第一期 全 5 日間のレポート記事はこちらから


A y u r v e d a  H o l i s t i c

基 礎 講 座


開催日:

2020 3 月 25 (水)~ 6 17 (水)
2020 3 月 28 (水)~ 6 20 (土)

1 日 2 部制にて 2 週に 1 度の受講 / 全 5 日間 / 計 30 時間 – 約3か月のクラスです

(水)クラス 開催日
3 / 25 】【 4 / 8 , 22 】【 5 / 13 , 20
6 / 17

(土)クラス 開催日
3 / 28 】【 4 / 11 , 25 】【 5 / 9 , 23
6 / 20

6 / 17 】【 6 / 20 】は修了式です
参加できない回がある場合には別日振替にて受講いただけます(別途料金)

受講時間:

調理編 / am  9 : 30 ~ 12 : 30
講義編 / pm 13 : 30 ~ 16 : 30

1 2 部構成にて学んでいきます
12 : 30 – 13 : 30 は昼食・休憩時間となります

開催地:

東京都中央区 勝どき駅 より 徒歩圏内
東京駅・銀座・築地方面 / 豊洲・月島方面 ~
直通バスあり

詳細はご予約時に案内します

< 遠方よりお越しの方へ >

講座前日や当日ご宿泊いただける部屋を特別価格にてご用意します(先着順)
・1 泊 5,000  >> 3,000 / 1 部屋 2 名様まで

詳しくはこちらをご覧ください

講座の特徴:

アーユルヴェーダの基礎理念を一から学び、
自分らしい人生を築くための
「食事」と「暮らし」を体現的に学ぶ講座です

1 2 部構成 / 全 5 日間のカリキュラムにおいて、3 か月間かけて学ぶことで実生活に根付かせ、変容に時間をかけて取り組んでいただきます

アーユルヴェーダの原理原則を着実に学んでいきながら、健やかな肉体と豊かな精神を育むためにはどのようなことを日常に取り入れたら良いかを具体的に習得できる講座です

講座を通して理解を深めていただけること

自分の体質 / 心の性質・傾向
体と心にバランスをもたらす食事内容と暮らし方
本調子を高めていくための食材選びや調理法の施し方

— — — — — — — — — — — — — — — —

「調理」「講義」の両面を通して
アーユルヴェーダをより身近に

– 調理編
/ やさしく目覚めるアーユルヴェーダ 朝食レシピ
/ 活力をもたらすアーユルヴェーダ 昼食レシピ
/ 体を癒すアーユルヴェーダ 夕食レシピ
/ アーユルヴェーダの軽食、おやつレシピ
/ 家族のためのアーユルヴェーダレシピ

など、身体と心にバランスをもたらすアーユルヴェーダ料理 全 25品以上の実践、実食

>> 調理編 詳しくはこちら

– 講義編
/ ドーシャ・グナ・アグニ・アーマ・ダートゥ
/ 食材の性質・食事の献立構成・ハーブとスパイス
/ 女性性男性性・オージャス・胎児・子ども
/ サットヴァ・ディナチャリヤ・衣類・持ち物 … etc

など、アーユルヴェーダの体質理論、心質、健康寿命を促進する一日の過ごし方を含む生活様式を講義内で習得

>> 講義編 詳しくはこちら

対象者:

・アーユルヴェーダ初心者様向け
・料理経験・年齢不問

第一期生 受講者様 ご紹介

生涯通して 役立てる原理原則

人生の土台は
「食事」と「暮らし方」に在ります

体の本調子、個の才能はすべてここから始まっていきます

自然界にある原理原則を紐解き、
自分自身の身体と心に目を向け、
人生の様々な場面で創造力を発揮できるように
とアーユルヴェーダは導きます

そのためには、じっくりと学ぶこと、
少しずつ実践し、続けることが大切です

Ayurveda Hollistic 基礎講座のカリキュラムは
私自身も実際にアーユルヴェーダとヨガの
長き実践者である匠マイラ・リューイン
[ Hale Pule ] から授けられた智慧と実践内容を軸としています

加えてアーユルヴェーダの最古典
チャラカサンヒターの記述を押さえ、
伝統的な智慧を網羅する内容です

現代において実生活でどのように活かす事ができるかは、自身の日常で活きている事柄やこれまでに Ananda のプラクティスを受講された皆さまから寄せられた様々なお声・リクエストを反映し、ブラッシュアップしています

一人暮らしの人、
仕事で毎晩帰りが遅くなる人、
自分以外に食事を食べてもらう家族がいる人、
今後 妊娠・出産を考えている人、など
様々な人の背景に焦点を当てながら進めていく内容になっています

