アーユルヴェーダについて
食と体、心とのつながりをお伝えしていると
なんだか私がとてもストイックな人、
そんな風にうつることことがあるようです

私はそのようには思いません

「自然なこと」と「普通なこと」は違う、
私のアーユルヴェーダとヨガの恩師マイラはいいました

例えば、
携帯を片手にお洒落なカフェテラスで
ハンバーガーを食べるのは

現代社会では「普通」かもしれませんが

新鮮な食物を調理し、できたてを食べることのほうが
本来は「自然」であるのです
dsc_06731689897881.jpg
いまの私はただ、
「自然なほう」を選びたいとおもっています

そのほうが長く心地よくいられるからで

まだまだ自分のなかにやってくる「普通」が
あるのを知っているから、
自ら何かを選ぶときくらいは意識的になって
「自然」にちかくありたいです


新鮮な食べ物を食べたほうが良いということは
イメージすればなんとなくわかると思います
IMG_20171225_132220_931.jpgDSC_1824.JPGIMG_20180105_170238_926.jpg

賞味期限がとうに過ぎた食べ物や
色があきらかに変色した食材を調理して食べようとは
誰でもあまり思えないはずです

新鮮な食べ物を食べると気分がよくなり、
体のはたらきもスムーズになります

それは内側のはたらきから生まれるもので
食べ物を消化する能力も整います

新鮮で調理したての食べ物に、一番たくさんプラーナがあります。
なぜなら繊細なエネルギーであるプラーナは、
調理された後にどんどん壊れていってしまうからです。

プラーナは次第に小さくなり、
調理から1日経つとほとんどなくなってしまいます。

これがアーユルヴェーダが食べ残しを避ける理由です...

食べ残しは、もはや力を持っていた食べ物の影に過ぎないのです。
 
参考文献:Hale Pule
アーユルヴェーダの簡単お料理レシピ
「アーユルヴェーダ・フムス(と圧力鍋の使い方)」

外食で使われる油や調味料が
どんなものなのかを知っていますか?

多くのレストランは大量の食材を同時に調理します

そこでは効率的な作業のために
作り置きや食物はカットしておく、が当たり前です

使われる調味料の多くはピッタを刺激するものです
食材や調理法はカパを増やしてヴァ―タを上げる料理が多いです

はっきり言って、鮮度第一に
お客さんの体のことを考えているお店はほんの一部しかありません


外食ばかりだと栄養が偏り、
太りやすくなるのはなぜでしょうか

外食では
「多くの人に美味しく食べていただくため」に調理をします

ほとんどの人が外食に求めることは
「美味しい」と感じる味=はっきりした味 です

多めの油、濃いめの塩、多めの調味料、…

それと強すぎる火や複雑すぎる、
または極端すぎる調理法によって
サクサクやふわふわ、もっちりが作り出されます

これらが私たちの「覚えやすい味」であり、
=極端な美味しさ をより求めるようになります

ここでは個人の体質や体調に合わせたり
季節や気温に伴いバランスをもたらすような構成よりも
「食べた!という満足感が優先」の食事になります

サラダがたっぷりだったとしても
その野菜が必ずしも自分の体にとってよいものとは限りません

ヴァ―タピッタが高い人にとって
生野菜は消化しやすいものではなく
むしろさらなる乾燥、消化不良を起こすこともあります


難しいルールをたくさん覚えることより
大切にしたいこと

どんな食べ物がよくてどんな食べものがダメなのか、
そのようなルールよりもまず
「新鮮かどうか」、
このことにフォーカスしてみましょう

脂っこいものがなんとなく体に悪そうということは
誰でもイメージできるかと思いますが、

質のよくない油を使い、高温で加熱した料理は
そもそも油が酸化しているので体内で毒になります

そこに食塩や加工された調味料が加わればもう、
体にとっては大惨事ということがわかりますね

「お腹を満たすだけの食事」よりも
「心、滋養までも満たす食事」について考えてみてください

私たちの思考は日々未来を追い、過去を振り返るのに大忙しです
あらゆる印象や記憶、それと疲れや刺激が
誤った、偏った食欲をかきたてます

重さや辛さを欲しているなら
ピッタカパが乱れているかもしれません

濃いものやサクサク(揚げ物など)、
ふわふわ(パンケーキなど)したものを欲するなら
ヴァ―タを乱しているかもしれません

Hale Puleで受けた
認定アーユルヴェーダシェフトレーニングで
ヨガとアーユルヴェーダの恩師マイラはこのようにいっています

「栄養学」そんなものどうでもいいです
まず人間が食べれること、
食べたことでドーシャバランスが整うもの、
消化できるもの、これが大切です
1511941070013382000413.jpg

2つめに上げられた
「ドーシャバランスを整える食べもの」については
こちらを見ていただくと参考になるかもしれません
バランスをもたらす食事の黄金比
果物の食べ方/消化不良を起こす食べ合わせのこと
アーユルヴェーダの食事療法


外食とどのように付き合うか

自分の身体が外的にも内的にも元気で
エネルギーに満ちているなら、
ときどきの外食は問題にはならないでしょう
(それでも食後や翌日の変化には意識的になってみてください)

ですが現代の私たちのような
「速い、多い生活」では
たいていの人が何かしからバランスを崩しています
————————————————————–
おなら、げっぷ、浮腫み、鼻づまり、たん、
髪・肌の乾燥(炎症)、便秘、‥

どれかひとつでも当てはまるなら
それは「とっても健康」な状態ではありません

アーユルヴェーダでは
病気には6つの段階があるとされていて
上記の症状は第一段階の【蓄積】にあたります

これが毎日、長期的に続くようなら
第二段階の【増悪】、
第三段階で【拡散】して(広がる)
第四段階で【定住】して(そこにくっつく)
第五段階で【発症】して(病気)=病名がつけられる
第六段階で【慢性化】します
————————————————————–
身体を成熟させる 健康と病の分かれ道

