冷ましと温め、
軟らかいと硬い、

これらは相反する性質です
互いに両極端に存在することでバランスを保っています


私たちを取り巻く
「20の性質」と「10の組み合わせ」dsc_9709967405887.jpg

毎日の最先端な情報、商品よりも
普遍的な事実の方が自分にとって役立つことがあります

それがグルヴァディ・グナです

グルヴァディグナは、
この世のすべてのものに存在する20の性質のことで、
それぞれに10の組み合わせに分けられます

これらは身体と心を丁寧に扱うためのガイドとなります

この世のすべてを表す「20の性質」

アーユルヴェーダの聖典“ヴェーダ”では、以下20の性質が記載されています

「冷」「温」「湿」「乾」
「重」「軽」
「粗」「微」
「固」「流」「静」「動」

「鈍」「鋭」「軟」「硬」
「滑」「荒」「濁」「清」‥

これらが地球上のすべてのもの
=天候、環境、食べ物、人体、心に存在し作用を起こすと考えられています

互いにバランスを保つ「10の組み合わせ」

相反する性質同士の10の組み合わせが以下です

「冷」-「温」
「湿」-「乾」

「重」-「軽」
「粗」-「微」
「固」-「流」
「静」-「動」
「鈍」-「鋭」
「軟」-「硬」
「滑」-「荒」
「濁」-「清」

それぞれの性質は正反対にあるので、相反するもの同士が支え合い、補い合うという理念に基づいています

カサカサに乾いた体と心へは、しっとりしたなめらかさを、
濁ってしまった場には清らかさを、ということなのですね


グルヴァディグナを知って
もっと料理を創造的にimg_20180914_162635_187501861830.jpg

グルヴァディグナを知っておくと
“今の自分にベストな食事”が簡単にわかるようになります
(暮し方やケアもわかってきます)

まずはなんとなくでも、グルヴァディグナへの理解が根付くと、日々の観察対象が豊かになります

アーユルヴェーダのグナの見方は古代より自然の摂理に沿っているので、大きく反れぬよう実践がかなえば同時に健やかさもかなえるのです

(個人のユニークさ・歪みは【ドーシャについて】を参照ください)

自分の身体を慈しみ、
心を整える術を、
ぜひグルヴァディグナを通じて実践してみてください


環境と体調からみる料理   – 例 –

dsc_98761814736867.jpg

寒いときに温かいものを、
暑いときには冷ますものを、
というのは誰でも分かりやすいシチュエーションです

私たちの身に、心に起こる作用は
実はもっと多様でユニークです

いくつかのシチュエーションをもとに、
すすめられる料理・その他エッセンスなどを記載しました

湿気の多い日や花粉などで鼻づまりがひどく感じる日

湿気の多い日、アレルギー症状が重く出る日は、
「湿」「重」「濁」の性質が増大していることが考えられます
その反対の作用は「乾」「軽」「清」です

・脂っこいものや揚げ物を避け、
・茹でたり軽くソテーした野菜、
・消化に負担がかかる玄米よりは白米、
・お肉やお魚を食べる際には
煮たり蒸したりしたものがおすすめです

「湿」「重」「濁」の性質が増大しているときは
アグニが弱っていたり、カパが増悪している場合もあります
>あなたの生命力は?/アグニのこと
>【カパ・水の性質】動きと沈静法

台風で荒れた天気の日

台風の日には、
主に「荒」「粗」「鋭」の性質があります
(その時々によっても変わりますが)
反対の性質は「滑」「微」「鈍」です

・サクサクふわふわした食感がする揚げ物やパン、
スナック菓子などは控えます
・間食する際でも気持ちを落ち着かせる効果のある
旬の果物1-2切れ(適量)か、ふかした芋(適量)
・あたたかく油分を含んだ煮物や温かい鍋
(生サラダなど身体を必要以上に冷ますものは避ける)
・根菜類を煮て(サツマイモやカボチャ、人参など)で心に根を張らせる
(台風など荒れた天気の際は心も体も浮ついているため)

台風の日では様々な場でエネルギーが散漫とします
グラウディングできる食事、暮らしを意識しましょう
>「あれもしなきゃこれもしなきゃ」ヴァ―タの浮足

心が落ち着かず鋭い気分の日

そんな日、心ではきっと
「軽」「荒」「鋭」の性質が多く作用しています
その反対にある性質は「重」「滑」「鈍」です

・辛いもの、酸っぱいもの、刺激的なモノではなく
渋味、苦味を取り入れた落ち着いた料理にする
・葉野菜、ねばねば系、豆類、を食事全体の4割に取り入れる
・ポタージュや煮た野菜、マッシュした芋類など、
“ほくほく”した“落ち着くもの”を取り入れる
・濃い味付けは避け、適量~少し薄い味付けにして心をやさしくする
・すすって食べる麺類より、しっかり噛み応えのある米を食べる

