アーユルヴェーダがフォーカスするのは体と心の健康です

本来 個々が持ち合わせている特性や長所をスムーズに引き出すための教えがそこにあります

私たちは皆 “違って” いて、それは元気で、健康で、調子の良いときに初めて輝きます

落ち込み、不調ばかりでいつも気分が優れない状態では、その人の個性は見失われ、生命力は小さくなります

ここに、生命力をたっぷりと補ってくれる素晴らしい飲み物があります
(そしてこれはとても美味しいです!基礎講座の皆さまへも大好評でした)

「パンチャナッツ」は、アーユルヴェーダが推薦するオージャス (活力素) をつくる飲み物です

通常 口にしたものがオージャスになるまでは 約 3 – 4 日かかりますが、
パンチャナッツは 1 日で生殖器に届いてオージャスをつくります

生殖器の機能を強化し、生命力を補うというわけです

パンチャナッツを飲むと、消化官 ~ 腸を通り、生殖器で純粋なホルモンが再生されるので生理機能を高めたり冷えを緩和させます

脳と心にもよく、身体が元気になるのを感じられるでしょう

ほかの習慣とのバランスでより効能を発揮するため、冷たい飲み物や食べ物、睡眠不足等は避けるようにしましょう


– レシピ –
一日で生殖器に滋養を届ける
パンチャナッツの作り方

材料 1 人分

レーズン … 5
アーモンド … 4
カシューナッツ … 3
デーツ … 2
くるみ … 1
生乳 …コップ 1杯 (200cc)

作り方 10 分 未満

1. アーモンドを一晩 (約12時間)  浸水しておく
2. アーモンドの皮を剥く、デーツの種を抜く
3. 生乳とすべての材料をブレンダーで攪拌する
4. 鍋などで加熱、沸騰したところで火を止める

アツアツから人肌になったころに飲みます

デーツやナッツの甘味が凝縮されていてとても美味しいです

オージャスを考えると、牛乳は一般的に生産されているものよりも加熱処理をあまりしていない、生乳に近しいものがおすすめです
生乳・非加熱・で調べてみてください
通販か、もしくはナチュラルハウスさんなどで見つけることができます

ちなみにライスミルクでもできます


今日口にしたものがこれからの自分をつくる

口にしたものがオージャスになるまでには約 3 – 4 日

ですので、体にとって有益な食事は少なくともまずは 3 – 4 日続けることでより変化を感じられます

普段 滋養をあまり得ておらず、活力不足に感じる方は「3 日間」のスパンや、 3 – 4 日に 1度はきちんと栄養のあるものを取り入れられると良いです

私たちの体はいつも一定のサイクルで循環しています

今日したことが明日に、 4 日後、一か月後、一年後に現れます

アーユルヴェーダがしきりにオージャスの重要性を説くのはそれが母体から胎児の根源になるからでもあります

赤ちゃんはお母さんのオージャスを受け取って生まれてきます

自分とその周りと、今後の地球を良くしていくことは「今日の自分に何をするか」次第です

>> ダートゥの話はこちら
私たち人間の体は、食べたものを 血漿 → 血液 → 筋肉 → 脂肪 → 骨 → 骨髄 → 生殖器 の順番で組織構成されていきます
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
東京都内で毎日の身体にバランスをもたらす
シンプルなアーユルヴェーダ料理を
お伝えしています
A y u r v e d a お料理教室
9 / 11 (水) 10 : 00 ~ 13 : 00
9 / 12 (木) 10 : 00 ~ 13 : 00
9 / 27 (金) 10 : 00 ~ 13 : 00
9 / 28 (土) 10 : 00 ~ 13 : 00

キッチャリーづくり お料理教室
9 / 11 (水) 18 : 00 ~ 21 : 00
9 / 27 (金) 18 : 00 ~ 21 : 00
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
<Aurveda Holistic 基礎講座 全 5 日間>
1 日 2 部構成[調理編][講義編]× 全 5 日間
2 週間に 1 度の受講により、
アーユルヴェーダの理解と実践を深めるプラクティス
第一期:2019年5月 ~ 開講
第二期:2020年以降 ~ 開講予定

いつも愛をここに

“自分を知ることによる幸せ”
ヨガとアーユルヴェーダと食事
全米ヨガアライアンス認定 ヨガ指導者
Hale Pule 認定アーユルヴェーダシェフ、講師
kaori

Posted by:anandalife1007

コメントを残す