アーユルヴェーダ料理の原理原則はとてもシンプルです

人間が食べれるものであること
2  食べたことでバランスが整うこと
3  消化できるかどうか(体が)

アーユルヴェーダを通して食事・生活に取り組み
自分を見つめていく習慣ができると、
食べるものを考える前に
食べる体について考えること、
このことがとても大切であると毎瞬思い起こします

 

この教えはアーユルヴェーダのスペシャリストであり
私の恩師、マイラが伝えてくれたことでした


 

 

この季節ほくほく美味しい、さつまいもやカボチャ

アーユルヴェーダスパイスを使って
やさしくサットヴァな煮物はいかがでしょうか

今回はカボチャを使っての調理ですが
同じプロセスでさつまいもに置き換えることもできます

朝、準備から完成まであっという間にできるので
お弁当のおかずなどにもおすすめです

 

– レシピ –
7分でできるカボチャのシナモン煮 / いつもの食卓に
15168373930591962754282.jpg

材料 (1人分)

カボチャ 大2切
ギー 大さじ3/4
(夏はココナッツオイルでも〇)

岩塩 ひとつまみ
すりおろした生姜 小さじ1
ローレル 1枚

シナモンパウダー 小さじ1/2

スパイスの効果効能一覧はこちら

* 夕食に作る場合は神経を落ち着かせる
  ナツメグを入れるのも〇
* ピッタが高い体質の人(時)はシナモンの代わりに
  コリアンダーパウダーorクミンパウダーが〇
* 水の代わりにルイボスティーも〇

作り方

 中火で熱した鍋にギー、岩塩、ローレル、
すりおろした生姜を入れて香りが立つまで1分ほど待つ
 シナモンパウダーを加えて鍋をまわし全体をなじませる
 カボチャを入れて両面、底それぞれ回転させ(そっと)
ギー・スパイスをなじませる
 水を1/3の高さまで入れる
 フタをして弱~中火の間で6分煮て完成

* 今回はインゲン豆も一緒に入れて調理しました

ほかカボチャを使ったお料理はこちら
– レシピ -朝食にも/バターナッツのスパイス
– レシピ -3つの食材でつくるシンプルなアーユルヴェーダプレー
– レシピ – アーユルヴェーダ料理研究中 VO.2
-レシピ -アーユルヴェーダ料理研究 VO.1

カボチャのしっとりした食感と
ぎゅっとつまったやさしい甘さがして美味しいです
ほんのり香るスパイスにも癒されます

インゲンはみずみずしく、
しっかり味を感じて食べられます

この日はお弁当のおかずとして作り、
この他にバスマティライスと緑豆のとろとろスープを
あわせて持っていきました

アーユルヴェーダの食事の黄金比、
オーグメンティングとエクストラクティブの割合ばっちりです


長時間放置された「美味しい」より
できたての「新鮮」を優先する

食べ物はできたての新鮮なものが一番美味しいです

調理してから長時間経過しても美味しいものは
シンプルさを失っており、
多くの場合それは「味」が強調されています

 

アーユルヴェーダでは、食べ物にあるドゥワンダ
すなわち本来の栄養素や滋養がある状態
体にとってはもっとも力になると言われます
それこそが真の美味しさなのです

 

たとえば、
どんなに栄養価の高い有機野菜だったとしても
それがカットして長時間保存されていたり
調理からしばらく放置されていると
体の中で「本来のもの」と同じようには処理されないでしょう

(つまみ食いが一番おいしい、というのは
それが出来たてであることも含まれると思います)
ひとつヒントにしてください

鮮度を失ったオーガニック野菜を食べるくらいなら、
オーガニックでなくても作り立ての食事や
炊き立てのお米のほうが
体にとってはよっぽど嬉しい食事なのです
img_20180123_184125_4521828436348.jpgDSC_1471.JPGIMG_20171204_203235_550.jpg

そのために必要なほんのわずかな時間を確保しましょう

今している不要な習慣を1つ、2つ手放せば
神聖な料理のために20分前後の時間をあてることは
そう難しくないはずです

 

 

毎日心と体にやってくる感覚が
やわらかくやさしいものでありますように


 

バランスをもたらす食事
食材のセレクトと調理法と食べ方のこと
「おいしい人生」のための
アーユルヴェーダお料理教室を開催しています

cooking / practicescreenshot_20181026-1218412093312485.png

 

いつも愛をここに

“自分を知ることによる幸せ”
ヨガとアーユルヴェーダと食事
全米ヨガアライアンス認定 ヨガ指導者
Hale Pule 認定アーユルヴェーダシェフ
kaori

Posted by:anandalife1007