皆さまこんにちは

Ananda かおりです

アーユルヴェーダお便りを受け取ってくださり、ありがとうございます。

心から感謝をお伝えします。

これから、アーユルヴェーダお便りのコンテンツ内ではアーユルヴェーダ – 私 の側面から、今こそお伝えできるお話を綴っていきたいと思います。

「部分」ではなく「全容」のこと、
体質改善が内側から起きていった約 4 年前 ~ 今日までのことです。

これまでも、ブログ記事やインスタグラム内で
アーユルヴェーダの考え方や私的な実践内容、

体質や心の面での変化 – 緩和についてお伝えしてきましたが、

実際には、【綴り切れないでいたこと】-【実践ごとの背景にあった変容過程】が多々ありました。

自分の身体と心に絶えず展開していく流れ – 変化 – 停滞 – 緩和 – 循環は、どのような「知識」をも上回る「価値」だと私は感じています。

約 4 年ほどかけて今のこの身体 (と心) が「以前とまったく別人のようになっている」と気づく機会が増えたとき、
今なら「アーユルヴェーダお便り」として、その背景を含む一連をテキスト&動画でまとめることができるだろうと今回のコンテンツ制作に至りました。

アーユルヴェーダは
私をとても生きやすくしてくれました。

表面的な私、ではなく、本来の私が生きるための道を用意してくれました。

このコンテンツを通して、皆さまにとってもアーユルヴェーダが「直接的なもの」として感じられる機会になれば嬉しいです。

また当時 私一人だけでは辿り着けなかったであろうアーユルヴェーダとの出逢いを結んでくれた、多くの人への感謝、恩返しの想いもこめて綴ります。

アーユルヴェーダの知恵が、また必要とする人のもとへ届くことを願っています。



体質改善って、どんなことなんでしょう。

アーユルヴェーダと出逢って感じたことのひとつは「自分のすることすべてが自分になる」という本質についてです。

_ 体質改善といって、冷えを緩和させたり、内臓環境を整えたり、代謝をアップさせたり。‥

それらを望むときは「自分自身の行動と動機のすべてを省みることが必要」だと私は体感しました。

私はそれまで長い間、「部分的な見方」で何かを〝くっつけ〟たり、何かを取り入れれば「すべてが変わる」と期待していましたが、現実は全くそうではありませんでした。

アーユルヴェーダが伝えることは、自然の原則 = 普遍的な事実としてただそれは起きる、ということです。

体質改善は、「体質を改善しよう」と思ったところでそうすぐ変化しません。

体質を改善するということは、本来 – 身体が求めている暮らしや食事を知り、実践 – 研究 – 観察 – 継続していくことでかなうのです。

そして、そもそも自分の何が – どこが「原因」となって体質を乱しているかを自覚することも大切です。

私にとっての「アーユルヴェーダ」は、まさにここから始まりました。

“アーユルヴェティックな暮らし ” そのものを体感し、体と心の因果関係を直接的に感じる機会が 2016年にありました。

自然界のリズムに沿った暮らし。

自然界の力を得る食事。

体と心を浄化すること。

そうした中で「自分の無意識な分野から生じる行動」や、それにくっついていた考えを奥底の方で少しずつ理解していきました。

身体で体感してまず一つの変化をみたとき、心でその因果関係を感じて- そこから本質的な意味での体質改善が起き始めました。

一定の期間が経って私の基礎体温は 1 ℃上昇し、肌質も髪質も変化しました。

年中冷え切っていた身体の末端、乾燥してうねってどうにもならなかった髪の毛、オイリーだったり乾いたりで忙しい皮膚の私は、いつしかいなくなりました。

現在の月経については、PMSはほとんどなく生理そのものがとても軽くなりました。

自分らしく生きれる時間が、どんどん増えました。

現在の私にとって
生きる = その瞬間に在る自分 – 世界と出逢うことの連続です。

今のフィーリングに至るまでの約 4 年、一秒たりとも “ 同じ ” ことはありませんでした。

そのなかで何よりも体感しているのは “ 自分が生きている ” という確かな気持ちです。

その時なりの経験を選び、その時だけの感覚を全身で受け、観察を続ける日々のなか、

体質は以前とまるで別人で、すると性格もなんだか変わったようです。

身体が変わると、心が変わる。それは本当のことでした。

性格 – 人格は多くの場合、思い込みやイメージから作られていたことを感じたとき、私は元々 – 本質的に見ていた – 自分の本来のパーソナリティを再び見つけることができました。