カリキュラム・テキストは講座中だけでなく、人生を通して役立てることのできる内容で構成しています


>> お申込みはこちらから


修了証の授与:

全 5 回のクラスを修了後、アーユルヴェーダのカリキュラム 30 時間の受講を証明する「修了証」を発行します
修了証はアーユルヴェーダの基礎理念を習得し、またそれを 3 カ月間かけて実践したことを認定するものです
人生での自身の指針として、またお仕事などでのツールとしてお役立ていただけます


受講料:

91,000 (税込)
【講義編・調理編カリキュラムテキスト /  調理レクチャー /  食材費 /  ランチ /  修了証 /  受講者限定特典 込み】

* お支払い方法
事前振り込みにてご対応お願い致します

一括払い / ・三分割払い ( 申込み月より 3 ヵ月間 にてお支払 ) 


このような方におすすめ:

アーユルヴェーダに興味がある
アーユルヴェーダを一からじっくり学びたい
体に良い食事を自分で作れるようになりたい
心身の免疫を取り戻し整えていきたい
日々自然と継続できることを知りたい
健康の本質、実践を体験したい
不調の本質、緩和、改善にアプローチしたい
家族の健康と幸福を築き守りたい
知識型より実践型で学ぶのが合っている
自分の人生にもっと踏み込んでいきたい
今後の仕事でアーユルヴェーダの原理原則を活かしたい

アーユルヴェーダ初心者様にこそ
受講いただきたいプラクティスです


>> お申込みはこちらから


ご受講を決められた方のお声


「アーユルヴェーダをもっと知り
 自分の体質改善に繋げたいと思った事と、
 知らなすぎるアーユルヴェーダを
 もっと知り日々に取り入れたいたいと思ってます

 また、かおりさんに定期的に
 お会いできると思うと嬉しくて決めました!」

「お料理教室を受講させて頂いてから
 身体と心の変化を感じ、
 もっと深く根本から知って
 家族と自分自身も
 健康的な生活を送れたらと感じました」

「初めての一人暮らしの中、
 料理も頑張りたいし、
 どうせやるならアーユルヴェーダから学びたい、
 自然と共存した健康づくりを実践したいという
 思いから、参加を決めました

 植物も大好きで、
 地球環境のことを考えるのも好きなので、
 植物からのパワーを頂きながら、
 それを地に還元していく
 持続可能な生活を学びたいです」

「お料理教室に参加させていただいたり、
 実践しますが、なかなか続かず…
 もっと深く自分のことも知りながら自分を大切し、
 それから周りの人も
 大切にできるようになりたいと思ったからです

 また母が子宮頚がんの検診で
 3ヶ月に一度経過を見ることになったので、
 母にもなにかアドバイスが
 できたらいいなと思っています」

「アーユルヴェーダの料理自体もそうですが、
 自分の人生に責任を持てていない気がして、
 この講座を通して、本来の自分を取り戻して、
 少しでも自分の生きたい道は
 なんなのかを明確にして
 自分らしい人生を生きたいと思ったからです」

「アーユルヴェーダをしっかり学んで
 心と身体のメンテナンスをしたい」

「しっかり教わるならば
 絶対にかおりさんがいい!と思ったので
 (感覚、波動が心地よいだけでなく、
 常に学び続けて、実践しているから)

  Ayurvedaを実践して
 心身浄化されていく感覚があり、
 もっと広めたい!と思ったから」

「以前から
 アーユルヴェーダーには興味はありましたが
 難しそうでなかなか踏みこめませんでした

 Instagramで拝見して、
 素敵だな、受講してみたいなと思い
 参加を決めました。

 秋から習ったことを生かし
 料理教室を開催したいと思っております」


第一期生 受講者様のお声ご紹介

第一期生受講者様のお声、
フィードバックをこちらで紹介しています

第一期 全 5 日間のレポート記事はこちらから

>> お申込みはこちらから


スケジュールとテーマ:
内容はクラスの進み具合等により変更となることがあります

第 1 章
【 3 / 25 水】【 3 / 28 土】

アーユルヴェーダとは

9 : 30 ~(調理)
・やさしく目覚めるアーユルヴェーダご飯
朝食レシピ

13 : 30 ~(講義)
・ドーシャとは? 五大元素と人体との関係
・グナとは? 心、傾向と作用のつながり
・アグニとは? 消化力、対処能力、免疫力を司るメカニズム

*12 : 30 ~ 1 時間の休憩となります

 ———-

第 2 章
【 4 / 8 水】【 4 / 11 土】

アーユルヴェーダを通して
自分自身を紐解く

 9 : 30 ~(調理)
・活力をもたらすアーユルヴェーダご飯
昼食レシピ

13 : 30 ~(講義)
・アーマとは? 未消化物と毒素の形成背景、病気の素とその過程
・食物の性質 / 健康のための献立における黄金比とは
・アーユルヴェーダスパイスとハーブの効果効能 / 作用

