私たちは、毎日を自分の身体・心とともに生きています

身体の状態は心に影響します
心の状態は身体に影響します
303

アーユルヴェーダの智慧を生活に取り入れるようになると、この双方のつながりを経験する機会が増えます


毎日を生きる体

私たちには「消化力」があります

食べ物を消化する力
人生の経験を消化する力
アーユルヴェーダでは“アグニ”とよんでいます

アグニの強さは、大きく4段階に分かれています
20171108_0741352681234363065.jpg
整ったアグニは体を快活へと導き、心をサットヴァにしてくれます

不規則、または弱すぎる・強すぎるアグニでは体も心も本調子とは離れた状態になります

排泄・生殖器の循環が不定期だったり、冷え、汗をかかなすぎる・またはかきすぎるなど、免疫力も充分でないのでいつもなんかしらかの不調を持ち合わせた状態になります

そのため、心の面でも穏やかさに欠けて感情のムラや完璧主義のあまり慈悲の心が養われない状態になります

これが続くのは悲しいことです

自分のすること、=エネルギーを創り出します

食べ物や環境エネルギー、
あらゆる“取り入れるもの”が
自分にとって滋養となるかどうか?

これは、小さくも重要な取り組みです


整ったアグニ

アグニが整うとどのような良いことがあるでしょうか?

アグニの整った状態は心地よいです
それを続けていくことはさらに心地よいです

私自身の実体験でいうと、
・寝起きが軽い、寝つきも良い
・毎朝決まったタイミングでの排泄
・排便の形が整い、きれいな茶色をしている
・お腹の張り感がなく、一日を通してガス感がほとんどない
(ゲップもおならも最小限)
・頭が冴えていて瞳に輝きがある
・肌艶が良い
・一日を通して体力も感情も波が少ない
・物事を受容できる
・サットヴァな瞬間を経験できる
131
アグニの状態やはたらきについては
以下でも詳しく記載しています

アグニの4つの段階と強さ
アグニとは


今日から始める
「アグニを整える」こと

一日を通して、アグニを整える取り組みをいくつか記載します

朝一番の白湯

私がこの約1年半、毎日欠かさず続けていることです

白湯の利点は多くの人がご存知かと思いますが
一回で変化を実感することもあれば
人によっては続けるほどに変化が現れることもあります

白湯は内臓をやさしく呼び起こしてくれるので
一日の始まりに相応しいのです

正しい白湯の作り方は

 1 やかんや鍋でフタをしてお湯を沸かす
 2 沸騰してきたらフタをあけてそのまま約10分沸騰させ続ける
 3 少し冷めてきたら(50~60度くらい)、
 すするようにして口の中全体で味わって飲む

朝一番にコップ1/2杯くらいを飲みます
大量に飲む必要はありません

一日を通して1時間に1度、
この量で白湯、または常温の水を飲みます

アーユルヴェティックな食事では
料理そのものに適度な水分と油分が含まれているので
上記の量で十分といえます

カパ優勢な体質の人は特に水分の摂り過ぎに注意です)17-07-25-08-40-36-552_deco

やさしい朝食

朝一番の食事は重要です
朝は“やさしく”、“作りたて”がポイントです

簡単な穀物系、(パンケーキキッチャリー)など
比較的オーグメンティングをしっかり取り入れた食事がすすめられます

活動量が少ない人なら、軽め、もしくは白湯のみでも調子が整うと思います

また、冬以外であれば大人ならあたためた、または常温での果物もよいです

アーユルヴェティックな朝食についてはこちら

少しのアサナ・散歩

3分でも5分でも、
するのとしないのとでは大きな差があると感じます
ヨガアサナは、体のエネルギーを微細なところから循環させます

古いものを送り出し、
新しいものを取り入れるのに、アサナは万能な動きとなります

外の風景をながめながらの散歩もとても良いです

一日のリズム、朝の始まりに身体を添わせると
私たちの身体はとてもよろこびます

私は時間のない朝でも
とりあえずヨガマットを敷き、
3~5分(時には2分しかないかも?)、
ゆったりとしたほぐしの動きと、
+太陽礼拝や後屈のアサナをして
体に活力を送っています