私はこれまで「アーユルヴェティックな知識」そのものよりも「変化の瞬間」に視点を置きながらアーユルヴェーダをお伝えしてきました。

購読者様、フォロワーの皆様からは「実際にそこに至るまでどのくらい時間を要しましたか」や「こんな場合ではどうしていましたか」といったご質問等をいただくことが増えています。

「やり方」をなぞらえるだけでは – 本質的な(自分にしかない)変化 – は訪れないことを私たちは本能的に知っているものです。

「今」のフィーリングより、むしろ「どのようにして」の経緯を知ることで見出せるものは大きいと思います。

そこからさらに、本当に「自分のこととして」それを置き換えて捉え – 実践するときにのみ、内側から身体は反応し – 心は開放されます。

その可動から本質的な変容 – 体質改善が展開していく‥

そのために、実践を始めて4 年経った今なら「全容を総体的に」綴ることがまずまず可能だろうと、このコンテンツに着手しています。

この 4 年、私にとって【一秒たりとも “ 同じ ” ことはなかった】と云いました。

その日その日で “こんなことがありました ” と内容を発信するも、

本当は “ 過去こんなことがあって、そこからこういうことをして、そしたら【今日】こんなことがありました ” だったのです。

「部分的なやり方」から「本質的な変化」について発信することは、とても容易ではなく、私は最善の形と時とを待っていました。

その都度 – 毎回、それぞれの背景を掘り起こして(過去を遡って)詳しく何もかもを書くことは、これまで自分のなかで避けていることでもありました。

【一秒たりとも “ 同じ ”ことはない】なか、今を体感するのに精一杯で、【今は、今】というフィーリングを優先しきました。

発信する内容としては “ なんだか毎回不完全燃焼 ” 、だけど今は自分の人生を消化しよう、というように。

アーユルヴェーダと出逢って以降は、いつも「今」。「今」。「今」。…

自分の人生の毎瞬に夢中になっていく時間が多く訪れていました。

約 4 年が経ち、体質や心が “ おおよそ ” 新しい方向にむかって歩みを安定させてきた今。

今ならば少し立ち止まって、過去と紐づけて時間軸を前後しながら、‥ その全容を細部にわたって綴れるだろうということになりました。

やっと、“ 不完全燃焼だった部分を整理整頓ができる”と いう意味では、今回の試みはひとつ私自身 – 自分のためでもあるのです。


私は生まれてから一度も「真の健康」を経験したことがなかったと、アーユルヴェーダ(とヨガ)と出逢って本当に気がつきました。

病人の苦しみは病人にしか分からないように、真の健康における心地よさも真に健康になって初めて実感できるのです。

振り返れば、私は幼少期からすでに超がつくほどの偏食で、いつも好きなものばかり、それを制限なく満足いくまで食べ続けていました。

当然ながら忍耐力は乏しく、納得のいかないシチュエーションには顔を思い切り膨れ上がらせて怒るような子どもでした。

幸せそうに笑うことは決して多くなく、何かを取り上げられることへの恐れや執着を常に抱き、自分を満たす次のものは何か‥といつも何か探しているような、そんな子どもでした。

それより幼いとき、3 – 4歳の頃はもっと純情で可愛い女の子だったみたいです。

道を歩きながら花を眺め、一輪摘んでそれを持ち歩き、静かに一人遊びをしている子どもだったと母親から聞いたことがあります。

その後、7 – 8歳頃では偏食が加速して&長い反抗期で身体と心はコントロールが効かなくなり、

さらにその後 20歳では「超」がつくほどのパリピにまで成長してしまい、結構深刻な未病状態でその後 数年間生きることになります。

■ 生後からの健康状態時系列

・3 – 4歳  純粋な子ども時代、自分らしく過ごす日々
・7 – 8歳  偏食が定着、肉食で甘いお菓子が好き、炭酸水が好き、便秘の始まり
・20 – 21歳 砂糖中毒、アルコール依存症予備軍、不規則な食事と睡眠、不眠や耳鳴り、深刻な肌荒れ、ヘルペスなど。半年で 8 kg 太る。ヨガと出逢う。
・21 – 25歳 自分なりに暮らしを整えることを考え実践するようになる。
・26 – 29歳 ヨガ留学。アーユルヴェーダと出逢う。本質的な体質改善が始まる。
・30歳、現在 健康状態が安定する、精神が落ち着いて本当に好きなこと、自分のできることに集中できるようになる。


幼少期からとても長い間、身体と心との両面にいつも「詰まり」がある感じがしていました。

それでいて「空っぽ」な感覚もありました。

私にとって体質改善は、実にマイナスからのスタートでした。

長年未病の状態であったにも関わらず自覚がほとんどなく、むしろ「自分は健康な方」とさえ思っていました。(後半いよいよそうではないと薄々気づきますが)

