/

「アーユルヴェーダ」にまだ触れていなくても
「健康で幸福な自分」に出逢いたいという人は多いはず。

Ananda は、そのような人たちへも「体と心の変容へ向かうステップの提供」を軸としています

これまで皆さまからいただいた数々のご質問は、
アーユルヴェーダに触れる前で『アーユルヴェーダの考えを知りたい方』や『体と心のバランスを取り戻したい方』、それから『日常をもっと自分らしく生きたい方』から寄せられました

今回はそこから 11 項目をピックアップし、改めて皆さまへ回答記事としてお届けできたらと思います

ご質問をいただいた当時その方個人向けにお返事したものを、似通った状況下にいるほかの人にとっても活きる – 汎用的なブログ記事として記載していきます

>> 記事は Ananda より定期配信されますので、タイムリーな通知を希望される方はページ下部【メールで購読】よりご利用ください



自分らしく生きていくための

『 11の質問 』

アーユルヴェーダを少しずつ学びたい
何から始めたら良いでしょうか

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
やってみたいと思った仕事
勉強に挑戦してみましたが、

大変なことが多く、今楽しめていません
やっぱりやめるべきか、始めたんだから
もう少し頑張るか、悩んでいます
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
一般的には良いと言われている
発酵食品、ニンニク、
キノコ類などもアーユルヴェーダの質に
照らし合わせると合わないものもありますか
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
夜に過食しないと眠れません
何から始めるべきでしょうか
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
妊娠中で眠くなる時間帯や排便など

すべてのリズムが狂っていますが、
無理にも正した方がいいですか?
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
早めに布団に入っても夜に眠れず、
朝方になってから眠くなることを改善できますか
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
摂食障害です

お米に拒否反応があり、過食してしまいます
全て 1 から始めるには?
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
日々の忙しい毎日のなかで、
女性ホルモンを整えたいです
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
食べ過ぎてしまう
食べ過ぎないための工夫はありますか
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
10 かおりさんが
理不尽な怒りの対象になったときの
対処法はありますか
・・・
客観的に見て
自分が謝るに値しないと思ったとしても
謝るべきだったのか、

どうしたら良かったのか、
今後どうしていくのがいいのか聞いてみたいです

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
11
イライラしたときの対処法
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 



アーユルヴェーダの知恵は、
生の様々な場面で役立てることができます

食事や暮らしのエッセンスとして実践するのは些細なことばかりですが、自分の身体・心に合う方法でそれらを継続していくと、「本来の健康状態」に戻り、体だけでなく心の自由度も拓いていきます

アーユルヴェーダによって私自身、これまで様々な変化を実感してきています
そこで、改めて見えてきた 2 つの側面がありました

人がバランスを乱す場面 (背景) とその過程のこと
人がバランスを培う機会 (背景) とその過程のこと

アーユルヴェーダが絶えず問う「原因と結果」は、私自身も歩んできた痛々しく乱れていた日々も含め、今ある健康状態や今後向かうであろう先をも明らかにしていくと確信しています

これら一連の流れは大変興味深く、生命と自然界の因果関係そのものを魅せられていると感じます

・・・質問回答にあたっては、 30 年以上に渡ってアーユルヴェーダ・ヨガを実践・修得・継承し続けている匠マイラの教えも借りながら記事をまとめていきました

(各記事で記載されている内容等は、いずれも汎用的に受け取ってもらえるよう細心の注意を払っていますが、必ずしもそれら「だけ」が正解、ということではありません。また私は医師ではないため、改善に関わる実践過程や変容については、ご自身の身体を観察し – 仲良くしながら進めていかれることをお薦めします)

記事を読んだうえで、感じること – もっと聞いてみたいことがあれば、ぜひお気軽にコメント・メッセージをいただけたら嬉しいです

>> こちらへお寄せください。

皆さま一人一人の至福が広がりますように


/
アーユルヴェーダ省察プラクティショナー
K a o r i

 

Posted by:anandalife1007

コメントを残す