体質改善が “健康ブーム” の一環で定着しています

「健康」の根っことして、まず  “体質の改善”

 

そう思うところによれば、
私たちは自分の体が本調子でなく、
改善の余地があることを自覚しているということになります

「自覚している症状」をみるとき、
アーユルヴェーダでは それらが「なぜ起きたか」をみていきます

乱れや不調、病気は
その症状を和らげる以上に「なぜそうなったのか」、
その根本を断つことの方が長期的には大切だからです


本当に起こる
「体質改善」のために

私たちには、元々生まれ持っている「体質」があります

体質が分かると、そこから起こりやすい不調や乱れの傾向がおおよそ分かり、その緩和法も見合ったものを施せるようになります

「体質」をアーユルヴェーダではドーシャといい、
ドーシャバランスによってその人の特質、本来の体型 (骨組み) や肉付き、長所・短所の枠組みが決まっています

・不眠
・便秘
・冷え性
・肌荒れ
・胃腸の不調
・肥満、浮腫み
・血圧トラブル

これらは「ドーシャ」がそれぞれに増大し、乱れたことによる “サイン” を意味します

上記のような症状を
一概に「体の不調」としてみるだけでは、
根本的な改善法、最適な治癒方を見逃すことがあります

やはり大切なのは根本からの改善であり、「体質改善」が健康においては理にかなっています

 

ドーシャごとに生じる乱れや不調は異なります

例えば…

ヴァータドーシャ
…空と風のエネルギー
渇・速・冷・荒 等の性質から成り、これらが元々体質に多く持ち合わせている人は基本、細身で長身または短身です

ヴァータが増大・増悪すると
便秘や腹部のガス感、注意散漫、緊張、不眠等の症状が現れます

ピッタドーシャ
…火の水のエネルギー
熱・油・流・鋭 等の性質から成り、これらが元々体質に多く持ち合わせている人は基本、中肉中背で筋肉質です

ピッタが増大・増悪すると肌荒れ、胃腸炎、結膜炎、イライラ等の症状が現れます

カパドーシャ
…水と地のエネルギー
重・冷・鈍・固 等の性質から成り、これらが元々体質に多く持ち合わせている人は基本、大柄で骨太の体型です

カパが増大・増悪すると浮腫み、鼻水、扁桃腺の腫れ、肥満、怠惰等の症状が現れます

このように、体質の傾向が分かれば – 体質に適したアプローチができるようになります

風邪の症状でも、喉が痛むのか、鼻水か、咳かによってアプローチするドーシャ・緩和法が変わってきます

またそれぞれに見合った緩和法・ケアができることで症状は早くに治まり、その後の身体の回復も早まります


体調を崩したときほど
「自分の体を知る機会」

心身の真意、内側の声を聴けるようになることが大切です

乱れや不調、病 等を単に
「生まれつき」や「季節の変わり目だから」とか
「ストレスでね」や「なんでだろうね」
などと曖昧な概念だけで片付けることなく、

どこの不調なのか、
何による乱れなのかを知り理解が深まれば、
自分自身や人生そのものへの受容につながります

 

アーユルヴェーダの基礎理念を実生活に役立てるための講座
Ayurveda Holistic 基礎講座は、全 5 日間 –  1 日 2 部構成で行われます
 調 理 編
講 義 編 の両面から、自分とその環境に見合った食事や暮らし方を習得します
朝 – 昼 – 夕 / ドーシャごとに適した食事内容、アーユルヴェーダにおける体質理論、性質の捉え方からみるセルフケア方法、ほか

>> 詳細・お申込みはこちらから


いつも愛をここに

“自分を知ることによる幸せ”
ヨガとアーユルヴェーダと食事
全米ヨガアライアンス認定 ヨガ指導者
Hale Pule 認定 アーユルヴェーダシェフ
k a o r i

Posted by:anandalife1007

コメントを残す