「詰まり」が蓄積した結果、便秘や冷え、腰痛や浮腫みは慢性化し、炎症トラブルも持ち合わせていました。

習慣がもたらす苦痛について「人間らしい」と見える側面もあるかもしれませんが、どう見ても当時の私は「人間らしく」ありませんでした。

五感は乱れ、自律神経もコントロールを失った先で「よく分からないまま」で生きるしかありませんでした。

自分がなぜそれをしているか、その動機がどこから起きているものか、自覚が伴わない状態だったのです。

外側に期待や執着をし続ける一方、内側の奥底にはとっくに失望をしていて、出口を「見よう」ともせずにひたすらそれを「探して」いた時期がありました。

もっとも最悪だったのは、そんなにまでなっていても『どうにかなる』とすべてに対し向こう見ずな態度でいたことです。

アーユルヴェーダでは【健康】から【病気】まで 6 段階あるとされていて、現代では「ごく普通」とみなされるような小さな不調であっても、続く(完治しにくい) = それだけ毒素が蓄積し、病気の素になるということを表します。

「なんだか調子が良くない」が続く = 未病状態だとすれば、私は実に幼少期から約 20年近くも未病の状態を彷徨い続けていたことになります。

それではどうりで熱意が保たれず、忍耐力は欠け、目的を持ちながらも脱線し続けるわけです。

■ 当時の未病のサイン
・慢性的な便秘
・手足指先はキンキンに冷えているのが普通
・小学校高学年頃から肌荒れ、口内炎を頻繁に繰り返す
・毎朝寝起きが悪くなかなか起きられない
・集中力が途切れる
・耳鳴りがする
・寝付けず眠りが浅い、すぐに起きてしまう など

その後のヨガ留学を経てハッキリと分かったのは、自分が白砂糖中毒だったこと、そしてアルコール依存症予備軍であったことです。

「自覚」がなくともそれらを “ 完全に抜いて ” 2 – 3 週間経ったときの「すっかり抜け殻な感覚」や「ここにない何かを渇望」していたことを見ると、いかに自分が何かによって突き動かされ – コントロールされているかを気づきました。

特に 20歳を迎えた頃、朝起きると空虚感に包まれ、今 自分が生きていることが架空のことのように感じられてベッドから起き上がれないような日もありました。

当時私は、毎日仕事と外的付き合いとで自分自身からすっかり抜け出て過ごしていて、毎日アルコールで脳をどこかへ追いやっては感情を思い切り吐き出し、気が済むまで自我を散漫にし、発散させた気になってから気を失うように何とか眠りにつく…ようやく眠れても 2 – 3 時間でまた起きて、仕事へ向かう・・・そんな日々を過ごしていました。

本当はいつも、心では「幸せになりたい」と願っていました。

「自分は幸せになれるんだろうか」と度々苛まれつつ、「でも、きっとそうなる」と、望みを – 自分を捨ててはいけないことも本能的には分かっていたのです。

恐れているものは克服できるはず、
信じているものはかなうはず、

そんな感情が確かに私のなかにもありました。


【アーユルヴェーダお便り】は、現在 ~ 過去( 4 年またはそれ以上 )への時間軸を遡りながら全容を辿り綴っていきます。

これまでの体感から実際に起きた体質改善の過程を「テキスト」に掲載し、
シンプルで簡単につくれるアーユルヴェーダ料理レシピやセルフケア等を「動画」に収録します。

すでに挙げた未病のサインに加え当時深刻にあった状態からの回復までを、5 話にわたって閲覧いただけます。

■ 当時の未病のサイン(一部)
・慢性的な便秘
・手足指先はキンキンに冷えているのが普通
・小学校高学年頃から肌荒れ、口内炎を頻繁に繰り返す
・毎朝寝起きが悪くなかなか起きられない
・集中力が途切れる
・耳鳴りがする
・寝付けず眠りが浅い、すぐに起きてしまう

and…

>>「白砂糖漬けの食生活から天然の甘味で満足する心身になったこと」
>>「アルコール依存症予備軍から現在は一滴も飲まずシラフでも楽しく生きられる自分になったこと」
>>「怒り・不安・恐れ‥見えない感情の整理整頓で今現在に生きられる自分になったこと」
>>「助けてほしいと嘆き続け相手を疲弊させるよりも多少は助けることができるようになった自分を創ったライフスタイルのこと」
>>「本当に愉しいこと、歓ばしいことが最も近くで起きるという体感を得たこと」… etc