 *12 : 30 ~ 1 時間の休憩となります

 ———-

第 3 章
【 4 / 22 水】【 4 / 25 土】

体を思う分、心は整う

 9 : 30 ~(調理)
・体を再生するアーユルヴェーダご飯
夕食レシピ

13 : 30 ~(講義)
・女性性と男性性、思考とマインドの成熟について
・胎児、子供の発育を愛でる重要なプロセス
・生命エネルギー、プラーナの巡りを知る

*12 : 30 ~ 1 時間の休憩となります

  ———-

第 4 章
【 5 / 13 水】【 5 / 9 土】

日々の暮らしから
本調子を築く

 9 : 30 ~(調理)
・滋養溢れるアーユルヴェーダベイク
(おやつ)、軽食レシピ

13 : 30 ~(講義)
・活力の素、サットヴァを増やして日々健やかに
・一日の叡智に従う過ごし方“ディナチャリヤ”の実践

・人生の健やかさを自宅のスペースに宿す方法

*12 : 30 ~ 1 時間の休憩となります

  ———-

最 終 章
【 5 / 20 水】【 5 / 23 土】

アーユルヴェーダの実践が
照らす

唯一無二の命

 9 : 30 ~(調理)
・家族のため、癒しのためのアーユヴェーダ
アレンジ

・不調からの回復レシピ
・アーユルヴェーダ歯磨き粉づくり

13 : 30 ~(講義)
・人間としての“人生での 4 つの目的”
・需要、リクエストに応じて総集編

*12 : 30 ~ 1 時間の休憩となります

  ———-

最終日 修了式
【 6 / 17 水】【 6 / 20 土】

11 : 30 ~ 14 : 30 (予定)
・修了証授与
・できたてのアーユルヴェーダ料理お食事会

[ご質問・リクエストはお問い合わせください ]

〈 調理編 〉
1. やさしく目覚めるアーユルヴェーダご飯 朝食レシピ

2. 活力をもたらすアーユルヴェーダご飯  昼食レシピ
3. 体を再生するアーユルヴェーダご飯  夕食レシピ
4. 滋養溢れるアーユルヴェーダベイク(おやつ)・軽食レシピ
5. 家族のため、癒しのためのアーユルヴェーダ  アレンジ・不調からの回復レシピ

〈 講義編 〉

ドーシャとは? 五大元素と人体との関係
グナとは? 心、傾向と作用のつながり
アグニとは? 消化力、対処能力、免疫力を司るメカニズム
アーマとは? 未消化物と毒素の形成背景、病気の素とその過程
食物の性質 / 健康のための献立における黄金比とは
アーユルヴェーダスパイスとハーブの効果効能 / 作用
女性性と男性性、思考とマインドの成熟について
胎児、子供の発育を愛でる重要なプロセス
生命エネルギー、プラーナの巡りを知る
活力の素、サットヴァを増やして日々健やかに
一日の叡智に従う過ごし方“ディナチャリヤ”の実践
人生の健やかさを自宅のスペースに宿す方法


>> お申込みはこちらから


本講座では受講者様一人一人にとっての「本当に活きるアーユルヴェーダ」をテーマとし、「実際の暮らしに活かせること」を明るみにしていきます

講師:Kaori より

あなたの人生で “楽しみ” は何ですか?

アーユルヴェーダは
人生で最大の楽しみを与えてくれます

「身体を使い、心を感じ、毎日を生きること」
それは、
・じぶんの本質を見つけ、
・それに見合うこと、
・発揮できることを見つける手立てになります

大きいなる道が開けるかもしれないし、
今いる場できちんと咲くこともその内のひとつです

どちらでもいい、
何でもいい、
それは“自分との真のつながり”があれば同じ意味なのです

私たちはこの地球上で
もっとも「ホリスティック」な生き物です

物事を感じ、考え、選び、行動ができるのは
唯一人間だけに授けられたギフトです

アーユルヴェーダやヨガは
このギフトをより楽しんで扱うための手段を与えてくれます

アーユルヴェーダの原理へと理解を深めながら
自分自身や周りとの関係性で
新しい発見に迎えること、
その実践力を育むにあたって
本講座を開講できることに
今、心からの歓びを今感じます

ここまでに導いてくださった
繋がりあるすべての皆様、恩師、パートナー、に感謝を捧げます

皆様にとっての“内なる歓び”がさらにひらきますように

///


第一期生 受講者様 ご紹介


ご利用規約
キャンセルポリシー

Posted by:anandalife1007

コメントを残す