アーユルヴェーダとヨガを通して学び、
小さな実践を積み重ねることは
私の感じたいこと、
感じるべきことを浮き彫りにします

 

それは良い心地がすることもあるし、
これまでなら避けたかったことだったりも

285

同じことを繰り返すのはもう充分、と
どこか私の中に
「進む、受け入れる」ための準備が整いだして、
それに向けて動いている時期なんだと思います

 

 

成長するにあたって
人はそのやり方もスピードも過程も違う、という
恩師マイラの言葉を思い出しながら‥

 

 

 

今朝、
私は歩きながら空を見上げたときに春の訪れを肌で感じました

 

 

先日「立春」という日はやってきましたが
まぁ、いっても暖かくなるのはまだまだ先、しばらくは冬を楽しもう

なんて思っていましたが

 

 

ちゃんと時は経過していて
春も着実にやってきている

 

そんな風に、大地と空が知らせてくれていました

 

 

だから日々、
私自身も瞬間瞬間変化しているんだなぁと

 

 

やってくることを「真ん中」で見て
去っていったことを「そのまま」に流していく

そこに至るには恐怖心や執着、完璧主義が顔を出します

 

けれどその感情は=自分ではなかったんだわ、と
なんとなくあっけらかんとしたもう一人の自分がいました

 

 

「変化を受け入れる」これもまた、
人生の楽しみであると気づくのに
ずいぶんと時間を要した気もするけれど

それも私にとっての「自分だけの経験」でした

 

 

 

アーユルヴェーダ的にみたら
季節ごとにも時間ごとにも、
その性質は常に移り変わっているということがわかります

 

食事でいえば、
同じ食べ物でもお昼に食べたのと夕方に食べたのでは
消化の仕方がまったく違うということ

同じ食べ物でも、食べる人によってその取り入れ方は変わります

 

 

 

あなたの「今」にはどんな変化がやってきていますか?

 

アーユルヴェーダの「ドーシャ」の考え

 

 

いつも愛をここに

“自分を知ることによる幸せ”
ヨガとアーユルヴェーダと食事
全米ヨガアライアンス認定 ヨガ指導者
Hale Pule 認定アーユルヴェーダシェフ
kaori

Posted by:anandalife1007

コメントを残す