00.
【 プロローグ、Kaoriからメッセージ 】
私にとってのアーユルヴェーダ ~

~ 本質的に起こる体質改善 ~
・体質改善って、どんなこと?
・現在の私にとって、生きることとは

~ 今なら、振り返ることができる ~
・すべての物事には必ず適した時期というものがある

~「超」未病状態で身体も心も痛かった ~
・生まれてから一度も「真の健康」を
経験したことがなかったという事実

~ 生後からの健康状態時系列 ~

~ 自覚のない未病 ~
・本当はずっと願っていたこと

~ 自分の健康状態を知る第一歩 ~
・思っていたよりも、執着は根深い

01.
【 アーユルヴェーダな暮らしって何? 】

~ アーユルヴェーダと出逢ってまず初めにしたこと ~

~ マイアーユルヴェーダ期間 ~
・アーユルヴェーダに出逢うもっと前の、パリピ期間

~ ヨガ、(そしてアーユルヴェーダ)
・散らかすだけ散らかした後に

(ヨガ、)そしてアーユルヴェーダ ~
・五感で感じる自然由来の暮らし方

~ 一か月間のヨガ & アーユルヴェーダ ~
・知らない自分、懐かしい自分

~ 滞在中のスケジュール・一日の過ごし方 ~

~ アーユルヴェティックな暮らしから
実際に体感した変化 ~

・体と心の毒が抜け落ちた結果

~ 一か月間の留学から帰国後、まず初めに行ったこと ~
・買ったもの、取り入れたこと、やめたこと

アーユルヴェーダライフ動画 01.
「私にとって、体質改善とは」
「毎日の身体をつくるキッチンのご紹介」

02.
【 不要な執着を緩和させる地道な過程 】

~ 古い習慣に呼び戻されそうになったとき ~
・迷ったときの心境とその対処の手立て

~「新しい自分への期待」と
「古い自分に戻ることへの恐れ」~

・甘いものへの依存、外食を懐かしむ動機を見つめて

~「あとどのくらい、その結果が欲しいか」~
・毎日の自問自答、毎日の修養

~ フォーカスする先はいつも「同じ」。
そのために「多方面」から見つめる ~

・ヨガとアーユルヴェーダが人生に反映される過程

動機が分かれば対策が見つかる ~
・目を背けたままでは変わらないこと

~ 自分を大切にすることとは ~

~ アーユルヴェーダを軸とした
アーユルヴェーダシェフトレーニング ~

・ヨガ留学から 1 年後、再びハレプレへ

アーユルヴェーダライフ動画 02.
「今日のアーユルヴェーダご飯 」
「3,000 円の焼き芋」
「砂糖に酔う日」
・ 

03.
【 体と心が真に求める場を知り続ける 】

~ 肌質と排泄が整い、基礎体温が 1℃上上がった ~
・内側から湧く本当の自分らしさ

~ 食物から身体が、心がどう変わるか ~
・食物だけは健康にならない

~ 定着した日常でのルーチン・概要 ~
・日本 – 東京の中心でこそ続けたい

~ 原因と結果 ~
・なぜ変わりたかったか、変われたか

~ 失敗もあった方がいい ~
・自己観察がすべて

アーユルヴェーダライフ動画 03.
「今日のアーユルヴェーダご飯」
「夜の待ち合わせは鍼灸院」

04.
【 アーユルヴェーダレシピが本当に役立つとき 】

~ 本当の自分らしさを模る食事と暮らし ~
・関係性が見えてくる

~ アーユルヴェーダレシピが本当に役立ったとき ~
・なぜ、健康になりたいかの答え、
基礎講座とヴォーカリストオーディション

~ 自然のサイクルで「選ぶ」~
・体と心で何をするか

~ 健康で過ごせる時間が長くなる ~
・今の私にフィットしていること、一日の流れ

アーユルヴェーダライフ動画 04.
「アーユルヴェーダ的セルフケア ① 」
「世界との闘い」


05.
【 アーユルヴェーダが教えてくれること 】

~ 満たされた命が関係と環境と人生を創る ~
・自分らしさが分かって初めて見えること
・パートナーとの関係性、これからのこと

~ 終わりに ~

アーユルヴェーダライフ動画 05.
「アーユルヴェーダ的セルフケア」
「 100 問 100 答 」
いただいた質問へ動画内で回答します
皆さまのご質問をぜひお寄せください
アーユルヴェーダのこと、その他なんでもお気軽にどうぞ。

 


N e x t

>> 次回エピソードに続く ( フリー )

この道のりをともに歩んでくださる皆さまに、
心から感謝いたします。

 


アーユルヴェーお便りが誕生した経緯
「アーユルヴェーダ・ヨガでどんな変化があったのですか?」


Posted by:anandalife1007

コメントを残す