少しでも体がうんと爽快になって
脳のはたらきも明瞭になる感覚があります

おやつを飲み物に代える

アーユルヴェーダでは
“規則正しい食事”を重んじていて、そのためにおやつは不要、としています

そもそもおやつの文化は戦後、食物産業よりファストフードが宣伝されたことで一気に広まって定着したといわれています

妊婦や、8歳くらいの子供では時間帯をみておやつが必要な場合もありますが、その他ほとんどの人にとってはおやつなどの間食は消化力を弱めてしまいます

私自身はこれまで「おやつは欠かせない!」という執着がありました

今でも食後は甘いものが食べたくなることがありますが、以前のような人工的甘味は欲さなくなりました

初めのうちは、自らつくるアーユルヴェティックなスイーツを食べるようになって、段々とスイーツすら要らないと思うことが増えてハーブティーやチャイを飲むことで気持ちが落ち着くようになりました

ハーブやスパイスは、体に良いだけでなくマインドを沈静させる効果もあると、実感しています

恩師マイラの云っていた、
「人生に甘さがあればチョコレートは要らなくなる」
という言葉も、

頭でわかっていたところから身体でもわかるようになってきました

夕食を早い時間帯にする

上記のおやつにも付随しますが、
おやつを食べるくらいなら夕食を早めてはいかがでしょうか?

平日は難しい…
という場合にでも休日にならこれは実践できると思います

例えば‥
11~12時に昼食を摂る

約5時間後の16~17時に夕食を終える

その後はハーブティーで休息する‥

一日の最後の食事を早めに終えて心身ともにゆっくりと過ごす、

食後4時間以上経過した21~22時に布団に入り眠る‥

これだけでも翌朝にやってくる感覚はいつもと著しく違うはずです

アグニが十分に休まって、細胞レベルからきちんと心身ともに回復します

このように休息のための時間をしっかり充てることは自分へのやさしさとなります

生姜の前菜を取り入れる

食事をする際、
その食事の消化を促してくれる前菜が大いに役立ちます

食事開始~15分前にこの前菜を取り入れてみてください
生姜・岩塩・ライムまたはレモンで作れます

-レシピ- 生姜のアペタイザー

ギーを続ける

ギーを続けることで私には良い変化がたくさん訪れています

何をどのように食べるか?
食物も調理法も、大切なエッセンスです

すなわち、どのような油を使うかも重要です

食べた食物をエネルギーとして変換されるか
きちんと吸収・消化されるか

毒素があればそれを緩和させるか…?

すべて油が関わっています

ギーは手づくりで簡単に完成します

ギーの作り方

私の経験上、手づくりのギーは身体の内側から変化が起こります

約1年半の間、私と私のパートナーはほぼ毎日ギーを食べています

パートナーは、身長・体重はそのままに
中性脂肪だけが一年間で半分以下にまで落ちました

私は生理がとても軽くなり、
PMSもほとんどなく、
最中もうんとラクに過ごせるようになりました

ギーも白湯と同様、
一食ですぐに変化を感じることもあれば続けることでより大きな変化へとつながることがあります


私たちの身体は大事な資本です

健康であれば幸福は拡大するし、
幸福であれば健康は拡大します

アーユルヴェーダの智慧は、この双方の側面を偏ることなく見なさい、と教えてくれます

自分の意識と行動とが、真っ直ぐな結びつきをもって進んでいくことで私たちは“自分の人生”を深めることができます
20171109_090122151782437791.jpg


アグニを損なう習慣

「意識的」の反対にあるのは「無意識」です

アーユルヴェーダでは
病気の一番の手前の段階には「無知がある」としています

無知によって
無意識に選んでいることが、
知らず知らずのうちに自分のアグニを乱し、
損なわせているということがあります

【冷たいものを飲む・食べる】
・私たちの内臓は温かいので、
冷たいものを取り入れると消化力が低下します
・ピッタの増悪には
“冷まし効果のある食事”がすすめられますが、
これは“冷まし効果の食材や調味料・調理法”のことであって
“冷たいかき氷やアイスクリーム”を指しているのではありません

【汁物を食べすぎる】
・お蕎麦屋うどん、ラーメン(!)などは
汁物を摂りすぎる傾向があります
汁物が多い・食事中に水を飲み過ぎる、と
消化液が薄まって、かつ胃が膨張して消化が妨げられます

