グナとは

「3つのグナ」

・マイナスイオン・癒し・調和
・慈悲・純粋・愛情・叡智・幸福・明るみ
→ サットヴァ

・動的・騒音、乱暴、凶暴的・衝動
・刺激・欲望・利己的・散漫
→ ラジャス

・不活性・暗闇・罪・鬱・怠惰
・執着・重さ・暗闇・死
→ タマス

 

ドーシャが「性質」なのに対して
グナはより心的な「気質」として考えられる

ドーシャの内側にグナがあって、
より微細なものという捉え方

例:
・サットヴァが増えるとヴァ―タが穏やかに
・ラジャスが増えるとヴァ―タ・ピッタが増悪する
・タマスが増えるとカパが増悪する
→グナの状態によって
個々に考え方や心理状態に差が生まれる

 

 

・サットヴァに居る
私たちには
生まれながらにサットヴァがあります

サットヴァは
自分、相手をやさしく、幸せにします

サットヴァが自然と芽生えるもよし、
サットヴァを実践することで
サットヴァを増やすもよし

サットヴァによって調和・平和がもたらされ、
今いる状態・環境に安堵を見出します
心身ともに痛みがなく健康で、
幸福そのものでいられます

 

・ラジャスに流される
“動的”作用をもつラジャスは
私たちの活動源であり、
何をするにも適度にラジャスが必要です

しかし、
動き過ぎる・刺激性の強すぎるものは
身体を疲弊させます
よってラジャスが過多になるとタマスに陥ります

大音量の音楽や刺激的な味のする食事は
ヴァ―タピッタを増悪させます
カパにとって適度にラジャスが必要です

 

・タマスに沈む
“惰性”であるタマスは
私たちを低いところに陥れます

タマスは
生命エネルギーが欠如している状態で
私たちを不動にします

無気力感、妬み、鬱などを抱きやすくなり、
物事や感情を溜め込みがちになります

タマスはカパをより早く増悪させます

 

3つのグナを知る/心を司るもの

その食べ物の性質は?
/体と心に直接作用する3つのグナ【食材リスト一覧】


 

 

アーユルヴェーダの【基本の基本】

アーユルヴェーダ初心者の方向けに、
アーユルヴェーダのことをお伝えするうえで
知っておくと理解・応用を深めれる
「基本的な用語・こと」についてを
簡単にまとめています

概要をシンプルに捉えていただけるよう、
分かりやすい記述を心がけています

ぜひ参考にご覧ください

 

ブログをメールで購読

投稿と同時にお知らせをご希望の方は
本ページ下部より
メールアドレスをご登録ください (無料)

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
> A y u e v e d a お料理教室
> Ayurveda × Yoga
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

Posted by:anandalife1007

コメントを残す