春は、冬の間に蓄積していた毒素が様々な形で出ていこうと動きをみせます

花粉症をはじめとする鼻やのどの詰まり、グチュグチュ、ムズムズがその症状です

春はそのような「重さ」と「鈍さ」を緩和させるために
少々の刺激要素や軽性のものを取り入れると段々と症状も落ちつき改善されます


体の本調子にアクセスする
春のハーブティー

毎シーズン、その時の自分の体に合ったハーブティを調合し飲むのも身体と向き合う楽しみの一つです

ミントなどのスーッとした冷まし効果のあるティーは、特に火照りを感じる夏などに適していますし、
ジンジャーやシナモンをブレンドしたものは身体を芯から温めてくれて、冬の寒い時期にぴったりです

また体質によってもそれを取り入れたいタイミングがそれぞれにあると思います

今回は春用のブレンドとして我が家に常備した 2 種のハーブをご紹介します

主に毎年花粉症で眼と鼻に症状が出るパートナーの症状緩和と私の予防、
アーユルヴェーダお料理教室にお越しくださる方のウエルカムドリンク用です

ムズムズ、ぐちゅぐちゅを解消する春のハーブ・ブレンド

「ネトル」

上記写真の左から 2 番目の緑色のハーブです

ネトルは〈浄血〉と〈造血〉作用に優れるハーブです

花粉症対策にベストなのは何だろう、と探していると店員さんがまずおススメしてくれたのがこちらでした

ネトルには「抗ヒスタミン成分」があり、これが花粉症や喘息などのアレルギー症状を緩和させるとこのことです

総じて血行促進の作用があり、体の炎症系トラブル(リウマチ、痛風、関節炎)に対し治癒力を高めたり、貧血の予防にも良いそうです◯

今回購入した en herb でのネトルについては以下を参照ください

ネトル

緑茶のように青々とした力強い草の風味

カラダに必要な栄養素が豊富! クラクラしやすい時のカラダ作りに

ネトルの語源は、針を意味する
「Needle(ニードル)」。
その名の通り、
葉全体についた細かいトゲが特徴的なハーブです。
ビタミンや、鉄分・カルシウムなどのミネラルを
バランスよく含み、美と健康のサポートも期待できます。
ハーブティーは、
青々としたチカラ強い草を思わせる緑茶のような味わい。
春の不快なムズムズに備え、寒い時期から飲み続けるのがおすすめです。

 

「ジンジャー」

上記写真の一番右のハーブです

ピリッと辛味を感じるドライジンジャーは、カパ鎮静に適しています
血流を促進し体に熱を起こすので、重だるさやムズムズをスッキリさせます
※その反面、ピッタが優位な人にとってはごく少量に収めるか、除くかが無難でしょう(生の生姜の方が◯)

今回購入した en herb でのジンジャーについては以下を参照ください

ジンジャー

ピリッとした辛味とさわやかな香り

巡りとぽかぽかをサポート

熱帯アジア原産の「ジンジャー」は、
世界中で料理のスパイスなどに用いられており、
日本では「ショウガ」として、なじみ深いハーブです。
その優れた働きは古くから知られ、
紀元前の書物にも記されているほど。
辛味の主成分「ジンゲロール」は、
乾燥させたり熱を加えることで
「ショウガオール」という成分に変わります。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

上記 2 種のハーブに、我が家では
ルイボスとローズピンクをブレンドしています

「ルイボス」

上記写真の真ん中のブラウンのハーブです

ルイボスはもう万能で、
誰にでもすすめやすいハーブですが、
効能を見ていくと花粉対策としても適しているとのことです

ルイボスは神経系の巡りを良くしつつ鎮静させる作用もあるので、リラックスとクリエイティブ性を同時に起こしてくれるのだそうです

今回購入した en herb でのルイボスについては以下を参照ください

ルイボス

自然な甘味を感じる深みのある芳香と風味

巡りをサポートしながら、理想的なエイジングへ導きます

「赤い藪」を意味するルイボスは、
南アフリカ原産のマメ科植物で、
18世紀頃から「赤い健康茶」として親しまれています。
健康維持に欠かせないミネラルに加え、
活性酸素を除去するフラボノイドが含まれています。
快調リズムを取り戻したい時や、春先のムズムズ対策にも有用です。

 

「ローズピンク」

上記写真の一番左のピンク色のハーブです

その見た目と香りから、春の訪れを彷彿させる爽やかさと甘やかさが感じられましたので、お料理教室にもぴったり、と思いブレンドしています

ネトルやジンジャーが“効いている”なか、
何か一つ、軽やかな味わいを合わせたいというのもありました

今回購入した en herb でのローズピンクについては以下を参照ください

ローズピンク

甘いバラの香りに強い渋み

張り詰めたココロを和らげ、ゆったりした優雅な気持ちへ導きます

たくさんある品種の中でも、
幾重にも重なった花びらがひときわ優美で、
豊かな香りを持つローズです。
エレガントな香りは、
張りつめた気持ちをやさしく和らげてくれます。
ハーブティーはもちろん
、化粧品にも使われることが多く、
女性のビューティーケアをサポートするハーブとして、世界中で愛されています。

シャタバリ白湯についてはこちら


毎日の土台にアーユルヴェーダを

自分の本調子を引き出す食事と暮らしを
アーユルヴェーダの原理から学ぶ
アーユルヴェーダ ホリスティック基礎講座
5 月 より開始します

– 受講者様受付中 –


いつも愛をここに

“自分を知ることによる幸せ”
ヨガとアーユルヴェーダと食事
全米ヨガアライアンス認定 ヨガ指導者
Hale Pule認定 アーユルヴェーダシェフ
kaori

 

Posted by:anandalife1007

コメントを残す