アーユルヴェーダの原理から食事を見ると、
これまで“普通”に取り入れていたことの多くがひっくり返されるような経験をするかもしれません

“体がどう感じるか”を直接的に経験しましょう、
“原因と結果”を見つめましょう、
アーユルヴェーダはそういいます

前提にシンプルな原理があります

「古い果物、未熟の果物、
 昆虫・動物・雪・日光によって傷んだ果物、
 不自然な場所や季節に成った果物、腐った果物は食用に適さない。」
アーユルヴェーダの古典
チャラカサンヒター第1巻27章316-318 より


「食べ合わせ」が
「消化不良」を起こす?

食事そのものが「療法」であるアーユルヴェーダは、
食材同士のかけあわせ、
「食べ合わせ」に関しても一定の掟があります

胃の中で食べ物が消化される際、
その食べ物同士の組み合わせやバランスが悪いと消化が順調に行われず、未消化物を形成したりそこから毒素が蓄積します

相性の良い食べ合わせは良い作用を、
相性の良くない食べ合わせを常食するとそれが肌トラブルや他アレルギーを引き起こす原因になります

食べ物の質と作用を尊重した食べ方が = 身体にも適切であることを意味します

今回はまず、「避けたほうが良い食べ合わせ」についてお伝えします

以下はひとつのガイドラインとして認識し、自分の体の反応につき従い変化をもたせ継続的に実践を取り入れてみてください

===========================

果物

果物はまず前提に単体・単独で食べることです
果物自体に消化酵素が含まれるため消化が早く、消化管を早く通り抜けます
ほかのものが一緒にあるとそれは消化管で残り、小腸で酸化を引き起こします
(これが未消化物、毒素の形成、アレルギー症状の原因になります)

NG例
・果物+牛乳、ヨーグルト、乳製品全般
・果物+穀類、パンやご飯、パンケーキ、スイーツなど
・果物+何かほかの食べ物
(一部気候や性質上によって例外になることもあり、
果物を加熱した際に性質が変わることもある)

果物は別に食べる。 
なぜ?
それは果物は他の大多数の食べ物よりも速いスピードで消化されるためです。
果物を他の種類の食べ物と一緒に食べると、
消化に時間がかかる食べ物に合わせてゆっくり消化が進みます。
すると一部の食べ物は消化管に足止めされて発酵し、ガスが発生する、
お腹が張る、ゲップが出る、などの症状が出てしまいます。
ヒント:果物の中でもメロンは特に消化が速いため、単独で食べましょう。

参考文献:Hale Pule

===========================

牛乳
(ヨーグルト・チーズ・乳製品)

牛乳やほか乳製品も果物と同様、単体・単独で飲むようにします
牛乳やほか乳製品は過度な加熱処理をしていない新鮮な乳が体の滋養になります
牛乳やほか乳製品は重性ですので、ほかのものが一緒に含まれ体に入るとアレルギー症状を起こすことがあります

NG例
・牛乳+とバナナなど他フルーツ全般
・牛乳とお肉、お魚など動物性食品との組み合わせ
・牛乳+パンやご飯などの穀物、ほか食品全般

 豆類やチーズ、ヨーグルト、卵などの重い食べものを、
一度の食事でたくさん食べることを避ける。
なぜ?
多量の重い食べものは消化を遅らせてアグニを弱らせるからです。
ヒント:こうした食材は別々の食事で食べること。
食事と食事の間は4〜6時間空けること。

ヨーグルトにレモンやトマトを組み合わせるというように、
酸味の強いの食べものを一度にたくさん食べることを避ける。
なぜ?
消化管に酸味がたくさん入ると消化不良やピッタのアンバランスにつながるからです。
ヒント:レモンの代わりに甘味が強めのライムを使いましょう。

牛乳と酸味の食べもの(バナナも含む)は一緒にしない。
なぜ?
酸味が加わると消化管で牛乳が凝固するからです。
​ヒント:バナナは甘味と考えがちですが、消化後の質は実は酸味なのです。

乳製品をジャガイモ、トマト、茄子、パプリカ、ピーマン、甘唐辛子と一緒にしない。
なぜ?
味とエネルギーと消化後の影響が喧嘩するからです。
例えば、乳製品は熱を冷まし、残りの食材は温める効果があります。
ヒント:関節に痛みがある場合は特に、
こうしたナス科の食べ物を摂ることをやめましょう。

