アーユルヴェーダは自然療法であり
その智慧は生き方の科学そのものです

土台にある幸福と健康とは、
“どのような状態”のものであるか

とてもシンプルな問いに
アーユルヴェーダは広大な原理原則をもって応えてくれます
dsc_9702190317996.jpg

現代社会の生活リズムや
極端かつ一部分しか抜粋しないような食事が
私たちの間にあるあらゆる不調の原因ともいわれています


 

この季節、
スーパーなどでもよく売られているバターナッツ

我が家も先日
お友達バターナッツをいただく機会があって
日々いろんなレシピにて美味しく食べています

今日はシンプルでやさしい、
スパイス煮のレシピをご紹介します

 

– レシピ –
バターナッツのスパイス煮 / 朝食にもぴったり
IMG_20180111_074628_167.jpg

材料 (1人分)

バターナッツ 3切
ギー 大さじ3/4
岩塩 ひとつまみ
水 少し
シナモンパウダー 小さじ1/2
カルダモンパウダー 小さじ1/2
ブラックペッパーパウダー 小さじ1/3
パクチー 適量

* 寒い日、消化を促進したいときは
 すりおろした生姜を + すると〇
 * ピッタが高い体質の人(時)はシナモンの代わりに
 コリアンダーパウダーorクミンパウダーが〇
 * 水の代わりにルイボスティーも〇

作り方

 中火で熱した鍋にギー、岩塩、スパイス全てを入れて
香りが立つまで1分ほど待つ
 バターナッツを入れて全体がからむようひとまぜ
 水をバターナッツの3/4の高さまで入れる
 フタをし弱~中火の間で6,7分煮る
 パクチーなどをちらして完成

 

しっとりした食感とやさしい甘さがありながらも
バターナッツはカボチャと比べて軽めなので
朝食にもぴったりです

朝食以外でなら
昼食で刻んだナッツと調理してもよいし、
夕食なら水分をもう少し含んでマッシュしても美味しいです


バターナッツ(カボチャ)やさつまいもは
穀物類とおんなじオーグメンティングの性質をもつ食べ物なので
シンプルに調理したものは朝食にもぴったりです

我が家ではこの前夜、
彼の仕事終わりが遅く帰宅が深夜だったため
夜ご飯はダルとほうれん草スープのみでした

本来、体の状態を優先するなら
遅くとも22時(もっというなら19時)頃までに
一日の最後の食事を終えておきたいところです

食べたのが0時を回ったころだったので
朝食はなんならもっと軽くても良いくらいです
(ペース・リズムを慣らしていく過程では)

ですが、
翌日も仕事で忙しく動き回ることを考慮して
朝食には“軽め”、でも“しっかり”なこのレシピをチョイスしました


 

普段の食事が和食中心でいきなりのスパイス料理は…
というときはここにほんの少しのお醤油を+してみましょう

食べたときどのように感じるかを観察し、
2回目ではスパイスオンリーで調理してみてください

よりシンプルな方が実は美味しい、と気づけるはずです^^

 

 

 

東京都内でやさしくかんたんに作れる
アーユルヴェーダお料理教室を開催しています
Ayurveda お料理教室

 

 

 

 

いつも愛をここに

“自分を知ることによる幸せ”
ヨガとアーユルヴェーダと食事
全米ヨガアライアンス認定 ヨガ指導者
Hale Pule 認定アーユルヴェーダシェフ
kaori

 

Posted by:anandalife1007