180A n a n d a は
身体を、マインドを ひらき、
“心の歓喜” を体感する場を設けています


A y u r v e d a & Y o g a


「 生きるほどにラクになる 」

健康になるには、幸福でいるには、
自分の体と心を大切にすることから始まります

アーユルヴェーダの原理に沿ったサトヴィックな食事、
ヨガの真髄に根差した静かなヨガアサナ、…

Ananda のプラクティスでは
少人数制だからこそ
体験できる
静けさとやわらかい時間ともに、
体・心の内から広がっていく
無限の歓びを通して

あなたが自分自身と出逢う場であり続けます

/

古代より継承されてきた伝統医学であり
世界保健機関にも認定されている
人間のためのホリスティックな科学
「アーユルヴェーダ」

組織の動かし方、扱い方を通して
心の制御を実践する
すべての人のためにある
「ヨガ」

双方の教えから、
日々の身体と心の結びつきを安定させ、
肉体的にも精神的にも
“ その人らしさ ” を

輝かせるためにできる
「食事」と暮らし方を提案しています

> 主 宰 概 要 <


アーユルヴェーダ …?

アーユルヴェーダは、
WHO(世界保健機関)が認定する
世界三大伝統医学の一つです

アーユルヴェーダは
今から5000年以上も前から

“生命の科学”として
賢者らによって継承されてきました

人間の身体的仕組みは
自然・宇宙の摂理と共鳴し合い、
そこに真の調和がもたらされるとし、
様々な面から体と心の健やかさに
アプローチするものです

アーユルヴェーダは、
食事療法、ヨガ、アロマテラピー、
オイルマッサージ等を用いて
本来備わっている治癒力を
全身・心から引き出します

これにより、
体 – 心 – 魂の繋がり合いが根付くとき、

身体機能と精神状態に
光が宿ります

“人生は歓びのためにある”というのが
アーユルヴェーダの極論であり、
私たちは皆平等に
その機会を与えられています

人 生 は も っ と お い し く な る

> cooking class <

//

ヨ ガ…?

ヨガの極地は “心の死滅”と考えられています
: 三昧(サマディー)

そのようなことは到底むりだ…
としても、

私たちは身体を通して呼吸を行い、
自分の動き方にフォーカスする過程で
そのことに気づきます

自分の心に湧き起こる雑念や先入観、
固定概念がいかに人生を湾曲させているかを

すべての作用、感情が
一種の “雑音”だと分かると、
私たちはそれを扱う方向性を改めて
有益な面へと活かすことができます

ヨガは呼吸とともに体の動きを
シンクロさせることで
身体という組織に生命力を送り込みます

“頭の位置は重要です”
と私はヨガの匠から伝えられました

一つの位置・動きは
すべてのバランスに関わるということなのです

息を吸うことは = 受け入れること
吐くことは=手放すこと

この循環を
今この瞬間から実践するのがヨガです

内 側 か ら の 安 定 と 強 さ を 築 く

> p r a c t i c e <


dsc_0493167674962.jpg「人 生 は 過 程 の 積 み 重 ね」

アーユルヴェーダやヨガの実践は
人生はすべて
過程の連続に過ぎないと教えてくれます

身体の扱い方を知り
呼吸がスムーズに流れるとき、

体調に見合う食事を知り
体と心が整い出すとき、

私たちは ほかでもない
“ 自分に用意された人生 ”を経験する力
養い、日々高めていくことができます


ご利用規約
< キャンセルポリシー >