胃の中は
1/3が固形物
1/3が液体
1/3が空白
であると、もっとも消化がうまくいきます

【カフェインやアルコールの摂取】
・これらは刺激作用や抑制作用が強く、
結腸を常に脱水症状にします
水分を処理する腎臓にとって負担になります

【食べすぎる・食べなさすぎる】
・アグニには定期的にエサが必要です、と
恩師マイラ教えてくれました

消化器官は日々のリズムを覚えて、
それ通りに働こうとします

不規則に食べたり食べなかったりすると、
消化器官が
吸収・消化のための準備ができないままに働き出すため
未消化物や毒素を作り出す原因となります

【よく噛まずに飲み込む】
・慌てて飲み込む理由は何ですか?
よく噛むことで
口の中で酵素が作られ、消化もうまくいきます

固形物のまま飲み込まれたものは正しく消化されず、
食べても栄養が取り込まれません

ただ出て行ってしまう、未消化物として蓄積されます

よく味わい、液状になるまできちんと噛みましょう

昔から言われてきた「よく噛んで食べるのよ」のこと

【体質に合わない食事を続ける】
・アーユルヴェーダでいわれる
ドーシャバランスをご存知でしょうか
「ヴァ―タ」「ピッタ」「カパ」
これらはそれぞれ性質も作用も異なります

私たちはドーシャのすべてを持っていますが
その時々で優勢なものが変化しています
(天候・季節・環境など‥)

“似たものが似たものを引き寄せ、相反するものがバランスをもたらす”

というアーユルヴェーダのことわざの通り、
私たちは“その時にもっている性質とは逆のもの”を
食事でうまく取り入れられるとバランスします

以下の性質からどんな食べものを連想しますか?
「ヴァ―タ」の性質=軽・冷・乾
「ピッタ」の性質=熱・油・鋭
「カパ」の性質=重・油・冷

ではその反対の食べ物はどのようなものでしょうか?

ヴァ―タの働きと沈静方法
ピッタの働きと沈静方法
カパの働きと沈静方法

【感情・記憶に滞りがある】
“体調が優れないとき、
感情のつまりがなければ、何を食べたかでその原因がわかる”
とマイラは云いました

逆に言えば、感情のつまりがあれば
良いものを食べていてもきちんと消化されない、ということです

例えば私が有機野菜を買ってきて、
アーユルヴェティックな調理法で食事を作ったとしましょう
そしてそれを食べます

しかしその間、私がずっと激しく・重い感情を抱いていたら
料理も消化もうまくいかないでしょう

そこには“正しさ”はあっても、原理原則がないからです


アーユルヴェーダの原理原則は
“シンプルでサットヴァであること”に根差します

反対に、
有機野菜でなくても手に入れた食材に愛を持って
自分のため、家族のために
サットヴァをこめてつくられた食事は消化しやすいです

食べるとき、そこに幸福感や穏やかさにあると
食べ物が体にきちんと滋養を与えてくれます
dsc_06762036912201.jpg


2017年11月、日本人初参加にて行われた
Hale Puleの認定アーユルヴェーダシェフトレーニングでは
上記のような
「アーユルヴェーダをホリスティックに捉える取り組み」を
アーユルヴェーダ料理の調理法も交えて
100時間にわたって実践しました

マイラがアーユルヴェーダやヨガに関して
云ってくれた言葉で記憶に残っていることがあります
「ルールではないのです、選択をするだけ」
「どうしてマインドに振り回されなければならないのですか?」

というもの
13

自分の状態を「直視」することは、
自分に「正直」になること

「受容」することは、自分を赦すこと

「取り組む」ことは、
自分の高い意思=ハイヤーセルフとつながること

そのような教えとして、私は解釈し、
自分なりに実践を続けています

今後も私ができることは
“自分の人生”での
“一歩外へ出た”、経験です

あなた、わたし
わたし、あなた

すべてのオリジナルがサットヴァに向かいますように


バランスをもたらす食事
食材のセレクトと調理法と食べ方のこと
「おいしい人生」のための
アーユルヴェーダお料理教室を開催しています

cooking / practicescreenshot_20181026-1218412093312485.png

いつも愛をここに

“自分を知ることによる幸せ”
ヨガとアーユルヴェーダと食事
全米ヨガアライアンス認定 ヨガ指導者
Hale Pule 認定アーユルヴェーダシェフ
kaori

Posted by:anandalife1007

コメントを残す