おはようございます

間もなく 12月ですね

2019年のこの締めくくりで
私は、この一年に起きた多くの恵みを糧に、
より自分の健康力、直観力、受容感を大きくしようと決意しています

そう。
人生は準備と決意と手放しの連続であるということ

2020年
より自分自身が拓いていくことを通して
この地域へも光が増すであろうと、ひしと感じています

これまで出逢えた皆さま、
これから出逢っていく皆さまに益々のサットヴァ、愛が届くように


太る恐怖
痩せたい執着に終わりを告げる

アーユルヴェーダの実践では
内側からの解毒が起こります

慢性化した乱れや不調の根源が鎮静し、
表面的にもそれらによるクリア感が現れます

ここへ「痩せられるか」
「もう太ることはないか」などと
期待をもつ人も少なくないようです

または反対に、それらの執着に終わりを告げるべく
アーユルヴェーダへの歩みを始めるという人もいます

太ることへの恐怖心

太ることへの恐怖心は、
自分がこの世においてすべてのものに
「圧倒」されている状態を表すのではないでしょうか

私たちは本来、自分自身との信頼感や安堵感を根底に築く必要があります

それが外界に向かい「認められたい」「愛されたい」と求めるとき、
執拗に自分自身を裁き、評価することをし始めます

真の目的は「理想の体型」ではなく
「理想の愛」なのではないかと感じます

実際恐怖心や心配はヴァータドーシャを増大させ
消化力を弱くします

また、それによって未消化物も形成されやすくなります

自分の意志が、身体の作用を抑制し弱めていく状態です

痩せたい執着

自分と他者とを比較し、
「こういう体型になればきっと愛されて、幸せになる」という概念に
行き着くのは、メディアによる洗脳であることが分かります

衣類産業と食物産業が手を組んだ際、
イギリス系のスキニーな体型のモデルが起用され、
洋服の「見栄え」を重視した戦略が始まりました

彼女たちは
「サラダやスーパーフード」が主食だと謳い、
メディアはそれを拡張して広告費を費やし、
私たちはそれを鵜呑みにしました

実際、細い体 = 幸福 ではありません

細い体 = 衣類に袖を通し、
メーカーを宣伝して経済効果をもたらすのには
最適だったというだけなのです(この時代は)

私たちは「部分」でなく
「全体」を見れる目を養うことです

自然界の要素から人間の肉体ができていることを見ると、
この世界には個性があることが分かります

・空と風の要素を持って生まれた人は基本的な土台が薄くて軽い傾向にあります

・火と水の要素を持って生まれた人は基本的な土台が中くらいの傾向にあります

・水と地の要素を持って生まれた人は基本的な土台が大きめの傾向にあります

この個性を無視して「細くなりたい」と渇望するのは
自分自身を無視していることになります

また「食べることへのコントロール」が
できなくなるのは 自分含め、
他者との関係性や社会性との繋がりが得られていないのではないでしょうか

自分が悪いとか、自分は悪くないとか、
コントロールできない大きな何かがある、などといった考えは
人間であれば誰しもが多かれ少なかれ経験することです

これらとの調和、
結びつきを安定させるにはたった一つ、
「何かを本当に大切にする気持ち」を持つことだと思います

自分を大事に思えないのなら、
自分を愛してくれた人を大事にしてください

自分の傍に居る人、
一人でいいからその人を大事にしてください

あなたが「何か別のものになる」ことよりも
あなたがあなたとして存在し、

今あなたの周りに
すでに存在しているものと大切に向き合ってください

そうしたときに初めて
あなたが本当に求めているもの

「愛」が芽生え、
愛し 愛されるということが始まります

すぐに変化は起こらないかもしれません

変化を強く求め期待している自分が、
焦っていることを認めて笑って赦してやってください

これは私自身が
ヨガとアーユルヴェーダの匠から教えられたことでもあります

自分に微笑みかけれますか

「自分が深刻になっていることに気づいたら、自分にスマイルすること」

自分を罰するのではなくて、
自分を律することができるようであってください

それが自分に出来たとき、
初めて誰かにもそのようにできるようになります

自分を甘やかし放題するんではなくて、
自分を楽しめるようであってください

世間的に云われている価値観や基準値、
イメージに振り回されないようになったとき
初めてあなたの一番近くで癒しと幸福が起こります

人生は
もがき苦しみ囚われるためだけでなく、

すべての過程で 発見や楽しみを見出すためにあります

抵抗していることに気づき、
降参し、受け入れることによって、私たちは最も大きな変容を得るのです


自分らしい体型に出逢う方法

アーユルヴェーダ的観点から、
自分らしい体型と出逢い、それを築き上げるヒントをいくつか挙げます

自分の体質を知る、そのうえで評価をしない
お腹が減ったら食べる、減ってなければ食べない
食べる物があるという有難さを認め、ないがしろにしない
最善の健康法は「散歩」
最善の食事法は「集中」
最善の実践法は「愛情」

査定したり評価したりする思考がやまないのなら、
それはいつかどこかで「すりこまれたもの」と認めてください

本当の自分が下している思考ではありません

感情から逃げるために
食べたり飲んだりすることをやめてください

そのたびに自分自身との信頼関係が傷つくことを知ってください

食べ物があるのが当たり前な国ですが、
それが当たり前ではないことを知ってください

自分が食べ物にむさぼりつき、
そこから慰めを得たいのだという事実を認めてください

そうすれば慰める方法は他にあることに気づきます

過激なことをしないと認められないという
罠に引っかかってはいけません

単純なことを楽しみ、
何でもないことにも新しい目線で向き合える自分を育ててください

食事中はそれを「自由に」取り入れ、
そしてまた「自由に」与えることを誓ってください

独占しようとしたり、物惜しみをしないでください

何かを本当に大切にできる自分で在ってください
あなたの癒しはその周りの癒しに、
あなたの幸福があなたの周りの幸福になります
あなたが不幸でいる限りは、あなたの周りも皆不幸です

>> 健康のためにやめた「健康法」


生きるほどにラクになる

自分らしい体と心を築きながら
内からの安定をもたらす学び
Ayurveda Holistic 基礎講座
2020年 3月 25日 (水) ~ / 28日 (土)
全概要 – お申込みはこちらから


命の瞬きに耳を澄ませる時間
[ 女性と子どものためのアーユルヴェーダ WS ]
2020 年 2 月 5 日 (水) 10 : 30 – 14 : 00
2020 年 2 月 8 日 (土) 10 : 30 – 14 : 00

>> お申込み受付中
— — — — — — — — — — — — — — — — — —
私らしいアーユルヴェーダ

[ Ayurveda お便り ]
特設版テキスト & レクチャー動画の定期配信
>> 2020年 ~ リリース *登録ユーザー限定

>> 詳細・全概要はこちらから


いつも愛をここに

“自分を知ることによる幸せ”
全米ヨガアライアンス認定 ヨガ指導者
Hale Pule 認定 アーユルヴェーダシェフ
アーユルヴェーダ省察プラクティショナー

k a o r i

Posted by:anandalife1007

コメントを残す