昨夜、久しぶりに夜の街に繰り出しました

(写真を一切撮っておらず別日昼間の写真で失礼します)

 

夜の街(特に都会)には
ラジャスがすごく溢れていて、
タマシックなエネルギーも盛んです

(私はそれをすでに十分に知っています)
久々に自分の身体をそこへ追いやることは
私にとって勇気の要ることで

光も音も臭いも空気もものすごかったし、(!)
びっくりして思わず笑みがこぼれていました、
一人でいたのに(笑)

それから目が点になり
あたりをキョロキョロ、‥

一瞬にして自分のなかの
ヴァ―タがざわざわし出したのに気づきました

 

けれどこの時私は、
その場に居ながらもあえて心を閉ざさず

人工的につくられた光や
その他創作物をただ眺めることにして、
「すごいもの作ったよな~」と
半ば感心にも似た思いで、
ひとつひとつ観察する経験を選びました

(この中で健全に暮らし続けることは
容易じゃないよな~とも考えながら‥)


私に必要だったこと

とてもリスキーな選択でしたが、
この日私が頑張って夜の街に繰り出したのは
パートナーとともに食事しながら
ゆっくり話をしたかったからです
連日終電帰りだったので、(といっても3日)
今日はゆっくり顔をあわせて食事を、と思ったのでした

 

滞在は19:00~2時間ほどで、
奇跡的に
開放的かつ静かで和やかなお店を見つけれたので
そちらで夕ご飯をいただき、帰りました

アーユルヴェーダ的お店でもなければ
菜食メインでも、
和食のお店でもありませんでしたが、
そこの空気が、店員さんの感じが良かったです

(私の外食時の判断軸はたいていそういう点です)


迷いも受容する

私も生身の、未熟な人間ですから、
毎日家で一人で食事を作って一人で食べていると
「寂しいな」と思うことがあります

 

(この上なく美味しいのだけれど!‥)

 

なぜ寂しいと思うのか?
それと向き合い、取り組み、実践を続ける、
ということにできるだけ徹しても

「今日こそは一緒がいい」
と私の中のチャイルドが勝る日が時々やってきて

そんな日は迷わず
彼のもとへすっ飛んで行くことにしています
(大体2ヵ月に一度くらいの頻度で)

 

そちらへ行こうかしら?
と一本連絡を入れると
彼も幾分早くに仕事を切り上げてくれるので、
私の想いを察してくれているのだと思います
お恥ずかしながら
私にはまだまだ彼の支えが必要なのです


アーユルヴェーダライフって?
15249532726422012220273.jpg

自分の身体と心の世話をし、
サットヴァを養う毎日

それがアーユルヴェーダライフだと私は捉えています

 

毎日自然のリズムに沿って寝て起きて、
自給自足の暮らしをして
体を健康に、
心を穏やかに保つ

それができたなら なんて最高!
とも思いますが、
今、都会に暮らす人たちにとっては
今の都会人なりの創意工夫が必要です

それは、
行動を意識的にすること、
その中でかなうこととかなわないことの折り合いをつけ、
自分と周りにとってできる
“ベスト”を選択し続けることです
物事が大きく、一気に変わっていく社会では、
自分の冒険や変化は着実に、
ゆっくりと深めていくことが大切です

何より、
その道のりで、自分に執着なく自分を知ること
この実践に向かうかどうかが重要ではないでしょうか

・自分のしたいこととしたくないことをはっきりさせる
・感じたいことと感じなくて良いことをはっきりさせる
・曖昧さも受け入れる、受容してただ手放す
・食べすぎも食べなさすぎもしない
・お酒などの興奮剤がなくても楽しめる身体と心でいる
・すでにある充足感に気づく…

自分のためや相手のための本当の実践て、何かな?

その本質的な意識によって感じ取れることから
初めて、小さなよろこびや
穏やかな幸福感を経験できます

 

物事も自分も、裏表・前後の流れがあります

それを客観的に見つめれたなら、
きっと新しい感覚に気づけるはずです


ちなみに

外食することのデメリットは
・自分の身体に合った内容で取り入れることができない
・栄養素を十分に組織に送ってあげられない
・お腹に膨張感があらわれやすい
・作り手の愛情を十分に感じられないことがある ‥
などです

 

メリットもあります
・遅くならないうちに、食べたいときにさっと食べれる
(まず働き方や生活全体の優先順位を見直す必要がありますが)

・愛する人と待合せやすく、顔を合わせて食べる機会になる

・世の中の流行りや人の流れを観察する機会になる

 

 

上記からみて、
今日の自分をどのように扱うかから
直感的に考え選択してみてください


生活全体を通して
自分の内側が歓んでいることが大切

アーユルヴェーダライフでは
食事だけでなく生活全体を通して
自分の内側が歓んでいることが大切です

 

今日は外食をしますか?
家に帰って自分のため、
家族のために簡単でも手料理を作りますか?

外側に意識を向ける日にしますか?
静かに自分と向き合う時間にしますか?

・・・・

 

深い心地よさがそこにあるか?

「これだな」と思う選択が、今の自分にとって正解です15249532726422012220273.jpg

 

こちらもあわせてご覧ください

初めてのアーユルヴェーダ/普遍的な幸福の探求

なぜ体によい食べ物を食べるのか/外食とのつきあい方

 


 

バランスをもたらす食事
食材のセレクトと調理法と食べ方のこと
「おいしい人生」のための
アーユルヴェーダお料理教室を開催しています

cooking / practice

 

いつも愛をここに

“自分を知ることによる幸せ”
ヨガとアーユルヴェーダと食事
全米ヨガアライアンス認定 ヨガ指導者
Hale Pule 認定アーユルヴェーダシェフ
kaori

 

 

 

Posted by:anandalife1007

コメントを残す