アーユルヴェーダでは
個々の健康・幸福の形についてとてもユニークな見方をします

私たちの健康状態とは、
体と心が自分が自分らしく居れていることを意味します

創造性に富み 風のようなしなやかさを持ち合わせた健やかさ
明晰さを持ち 炎のようなエネルギッシュさを持ち合わせた健やかさ
慈愛心に満ち 水のような穏やかさ、安定感を持ち合わせた健やかさ

・・・これらは互いにバランスし、支え合える要素でもあります


「健康」を実行する最善のやり方

健康を築くためには
まず【 自分の健康状態を知ること 】から始めます

そして【 自分の体質・傾向を知ること 】が本質的な健康に欠かせません

アーユルヴェーダでは健康の要として
【 それぞれの体質に見合った食事の重要性 】を説きますが、
これらにはいくつかの明快な理由があります

体が冷えている人と 炎症を起こしている人とでは必要な食事が違うこと
消化力が良好な人と 消化力が弱い(乱れている)人とでは消化にかかるプロセスが違うこと

とても単純な原理ですが
一つのやり方がすべての人に合うというわけではないということです

自分の持っている体質と性質・傾向を見ていくことで初めて それらをバランスさせ整えるための食事や生活・ケアが何であるかが明確になります


健康のためにやめた「健康

以下に、アーユルヴェーダと出逢って以来 私が自分らしい健康を築くためにやめた(要らないと分かった)健康についてピックアップしています

サプリを飲むのやめた
豆乳を飲むのをやめた
納豆を食べるのをやめた
水をたくさん飲むのをやめた
スムージーを飲むのをやめた
生サラダをたべるのをやめた
ヨーグルトを食べるのをやめた
トマト、ナス、ジャガイモをやめた
過激なエクササイズをするのをやめた
ちょこちょこ食べるのをやめた

自分の体を知り、体質を理解しているアーユルヴェーダ実践者の方であれば安易に理由が分かると思います

アーユルヴェーダでは
自分の身体の質 = 体質 とそれに作用するものの関係性
「ドーシャ」を通して理解します

私自身でいえば、体質に
「ヴァ―タ・風」
「ピッタ・火」を優位的に持ち合わせています

特に、以前ではそのどちらもが増大・増悪している傾向にありました

この時、極度の冷え性多量の発汗・暑がりを経験します
また、慢性的な便秘 と 炎症トラブル (口内炎や肌荒れ) も生じるのが乱れ(症状)の特徴です

体内で「冷」「乾」「熱」「油」等 の 性質が増えすぎていたのです

そんな私にとって、冷えた生サラダを食べることやスムージーを飲むことは適していません

毎朝の定番になっていた 市販ヨーグルトと豆乳とパン、な朝食メニューも、ベストコンディションを引き出さないばかりか、肌荒れ等の炎症を助長するものでした

トマト等の酸味を強く持つものも最善でなく、むしろ比較的 苦手として避けていた苦味・渋味のある食材を取り入れるべきだということも分かったのです

アーユルヴェーダが重要視する健康の必須条件は「良好な消化力」
それを築く上では、サプリの摂取や過激なエクササイズはそれ自体を妨げる要因になり得ます

・・・

人それぞれの体質・体調・環境等の様々な背景が入り混じるため「絶対的な基準」とまで言い切れないものの、
アーユルヴェーダがみる「自然界の原理原則」から考えると以下の理由からこれらは控えるか、避ける、除くがベターだといえるでしょう

少なくとも “ 絶対に取り入れた方がいいことのリスト ” からは外しても問題はないといえます

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
サプリ ・・・・租借されずに胃に入り、かつその作り上、通常のようには消化管を通らない、消化プロセスを乱すことがある
豆乳 ・・・・豆乳に使われる大豆の品質の問題、一度に多量の大豆をゴクゴク飲むことの有害性
納豆 ・・・・発酵食品の摂りすぎはピッタを増悪させる
水をたくさん飲む ・・・・消化液を薄める、規則正しい食事の中で食事そのものに水分が適量含まれている方が良い、水分補給は 1時間に1度、1カップ前後が適切
スムージー ・・・・野菜と果物が同時に混ざっていること、他精製砂糖等が多量に入っていることが消化を妨げる
生サラダ ・・・・体を冷やす、ガスを発生させる
ヨーグルト ・・・・新鮮でない市販のヨーグルトは酸味が強すぎる、発酵食品の摂りすぎはピッタを増悪させる
トマト、ナス、ジャガイモ ・・・・ラジャスに属する食物はピッタを増大させる
過激なエクササイズ ・・・・毎日適当に日常生活の中で適度に動くことが最適な運動
ちょこちょこ食べる ・・・・消化力を駆使することになり内臓が常に稼働状態、良い生殖器を作れない
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ただ、上記の食物を食べる際、調理法や事前のある工夫を取り入れることによってその作用・副作用を軽減できるということもあります


自分らしさを引き出して “健康” に

アーユルヴェーダと出逢う前、
私の中での健康に対する概念はとても曖昧なものでした

自分自身を正直に見ることの前に、
いつもメディアの発信する健康のイメージ像
“ スリムで髪がサラサラで肌が白くて… ”
を鵜呑みにして自分をそこに寄せていくには
健康食や取り上げられている運動法、
そして魔法の薬みたいな “何か” を積極的に取り入れる以外
方法はないのだと漠然と思っていました

人の体質によって様々な健康観がある
ということを考えてもみなかったことで、
自分自身が健康とは程遠いところに居ると思っていました

アーユルヴェーダと出逢って以降、その考えがごっそり剥がされたのです

アーユルヴェティックな暮らしで自分らしさを観察して約 3 年、私は、自分の体と心の調子が良い状態をたくさん発見していきました

うねりがあり艶感のある髪質、
張り感とピカンと光る皮膚、
細すぎない中間の肉付き、
温かい肌と快活さを伴う身体能力、
明瞭で迷うことがない精神、
発想力と遊び心のあるマインド、…

すべて本来持っているもので、それがバランスし状態が良好になることで得られるユニークなもの=健康だと今は感じています

世の中で口を揃えて謳われる『健康食品』をただやみくもに消費していたときでは得られなかった感覚・発見でした

十人十色、ならば食事もケア方もそのようであることが自然です
そして そのツールはシンプルであるほど 作用は 中心から起こります

続けるほどに “ 本当に必要な事はごくわずか ”であることも知るでしょう


Ayurveda お料理教室では
体と心にバランスをもたらす
シンプルなアーユルヴェーダレシピをレクチャーしています

季節の要素に沿った食事内容の調理 / 実食 4 – 5 品

アーユルヴェーダの滋養食「キッチャリー」ほか副菜 2 – 3 品

Ayurveda Holistic 基礎講座

Ayurveda Holistic 基礎講座では
アーユルヴェーダの基礎理念を
調理編」と「講義編」の両面から紐解き、
自身の暮らしの中で実際にどのように
取り込めるかを学んでいただけます


いつも愛をここに

“自分を知ることによる幸せ”
ヨガとアーユルヴェーダと食事
全米ヨガアライアンス認定 ヨガ指導者
Hale Pule 認定アーユルヴェーダシェフ
k a o r i

Posted by:anandalife1007

コメントを残す