参考文献:Hale Pule

===========================

肉・魚

肉には熱性(発熱効果)があり、牛乳には冷性(冷却効果)があります。
一緒にとることで双方の効能を無効にし、アグニ(消化力)が損なわれます。

NG例
・肉、魚+ヨーグルト

・肉、魚+牛乳
・肉、魚+ワイン
・肉+からし油
・魚+砂糖

===========================

穀物

NG例
・穀物+牛乳
(ほかヨーグルト、チーズなど乳製品)

・穀類+果物
・米+お酢
(食べ慣れている、
アレルギー等健康上の問題がない人は◯)

酵母パンは食べない。
なぜ?
イースト菌を摂取すると、消化管の自然な菌バランスが乱れ、
ヴァータ・ドーシャが悪化するからです。
​ヒント:代わりにこのチャパティ(平いパン)のレシピをお試しください。

参考文献:Hale Pule

===========================

はちみつ

はちみつは加熱すると有害な毒素がうまれます
常温、もしくは温めた(沸騰したてでない)ドリンク、牛乳(新鮮な)になら合わせてもよいです

NG例
・はちみつ+同量のギー
・はちみつ+牛乳
・はちみつ+熱いもの、脂っこいもの

蜂蜜には火を通さない。
なぜ?
蜂蜜は火を通すと毒となり、糊のような質を帯びます。火を通す場合はメープルシロップやスカナット、ヤシ糖などを使用しましょう。
ヒント:蜂蜜入りのハーブティーは最高です。(ハーブティーの癒しの質が組織に深く吸収されやすくなります。)お湯の沸騰がおさまった後で蜂蜜を入れてください。

参考文献:Hale Pule

コーヒー

NG例
・コーヒー+バナナ
コーヒー+サプリ
コーヒー+チョコレート
コーヒー+甘いデザート
コーヒー+タバコ


食物のほか“食べ方でよくない組み合わせ”として、以下の14項目がいわれています

1(土地)乾燥した土地の食物(乾性・鋭性)と湿地帯の食物(冷・油性)を同時に摂る

2(季節)冬に冷たい非油性の食物、夏に辛味の強い熱い食物を摂る

3(消化力)消化力を無視した食べ方(常に腹八分目から六分目に)

4(量)はちみつとギーを同量、同時に摂る

5(調理法)調理中に毒が発生するもの(孔雀の肉をヒマシの木を串にして火で焼いたものなど)

6(同調性)辛味・温かい食物の向いている人が、甘味・冷たいものを多量に摂る

7(作用力)体を温めるものと冷やすものを同時に混食

8(腸の作用)便秘の人に薬力の弱い催下薬を少量使用、または下痢症の人にヴァータ・ピッタを増大させる食事

9(摂取者の状態)疲弊困憊した人、性行為後の人、重労働の人にヴァータを増大させる食事

10(食べ方)排尿・排便がないのに食事をする、空腹感がないのに食事をする。
強い空腹感があるのに何も食べない、人気のない孤独な場所で食事をする

11(避けるべきもの)豚肉を食べた後に熱いもの、冷たいものの後にギーを摂ること

12(調理の仕方)腐った薪で調理した食物、生煮え、煮えすぎの食物

13 不快感を与える食事、不快な味を与える食物

14(時間)3時間以上かかって調理されたもの


この感じ方に初め慣れないうちは、身体の反応を確認・観察しながら理解を深めることが大切です

消化不良を感じるとき、体が本調子でないときは上記の組み合わせは避け、それぞれをシンプルに食すと良いでしょう
(育った環境でのサート・ミヤ(食べ慣れた味)やアグニの調子によっても人ぞれぞれ消化できるものは異なります)

体はシンプルな食材の組み合わせを好むという事実

このことを意識に留めておくと良いでしょう

総体性をもって食事に取り組むと、
冷蔵庫の中身も体も心も、生きるほどにシンプルでクリアになっていきます

次回は「相性の良い食べ合わせ」に基づいて、
食べ物の福作用を緩和させる組み合わせをお伝えします


5 月から始まる
アーユルヴェーダホリスティック基礎講座 でも
食物のグルヴァディ・グナについて触れ、理解を深めていただきます

調理編では、それに沿ったシンプルな食事・調理法をレクチャーします

全概要・ご予約はこちらから

いつも愛をここに

“自分を知ることによる幸せ”
ヨガとアーユルヴェーダと食事
全米ヨガアライアンス認定 ヨガ指導者
Hale Pule 認定アーユルヴェーダシェフ
kaori

Posted by:anandalife1007

コメントを残す