アーユルヴェーダやヨガでは
食べ物以上に「食べ方も重要」といいます

いいものを、
いい時間に、
いい調理法で、
いい環境で、
いい姿勢で、
いい気分で食べる

このことが揃ったとき、初めて食物が体にとって「滋養」となります

なかなかハードル高い、と感じるかもしれませんが、
これがオージャス(活力素)をつくり、私たちが元気で健康に暮らせる源となるのです

身体は実に微細で、有能なエネルギー体であることが分かりますね

 

悲しみがあって泣いているときや
怒りがあって体が緊張しているとき、
気持ちが落ち着くまでは食事をしてはいけません
(作ってもいけない)


食事中、 「なに」をしているか

皆さんは食事中、何を想い、何をしているでしょうか
(まさか、この記事を見ながら食事をしているなんてことは、ない、ですよね…?)

 

匠マイラは食事中とその後の姿勢について

「プラーナと愛に溢れるシンプルな食事があれば、
たった今この瞬間世界は万事順調なのだということが見えやすいのです
食べている間、そして食後のあなたの態度も食べ物自体と同じくらいに大切です」 

と教えてくれています

 

私の幼少期は、
食卓にはいつも大皿に盛り付けられた食事が複数、
十分すぎる食事量がいつも豪華に並んでいました

父は晩酌が当たり前でしたので
我が家の夕ご飯は長時間に及びました

その間私はずっとテレビに夢中でした
食事とテレビはセットで、家族との会話というよりも、テレビとの対話がそこにありました

子どもは、親がどうであるかで
その土台の大半が決定づけられます

その後大人になってからも私は
いつも食事を、「何か」しながら食べるようになっていました

20歳を過ぎた頃から
TVを観ることはほとんどなくなったものの、
いつも携帯を操作しながらの食事が普通でした

2016年に訪れたハワイカウアイ島へのヨガ留学
初めて「食事だけ」に集中して食事をしました

ヨガの匠から「食事は神聖な行為」と教えられ、
生きるための大事なことがここにあるんだと、
初めて食事の尊さを真面目に意識したように思います(遅いですが)

・食物がどこで育てられたか
・誰がどんなふうにして収穫したんだろう
・今日のシェフはどんな想いで調理してくれたんだろう

と、それ以降は
食物のそれまでの道のり、
裏側にあるすべての手を想い、考えるようになりました

このことがクセになり、
次第に食事への意識も態度も変わっていきました

本当に不思議ですが、
“人のクセは 2 – 3 週間で変わるもの”
きちんとマインドを育てようとすれば
新しい感じ方、やり方を“普通に”行うようになります
まるでそれが長年のクセであったように

 

匠は、
食事中スマートフォンを操作したり
過度なお喋りに耽ることは
アグニを燃やし尽くすといっていました

今、身体がしていることと
別のことに意識が反れるということは、

「今していることを認識していない」ことになるのです

・ここにいるのに、居ない
・しているのに、していない

この分離した姿勢は
食事にとどまらず、すべてに関連していくといいます

 

・目の前にいる人と対話しているはずなのに、
 意識はどこかの違うところにある

・今していることがまだ途中であるのに、
 もう別の、他の何かを追いかけだす、…


乱れたドーシャは
“受容”することが大切

あれもこれもしたくなるのは、
ヴァ―タドーシャが増え過ぎているとき起こります

それは身体のエネルギーの一部が乱れを経験しているということ

ヴァ―タは、
動き、創造、思考を生み出す力であり、
増えすぎると
一度に複数のことをしたがって、
思考も動作も落ちつきがみられなくなります

軽い性質であるヴァ―タが、
一か所に留まってじっとするのを耐え難く感じるのです

ヴァ―タが増大・増悪することで起こるのは
・やりすぎる
・早くパパっとなんでも流れ作業になる

・物忘れをしやすくなる
・集中力がもたなくなる

などです

 

