>> 11 の質問リスト一覧はこちらから
>> これまでのご質問 – 回答記事一覧はこちらから



Q・3
一般的には良いと言われている
発酵食品、ニンニク、キノコ類なども
アーユルヴェーダの質に
照らし合わせると合わないものもありますか


A・上記以外でも、
「食材 – 体質を鑑みた時に合わないもの」はあります

– – – – – – – – –

アーユルヴェーダ的解釈の一つとして、
古典チャラカサンヒタには以下のような記述があります

ヴァータ乾性、冷性、微細性、清澄性、粗性という属性をもつので逆の性質をもつ薬物によって即座に鎮静される

ピッタの属性は軽度の油性、鋭性、流動性、酸味、移動性、辛味なので、逆の性質をもつ薬物によって即座に鎮静される

カパの属性は重性、冷性、柔性、油性、甘味、停滞性、粘液性なので、逆の性質をもつ薬物によって即座に鎮静される

– – – – – – – – –

発酵食品 >> 酸味と重性があるもの。
摂りすぎると腸内の菌が異常繁殖して熱を帯びる、また重さを増すと考えます
発酵食品は健康に良いですし、多湿な環境下にある日本人にとっては最適ですが、摂りすぎると上記理由によりイライラしやすくなり、肉体が早く老けます
(腐敗した、腐らせたものはタマシックな食材)

ニンニク >> ニンニクは様々な食材のなかでも最高に「ラジャス」の要素が強いものです
熱性、鋭性、辛味、刺激性です
一食に対しほんの少しの少し、取り入れることで消化作用を高める効能はあるものの、ほとんどの人にとっては作用が強すぎるといえます
特にピッタの性質が優位にある人は避けて無難です
胃の不調、炎症、下痢、皮膚のトラブルがある人は食事からニンニクを完全に抜いてしまっても、恩恵の方が多く与えられるでしょう

キノコ類 >> アーユルヴェーダではその昔、毒キノコが発見されたことからキノコは全般的にタマシックな食物だと避けられてきました
日本では食べられる、美味しく栄養価の高いキノコが豊富です、安心して食べましょう(食事バランスを考慮して)

– – – – – – – – –

次回の質問回答記事もぜひお楽しみに。

>> 11 の質問リスト一覧はこちらから
>> これまでのご質問 – 回答記事一覧はこちらから


アーユルヴェーダの基礎理念を一から学ぶ
Ayurveda Holistic 基礎講座

* 第二期 2020年 3月~
:満席
— — — — — — — — — — —
* 第三期 5日間集中クラス
2020年 9月26日(土) ~ 9月30日(水)
満席・キャンセル待ち
— — — — — — — — — — —
* 第四期 定期受講クラス
2020年 10月14日(水) ~ 12月16日(水)
2020年 10月17日(土) ~ 12月19日(土)
お申込み受付中
-「 1 日 2 部制 – 調理編 / 講義編 全 5 日間 」
-「 少人数制でのプラクティスで自分に合ったペースで
体現的にアーユルヴェーダを学ぶ 」

-「 全 30 時間強のカリキュラムを修得したことを
証明する修了証発行 」

【調理編】
・毎日に取り入れられる
シンプルなアーユルヴェーダレシピ
全25品 (前後)

・朝ごはん – ランチ – 夕ご飯で
消化力を最善に整えるコツと調理法

・アーユルヴェーダの基本的な
スパイス – ハーブの使い方

・食事と健康の関係性、
生きるほどにラクになるための土台づくり etc

【講義編】
・アーユルヴェーダの基礎理念、
アーユルヴェーダとは

・五大元素と体質理論、体質ごとの傾向とケア
・食物や性質、場の性質と身体への影響
・消化力(アグニ)と未消化物(アーマ)の関わり
・健康~病気の 7 段階から健康の秘訣を確かめる
・個々に毎日の生活に取り入れられる
オージャス(活力素)を増大させること
etc

>> 全概要・お申込みはこちらから


アーユルヴェーダ省察プラクティショナー
K a o r i

Posted by:anandalife1007

コメントを残す