長かった梅雨が明け、猛暑日が続いていますね

体の調子、日々の気分はどうですか?

消耗感、無気力感、食欲不振、暴飲暴食 等の “ 夏バテ ” は、体からの「もっと最善の方法があるよ」というサインです


 “ 質 ” から“ 対処法 ” をみる

アーユルヴェーダはすべての “質” を捉えて、私たちに生きる知恵を提示してくれます

アーユルヴェーダの根本原理、自然界における五大元素
空 風 火 水 地 のうち、夏は「火」の要素が増大します

故に体力的にもマインド面でも“耐えがたさ” を私たちは感じます

うだるような暑さ、刺すような暑さのなかに身を置いたときに感じる感覚、要素こそが「ピッタ増大」です
長時間その中に身を置いて過ごすことはできませんよね

アーユルヴェーダは暑い季節、灼熱の日にはペースを落とし、涼んで過ごすことを推薦しています

体だけでなく、マインド面でも “涼むこと” が大切なのです

マインド面でも涼むとはどういうことかといえば、
刺激的な活動や興奮を過度に煽り立てる行動を控え、日本での夏の風物詩にもあるように、風鈴の音に耳をすませることや水辺を眺めること、夏の果物をいただくこと等です

ゆったりしたテンポに合わせて躍る盆踊りや水遊びも心身のクーリングにはぴったりです

夏の健康において気を付けたいのは、日中長時間にわたって日光に当たり続けることです

アーユルヴェーダでは過度な直射日光は乱れの原因としていて、地上のピッタが増大しているとき、私たち人間をそこへ長時間おいやることは体力と気力と活力を奪います
体が乾き、炎症等にまつわるトラブルを引き起こします

ですので、水遊びをする際も直射日光のなか長時間いると反対に体力をものすごく消耗してしまいます
海辺で直射日光のなか、アルコールを飲むことも体の乾燥と炎症を誘発します

海やプールでも 適度に休息をとりながら、リラックスして楽しみましょう

また室内で強すぎる冷房にあたることも体感温度の大きな差異により体の循環が乱れるため、設定温度は “快適さ” を目安としましょう


夏の凛とした美しさと強さを育む

夏の間 バランスが整っている状態というのは、
地上の熱にバテることなく、それでいて冷えることもなく
丁度 “ 中間 ”、体力が安定したうえでマインド面へも凛とした美しさと強さが共存した様子をいいます

このような時 私たちは夏を楽しみながら過ごすことができます

消耗感に襲われることなく夏を過ごすには、ちょっとした工夫、センスが必要だと思います

・毎日のペースを守り、自分の器量とうまく過ごし合わせる
・消化力に見合った食事内容と量をいただく
・マインドにクールダウンさせる機会を設ける

などを日常に取り入れていきましょう

夏、いつも消耗感を感じたり無気力になりやすい、または気性が荒くなるという場合は、自分の体質バランスを見直すことも大切です

この時期、生まれ持った体質・性質上で “ピッタ”(熱性)や“ヴァ―タ”(風)を多く持ち合わせている人は特に配慮が必要です
ピッタが旺盛な人はバランスを乱すと忍耐し難く、気が短くなります
ヴァ―タが旺盛な人はバランスを乱すと体力が持たず、すぐにバテます

このような傾向を持つ人では、夏の健やかさと美しさを育むうえで大切なのは何よりも落ち着いて行動し、激しい行動を避け、心穏やかに過ごすことです
・時間の前後にゆとりをもった行動
・落ち着いた気持ちでタスクにとりかかる
・心が穏やかになるもの、こと、音に触れる
(森林、水辺、日陰、など)
・体内の熱を冷ます消化にやさしい飲食物を摂る
(夏野菜、夏果実等 氷や冷たいものは体を冷やしすぎるので控える)

>> 夏の炎症を和らげる食事のヒントはこちらから

これらを土台に習慣を積み重ねれば、体の調子が整い、夏の風物詩もより心地よく楽しむことができるでしょう


アーユルヴェーダ流
リハイドレーションドリンク

暑い日は体の水分補給を助けるこちらのドリンクがおすすめです
アーユルヴェーダ流の自家製ポカリスエットのようなものです

材料 1 人分(コップ 1杯分)
* レモン or ライム … 絞り入れる
* はちみつ or メープルシロップ … 大さじ 1
* 岩塩 … ひとつまみ
* 常温水 ~ ぬるめの白湯 …コップ 1杯

ピッタ優位な体質では ライム×メープルシロップ、
ヴァ―タ・カパ優位な体質ではレモン×はちみつがおススメです

コップにあらかじめはちみつ or メープルシロップと岩塩を入れておきます
常温水またはぬるめの白湯を注ぎ入れたらレモン or ライムを絞り入れます
混ぜたら完成です

>> 参考レシピ記事


アーユルヴェーダの原理を活かすと体の状態が分かりやすくなります
適した対処法も安易に見つかるようになります

春の過ごし方、食生活が今 夏の健康状態につながっています

今、夏の間の過ごし方は秋、冬へとつながっていきます

この夏、ぜひ内側からの凛とした美しさを育んでいきましょう

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
<Aurveda Holistic 基礎講座 全 5 日間>
1 日 2 部構成[調理編][講義編]× 全 5 日間
2 週間に 1 度の受講により、
アーユルヴェーダの理解と実践を深めるプラクティス
 
第一期:2019 年 5月 ~ 開講
第二期:2020 年以降 ~ 開講予定
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
<単発プラクティス>
A y u r v e d a お料理教室
9 / 11 (水) 10 : 00 ~ 13 : 00
9 / 12 (木) 10 : 00 ~ 13 : 00
9 / 27 (金) 10 : 00 ~ 13 : 00
9 / 28 (土) 10 : 00 ~ 13 : 00

キッチャリーづくり お料理教室
9 / 11 (水) 18 : 00 ~ 21 : 00
9 / 27 (金) 18 : 00 ~ 21 : 00
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

いつも愛をここに

“自分を知ることによる幸せ”
ヨガとアーユルヴェーダと食事
全米ヨガアライアンス認定 ヨガ指導者
Hale Pule 認定 アーユルヴェーダシェフ・講師
k a o r i

Posted by:anandalife1007

コメントを残す