ヴァ―タドーシャは、
きちんとケアされていれば
しなやかさを伴い素晴らしい動きを発揮するので、
日頃から意識することでバランスが整います

ヴァ―タを落ち着かせるには、

・自己承認をする
・ペースを落とす
・一度にひとつのことをする
・恐れを手放し楽しむ
などです

この要素を通して自分の体と心の一体感が築けると食べ方にもその後の消化にも良い変容が訪れます


食事から得るものが
“あなた”に成る

以前匠が、食事との結びつきについてこのように云っていました

=====================================

メールチェックをしながら
お昼が食べたくなったら、

それとも
テレビを見ながら夕ご飯が食べたくなったら、
その前にいったん落ち着いて、
何回かゆっくりと深呼吸をしましょう。

息を吸いながら、
天との結びつきそのもである
pranaプラーナ(生命力)を
自分の内に招き入れます。

私たちは
呼吸でプラーナを取り入れますが、
それ以外にも、
植物が自然からプラーナを受け取り、
それを栄養へと変容させます。

それが食べ物となり、
私たちがプラーナを受け取ります。

だから体を動かしたり
頭を働かせたりすることができる。
生きるという素晴らしい経験ができるのは、
私たちの口にする
食べ物のおかげなのです。


カロリーやビタミン、
ミネラルのことばかりではなく、
プラーナを思いながら食事をする。

そうすると、
食べることで
あなたの心と体と魂のすべて
を癒すことができます。


これがわかれば、
きっともう食事中に
パソコンやリモコンには触りたくならないはず。

むしろ心の底から食べ物を楽しめる場所で、
ホームメイドのものを
しっかりと食べたくなるでしょう。

=====================================


“姿勢”が消化を司る

食事時の姿勢はとても大切です

人はたいてい、無意識であったり食物に関して負のイメージがあると背中を丸くして小さくなった状態で食事をしていることが多いそうです

自分がどのような姿勢で、どう動いて食べているか、
少し意識的になってみましょう

・背骨をまっすぐ伸ばす
・骨盤を立てる
・お腹と口の中と、心はやわらかく…♡

とても繊細なアプローチですが、こうした意識づけはとても重要です

内臓があるべきところに留まり、
食物が順調に流れていく環境を設定してやるのです

どうぞ、こちらはWelcomeですよ~

と、それを受容し、感じるスペースを作りましょう

 

そして食事中は電子機器に触れる(観る)ことなく、
自分自身と、甘やかな時間のなか食事をしましょう

友人や家族と食べる場合でも同じです

 

会話は消化にふさわしい明るい話題がいいですね
ここに居ない第三者の話をするのは控えましょう

意識的な関係は、初めは不慣れで刺激的に感じるかもしれませんが
継続するほどに成熟を増していきます

 

 

この大切さに気づけたのも、
幼少期のテレビ漬けの経験があったからです^^;

母の手料理はとても美味しかったけれど、
テレビを観ながら食べていたらラジャスが増大していつも満腹を超えるまで平気で食べていたと記憶しています

 

 

アーユルヴェーダお料理教室では、
皆さまの直接的な経験に意識を払っています

ごくシンプルな空間でやさしい料理をつくり、
落ち着いた気持ちで座って和やかに食事を楽しんでいただきます

「こんなに食事に集中したの生まれて初めてかも!」というお声もよく聞かれますが、そこから得る気づきはとても大きい…!

 

 

自分の身体に光をもたらしたい人、
何だか新しい感覚を知りたい人、ぜひプラクティスへお越しください

>>A y u r v e d a お料理教室
3 / 9 (土) 10 : 00 ~ 13 : 00
3 / 13 (水) 10 : 00 ~ 13 : 00
3 / 13 (水) 18 : 15 ~ 21 : 15
3 / 14 (木) 10 : 00 ~ 13 : 00
3 / 20 (水) 18 : 15 ~ 21 : 15

>> キッチャリーづくりお料理教室
3 / 14 (木) 18 : 15 ~ 21 : 15
3 / 20 (水) 10 : 00 ~ 13 : 00


アーユルヴェーダ ホリスティック基礎講座

自分の本調子を引き出す食事と暮らしを
アーユルヴェーダの原理から学ぶ基礎講座
5 月 より開始します

– 受講者様受付中 –


いつも愛をここに

“自分を知ることによる幸せ”
ヨガとアーユルヴェーダと食事
全米ヨガアライアンス認定 ヨガ指導者
Hale Pule認定 アーユルヴェーダシェフ
kaori

Posted by:anandalife1007

コメントを残す