Ananda 活動 3 年目になってのつぶやき

Ananda を立ち上げて 3 年

この 3 年間は特に
私の人生にとって新たな風合いをもたらし、

様々な出逢いのおかげで
今日までこれたことを想いながら、

まだ振り返るには早いですが
今の想いを少し書き留めておこうと思います


ヨガ、アーユルヴェーダとの出逢いは
私にとって
「自分を自分らしく生きるためのツール」として

それまで外界に向かいがちだった
すべての基準値、

自分自身の理想像や食事の概念等に関わる
“フォーカス”の矛先を内側へと引き戻してくれました

・これが欲しい、なぜ?
・これがしたい、なぜ?
・これがきらい、なぜ?
・これが大好き、なぜ?

シンプルで小さな問いが
これにより私の中で芽生えていきました

ヨガが示す “高次の自己”、
アーユルヴェーダの導く “総体的視野”を
Ananda を通して私自身、
常に学びの機会をもらっています

プラクティスでは
これまで何度か親友や家族が
準備工程の手伝いや撮影に入ってくれたり、
アーユルヴェーダの軽食会で
サポートシェフとして入ってくれたことがあります
(本当にありがとう!)

その他はすべて一人でやっているわけですが、

ヨガとアーユルヴェーダの教えが役立ち、
支えてくれる皆さんの想いがあることで

割に一人でも平気に続けてこれたと感じています

正直、当初は
ほとんど何も具体的に考えないままに

「この、体と心に起こる歓喜をシェアしたい」
始めたことだったので、

ある意味で色々と心配をせずに
その都度やってくる場面を
淡々と経験するように進んできました

結果として、
起こったことの全てが
その時々で自分に必要なことであったと感じます

一人でやっていると
時間の関係等で時々
体がちぎれそうになることもありますが

それ以上に、
一人でもきちんと続けること
決めたことを思い描いた通りにやることの意義
今も体感し続けています

“ここはこうした方がいいよ” などという
直接的なアドバイスもない中で

どうしたら自分自身がシェアしたいこと
ここへ来る人のニーズが合致するだろうかと

考え抜く過程では
「人生のすべて」を魅せられていることにも気づきました


思考、解放、創造するというサイクルで
“ 多くの人がこうやって
人生を積み重ねて生きているんだろうな ”

と 自分が
これまで持ち合わせていなかった視点での
理解が芽生えるようにもなりました

これまでは自分の好きなことだけ、
得意なことだけを好き勝手にやって
やり散らかす、

そんな態度だった自分から

Ananda の活動で
好きでないこと、
苦手なこともやって、

一から十までやり通してみて
初めて身につく力があるというのが分かってきたり

様々な因果関係のなかで
自分という人間が生きられている – 繋がり
そのものを
知るきっかけにもなりました


アーユルヴェーダへ案内人として

5000年以上の歴史をもつアーユルヴェーダを
現代社会に生きる人々へシェアする一案内人として、

・じゃあ、私は – 今日 – 何を – どうする?

と 人生は毎瞬が
創造性 – 可能性に満ちていることもまた

Ananda を通じて感じさせてもらっています

日々皆さまからいただく
体調の変化や、
心の向きが好転した経緯、
執着していた事からの解放、

…あらゆる奇跡のメッセージが
今日も命 – 自然界の恵みを知らせてくれます

そうしていくうち、
私たちは時代
の枠組みとしての
“ 組織 ” から守れている以上に

“ 自然界 ” から守られ生きているんだと気づいたとき、

そこにすべての可能性を再発見したのです

時代は巡り、
社会も変化していくなかで、
私たち人間は どう生きていくべきなのか

健やかな身体と愛する心のために、
なにを選び、選ばないかに明晰でありましょう

そのために
アーユルヴェーダやヨガの智慧を
どう暮らしへ取り入れ活かすかを
これからも問い、ここに見出し続けます

すべての恩恵が 当時 3 年前に
自分が思っていた以上のものであったということ、

この場を借りて皆さまへ深く感謝申し上げます

ここで出逢えたすべての皆さまへ
今後、ここで出逢うことになるすべての皆さまへ

心からの感謝と愛をこめて


“自分を知ることによる幸せ”
ヨガとアーユルヴェーダと食事
全米ヨガアライアンス認定 ヨガ指導者
Hale Pule 認定 アーユルヴェーダシェフ
k a o r i

関 連

  1. 【 5 日間集中クラス 】Ayurveda Holistic…

  2. Ayurveda Holistic 基礎講座 / 一から丁寧…

  3. 【2020年 7 . 8 月プラクティス開催のお知らせ】

  4. Āyurveda &Việt Nam 軽食会 終了しました

  5. 自分の命を守る方法

  6. 2019年もよろしくお願い申し上げます

最新記事 おすすめ

ブログ 購読

ツールバーへスキップ