.jpg

体が快活にはたらき、
思考や知覚、想像力を柔軟に発揮するのには
アグニを整える必要があります

アグニには「定期的」に「適量」のエサをやり、
バランスのとれた環境を用意することが大切です

1日中、何回も食べることや
長い時間延々食べ続けることは、
アグニをずっと働かせ続けているということなので
消化に滞りが出始め、やがて未消化物をつくり出します

感情面で見れば、
食べ続ける行為や極端で慢性化した食欲は
マインドの不足を示しています

食べる行為に「逃避したい感情」のせ続けると、
さらなる消化不良を引き起こし
アグニはどんどん弱くなっていきます

すると日頃のパフォーマンスは落ちていき
すぐに気が滅入ったり、体力も続きません

例え少ない量を食べたとしても痩せにくくなり、
食べても食べても栄養素を取り込めないため
痩せ続けたりします

これは明らかな不健康です


自分をまっすぐ見る
dsc_00891948984243.jpg

自分の心がどうか、
体がどう反応し、どのように動いているか、
私たちは日頃、外側を見るよう意識づけられているので
あまり自分の内側には興味を示しにくいようです

便の状態や、肌質、髪、声、瞳…

心が先を心配したり過去を悔やんでいたり
未来に過剰な楽しみを抱いていると、
私たちは「今」にいられません

組織のすべてが澄んで輝き、
潤んでいる状態が真の私たちの健やかな姿です


アグニを押しつぶす食べ方
dsc_97231133963311.jpg

・よく噛まないで食べること
・食後に重いデザートを食べること
・食事と食事との間隔がせまい
・食後すぐ横になること
・一日中間食をする
・食後1時間前後に就寝すること
・19時以降に消化に重いものを食べること
・揚げ物や極端に辛いもの、
その他「極端な食べ物」を頻繁に食べること
・怒りや悲しみとともに食べること
・歪んだ姿勢で食事をすること

細かく記載しましたが、
考えてみたらとてもシンプルなことですね

喜ばしい気持ちとともに食事を心から楽しみ、
食後の心地よさを感じるサットヴァな食事を推進する
アーユルヴェーダの食事法とは正反対の行為が
そのままアグニを弱める原因です


気づき、選ぶ意識をもつ
dsc_97221158442909.jpg

消化器官で滞り、
正常に消化されなかった食べ物は
未消化物として体内に残り、やがては毒素になります

日常的に発せられるげっぷやおならは
体内にガスがたまっており
消化にどこか問題があるサインです

消化不良を感じたときの賢明な選択として、
食事と食事との間隔を4~5時間あけることです

空けすぎもよくありません

毎食、定量を食べることも大切です
消化不良だからと量を極端に減らし、
毎回異なる食事量をするとアグニが混乱します

1~2週間かけてアグニの調子を回復させていきましょう

もしまた、
過去の繰り返しに陥りそうになった時、
「食べたい」と思う欲求の奥底にある感情はどのようなものか?

見て見ぬふりを続けることは
さらなる覆いを求めて終わりがありません

 

いつもの行動によって欲求を埋めようとする前に
自分の内側の声を聞き、
本当の意味で処理をすることが必要です

このことは
他の誰かがやってくれることではありません

自分のために自分を受容し、
愛することは何の価値にもかえられません

自分の食事に対する価値観、
アグニを整えていく過程では
ぜひ積極的にキッチャリーなどの
消化しやすいものを日常に取り入れましょう

無理なく、時間をかけて
徐々に心をやがわらかくほぐしていきたいものです


食事のリズムが体のリズムをつくる
dsc_0645673556555.jpg

夜遅い時間帯に食事をして
そのまま30分~1時間で就寝することもアグニを弱くします

体が無事に消化を終えないまま眠れば、
体内循環はそのまま朝までおやすみモードに入るので
起きるまでにその食べ物は完全に消化されていません

ということは酸化をし始めます

顔の浮腫みや舌の浮腫み、
(歯形になっている、白い海苔が溜まっている)
脳の思考力低下、体の節々が痛む‥などがそのサインです


食べ続けることと
間食ばかりすることによる不調と理由

まとめると以下のようになります

アグニが休まらないので
臓器のはたらきそのものが鈍る
前の食事が消化されない、酸化する
消化されない=栄養が取り込まれない
栄養が取り込まれない=良い食物を食べても効果がなくなる

少しお腹が減っているくらいの方が頭が冴える、とか
一流の人は一日一食の食事にしている、とか
そういう原理とも近しいかもしれません

かといって食事を抜きすぎる→急にお腹一杯食べる、
これもさらにアグニを衰弱させるので注意しましょう

大切なことは
自分の感情とその作用、体のはたらきとその個性を
充分に理解することです

何を、どのように、どのくらい食べたら
自分が心地よいか、
他者に与えられることができるか

そのように考えることから食事、
食べ物への意識も変わってきます


 

《 弱くなったアグニの状態 》

・知覚、思考力、マインドの低下
・集中力欠如
・心配、不安、恐怖感
・日中の眠気
・便秘や下痢
・少ない量を食べても痩せない
・浮腫み、体が硬の固さ
・横たわって休みたいと思う
・声、肌、瞳が濁る

日常で早く動き、早く話す、たくさんのことをこなす‥
このような環境に置かれている人は特に
慎重にアグニをケアしてあげる必要があります

クラッシュが連続して起こる社会では
私たちはより
自分自身のエネルギーを蓄えておくことが大切です

 


《 アグニを回復させる 》

・消化にやさしい食事で内臓器官を休ませる
・キッチャリーを作って食べる
・新鮮でできたての食事をよく噛んで食べる
・生姜湯をのむ
・生姜の前菜を食べる
・規則正しい時間に就寝、起床する
・自然に触れ、自分との会話を楽しむ

日頃の選択がすべて身体に症状となってあらわれます

快適か、不調か?

すべて自分の手によって
バランスをもたらすことができます

こちらもあわせてご覧ください

【あなたの生命力は?】アグニのこと
私たちの中にある「アグニ」と愛情


 

バランスをもたらす食事
食材のセレクトと調理法と食べ方のこと
「おいしい人生」のための
アーユルヴェーダお料理教室を開催しています

cooking / practicescreenshot_20181026-1218412093312485.png

 

いつも愛をここに

“自分を知ることによる幸せ”
ヨガとアーユルヴェーダと食事
全米ヨガアライアンス認定 ヨガ指導者
Hale Pule 認定アーユルヴェーダシェフ
kaori

Posted by:anandalife1007