気分が鋭い日、落ち着かない日は
ヴァ―タやピッタが増大していることが考えられます
>【ヴァータ・風の性質】動きと沈静法
>【ピッタ・火の性質】動きと沈静法

体も心も重く鈍い日

季節の変わり目、または慢性的に
このような状態に陥ることもあるかもしれません
この時体や心では「鈍」「硬」「濁」の性質が
優位になっていると考えられます
(個人差によって変動するでしょう)
この場合の反対の性質は「鋭」「軟」「清」などです

・消化に負担のかからないキッチャリーがベスト
・心を落ち着かせるワンプレート料理
良質で消化できる油
(ギーやごま油、ひまわり油など)

適量~少な目に
・水分を適量含み、十分に加熱して軟らかくなった食事
(煮物、茹でたものなど)
穀物と野菜をバランスよく取り入れる
・肉や魚は食べる場合には全体の30%以下に押さえる

体も心も重いときはアグニ(消化力)も弱っていたり、
タマスが増大していることが考えられます
>今日から始める「アグニを整える」こと
>タマスに引きずられない生き方


ドーシャごとに適した調理法 –  例-

dsc_03191414295275.jpg

自分のドーシャバランス、傾向を知っていれば
それをもとにグルヴァディグナを活かすこともできます

ヴァータ 消化力 / 不規則
生まれつきヴァータが優勢な人や季節的にヴァータが増大時、
忙しく動き回った日や心がなんだか浮ついている、
あれこれ考えが増えたり、不安や恐怖心があるとき
・油分と水分を十分に含んだソテー(炒め煮)、オーブンロースト
・ブレンダーで砕いてなめらかにする

ピッタ 消化力 / 早い、燃やし尽くす
生まれつきピッタが優勢な人や季節的にピッタが増大時、
競争、興奮状態にあった日やなんだか気持ちが攻撃的、
完璧を突き詰めすぎたりイライラしているとき
・油分控えめ、水分を適用含ませたソテー(炒め煮)、ロースト
・ブレンダーで砕いてなめらかにする
・蒸す

カパ 消化力 / 遅め、弱め
生まれつきヴァータが優勢な人や季節的にヴァータが増大時、
身体も心もゆっくりと活動していて重さが優位に感じる、
執着や愛着心が強い、変化を恐れているとき
・油分と水分を十分に含んだソテー(炒め煮)
・茹でる


創造性を発揮する調理例

dsc_04261095226005.jpg

同じ食材であっても調理法一つでグルヴァディグナは変わります
以下を参考に、様々な調理法を楽しんでください

オーブンで焼く
【性質】
柔、重、濃、甘

【状態】
じっくり火が通って食材の甘さが強く出る、
形状はほとんど変わらない


ブレンダーで砕く
【性質】
滑、柔、濃、細
【状態】
とろっとしたスープ状、クリーム状になる


茹でる
【性質】
最も軽い、柔、動

【状態】
ゆで汁に栄養が逃げる、
アグニが弱いときにラクに消化できる


ソテー
【性質】
油、湿、重

【状態】
栄養、水分、味を食材に留めておける


蒸す
【性質】
軽、柔、動

【状態】
火の通りやすい繊細な食材に向いている

浸水
【性質】
柔、湿

【状態】
乾燥したホール状の豆や
ドライフルーツを調理・消化しやすくする


トースト
【性質】
乾、硬、軽、苦

【状態】
種やナッツ、穀物を軽くするのに適している

すべては“バランス”から生まれるということscreenshot_20180920-1526362049398085.png

似たものが似たものを引き寄せ
相反するものがバランスをもたらす

アーユルヴェーダの古いことわざにもあるように、
私たちは自分と似たものをもっと欲しがる傾向にあります
が、実際には
反対のものの方がバランスをもたらすという事実があります

グルヴァディグナを念頭に置き、
“今はどうかな?”という直感と創造力を掻き立てて、
愛情をもって食事や暮らしに取り入れられるといいですね

生きるほどに毎日が豊かでありますように


バランスをもたらす食事
食材のセレクトと調理法と食べ方のこと
「おいしい人生」のための
アーユルヴェーダお料理教室を開催しています

cooking / practicescreenshot_20181026-1218412093312485.png

いつも愛をここに

“自分を知ることによる幸せ”
ヨガとアーユルヴェーダと食事
全米ヨガアライアンス認定 ヨガ指導者
Hale Pule 認定アーユルヴェーダシェフ
kaori

Posted by:anandalife1007

コメントを残す