何にしても、自炊で出来たての食事をいただくことが一番

ドーシャバランスを整えるには
新鮮な食べ物、シンプルに調理された食べ物が
もっともよいからです

ですがこれだけでは現実味がないので
仕事やお付き合いのあるうえで
外食をする機会があるときのためにヒントを記載しました

18-01-19-11-58-05-941_deco2065124705.jpg
こちらは都内表参道にあるtrueberryさん

外食するならこんなお店
体と自分、相手のことを大切にしたいとき

1 出来たてのものを出してくれそうか
(調理が複雑すぎない)

2 お店が清潔に、整理整頓されてるか
(古くても整理整頓されているお店)

3 シェフの顔が見えて、調理を楽しんでいそうか
(調理が好きで、作業的になっていない)

4 お店全体がやさしく穏やかな雰囲気か
(殺伐としていない)

5 自分の体質・体調に合いそうなメニューがあるか

食事前には気持ちを落ち着かせて
心も体もやわらかくしていただきましょう

食事中のおしゃべりはほどほどに
話す内容が生産的であるか、サットヴァであるかを意識します
ゴシップやネガティブな話は消化が滞ります

食べ物が液状になるまでよく噛むこと

姿勢はまっすぐに、内臓がそれぞれの位置で
きちんとはたらくのに大切なことです

私は外食が2回ほど続くとすぐ体調に変化が出ます

便の質が乱れるのですぐわかります
味が少々濃いと喉がとても渇きます
なんだか気持ちも外側に向きます

とはいえ私も現代に生きる人で仙人ではありません

ときどき時間帯的に「これ以上遅くなるよりは」と
老舗のお蕎麦屋さんで夕食をいただくこともあります

天気のよい休日に早朝モーニングで
丁寧に朝食をつくってくれるカフェに出かけることもあれば

準備や片付けの手間を省いて
ゆっくり相手と対話したいときは
ランチに出かけたり、
その際は前後でたっぷりと散歩時間を設けます

以前はほとんど毎日外食やコンビニ食で、
そのときは「体がその食事に合わせていた」ので
特別大きな不調は感じませんでした

同時に、特別かなり健康でもありませんでした

今思えば、小さな不調なんてたくさんあって、
食後の眠気や慢性的な肌荒れ、時々なる便秘、
一日を通してエネルギーにムラがあったり…

ここ一年でアーユルヴェーダに沿う食事を
取り入れるようになってからは身体の巡りがよくなり、
外食などが続けばその「滞り」がすぐ表れるようになりました

筋肉痛が翌日すぐにこないと老化、と
いわれているのと同じで
食べ物も消化・反応が遅いときは
体にアーマ(毒素)が蓄積しているということです

なので
とびっきりの不調がやってくることはなくても
なんとなくの不調、が続きます

それでは「とても健康」な状態とは離れたままです

自分が食べたもの、選んだ行動が
すべて何らかの形で結果となる、
そのことをアーユルヴェーダは教えてくれます


「食べたいもの」=自分の状態
dsc_00331979281024.jpg

似たものが似たものを引き寄せ
相反するものがバランスをもたらす

アーユルヴェーダのことわざです

私たちの感情が食欲に影響します
食べたものはさらに感情、心、思考、体に影響します

乱れたバランスのままに物事を選んでいくと
遅かれ早かれ良い結果になりません

アーユルヴェーダ的にみると
ラジャスな要素を多く持った人は
よりラジャスな食事を欲します

刺激物を口にするとさらなる刺激を欲するように、
日ごろ忙しく活動しているとその延長線上で
「強い」ものを取り入れたくなるのです

疲れているときほどお肉やがっつり系のもので
エネルギーを充電しようとしているときは注意が必要です

辛いものばかりを食べると、カッカしたひとに、
軽い揚げ物や苦いサラダばかりを食べたら、
集中力が欠けて散漫したマインドに
重くねっとりしたものを食べ過ぎれば、鈍い体になります

本来、疲れているときに体が欲する食事は
「シンプルなもの」です

・「自然」の6つの味覚
・良質な油分
・適度な水分
食事でこれらが含まれていることで
私たちの身体は真に補われ、土台から安定していきます
古い毒素などはきちんと排出されていくのです

また作り置きや大量の油が使われた料理には
食材そのものの本来の栄養素がほとんど残っておらず、
消化がただただ難しくなります

油は酸化し、良い油とはいえません

これを習慣的に食べていると、
脂肪になる人もいれば毒素として蓄積される人もいます

その症状は人それぞれです


新鮮であること、
シンプルにあること、
食べすぎないこと、
このことだけでも十分です

アーユルヴェーダの原理原則に沿う食事は
私たちを本来の健康な状態にしてくれます

ルールではなく、選択であるだけです

これまでの選択がよい結果をもたらしたか?

日々もう少し、ちょっとでもよい状態で
体的にも心的にも快適に、至福とともに過ごしたいとき、

できることは小さなことから、
簡単なことから取り入れてみてください

DSC_6148


こちらもあわせてご覧ください
【初めてのアーユルヴェーダ】普遍的な幸福の探求
【あなたの生命力は?】アグニのこと
-レシピ- 【万能オイル ギーの作り方】
母と子の授乳関係からくる“食の価値観”

東京都内でやさしくかんたんに作れる
アーユルヴェーダお料理教室を開催しています
Ayurveda お料理教室

いつも愛をここに

“自分を知ることによる幸せ”
ヨガとアーユルヴェーダと食事
全米ヨガアライアンス認定 ヨガ指導者
Hale Pule 認定アーユルヴェーダシェフ
kaori

Posted by:anandalife1007