A y u r v e d a

お 料 理 教 室


身 体 と 心 を 整 え る 食 事 

アーユルヴェーダの原理を取り入れた、
シンプルでやさしい料理をお伝えします

食べるほどに体も心もラクになる、
食材の味と滋養が生きた
プラーナたっぷりの食事をお楽しみください


開 催 日 時


10 /  5  ( 土 ) 10 : 00 ~ 13 : 30
10 / 16 ( 水 ) 10 : 00 ~ 13 : 30

10 / 24 ( 木 ) 10 : 00 ~ 13 : 30
10 / 25 ( 金 ) 10 : 00 ~ 13 : 30
10 / 26 ( 土 ) 10 : 00 ~ 13 : 30

11 / 15 ( 金 ) 10 : 00 ~ 13 : 30
11 / 20 ( 水 ) 10 : 00 ~ 13 : 30
11 / 21 ( 木 ) 10 : 00 ~ 13 : 30

10 – 11月 / 秋の養成レシピ

最新スケジュール一覧

> お申込みはこちらから <


開 催 場 所


東京都 中央区 勝どき駅より 徒歩圏内
( 東京駅よりバス直通 23分 )

詳細はご予約時にお知らせします

< 遠方よりお越しの方へ >
開催地 敷地内に宿泊いただけるお部屋があります
利用を希望される場合はお申し付けください

ゲストルーム詳細


“アーユルヴェーダ料理って?”

「 体の調子を整える 」

乱れ – 不調 – 病 を緩和し、予防する
体・組織をつくることを前提とする
アーユルヴェーダ

その料理では、
【体質・体調】や【季節・天候】を
考慮した食材選びに始まり、

それぞれの状態にバランスをもたらすよう
調理を施していきます

食べることで
体の本来の状態を引き出し、
心も満ちていく食事です



「 消化力を高める 」

アーユルヴェーダ料理には
スパイスやハーブを効果的に用いて
体の治癒力を引き出すことで、
消化力を高める作用があります

消化力が高まることで、
食物から得る滋養を

順調に吸収 – 変換 – 浄化 – 排出
させることができます

「 生きるほどにラクになる 」

毎日必ず行う「食事」
アーユルヴェーダの原理原則が一度わかると
それらを継続する過程において
永続的に起こる癒しを経験します

アーユルヴェーダ料理では
心身ともに本調子を取り戻し、
生きるほどにラクになる自分を養います

> 受講者様のお声 <

“サトヴィックな調理内容”

プラクティスには
その時々で手に入る旬の食材を使って
その日にぴったりな
“バランスをもたらす食事”を作ります

> 当日の調理 / 食材等について <


健康な体を育み、
人生をもっと楽しみたいと願う
すべての人へおすすめです

アーユルヴェーダ料理が初めての方
体の不調を緩和する食事を取り入れたい方
長期的な健やかさを育む手立てを知りたい方
自分の状態を見つめ直し、
日々のセルフケアに必要なことを知りたい方

受講を決められた方からのお声

アーユルヴェーダを学びたくて、
ずっと気になってました。

インスタいつも楽しく見させて頂いております。

アーユルヴェーダはずっと興味があるけど、
なかなか勉強する機会がなく
なんとなくな知識しかないので
基礎をしっかり学びたいと思います。

アーユルヴェーダ初心者ですが
よろしくお願い致します。
アーユルヴェーダに興味を持っていて、
今も少しずつスパイスを普段の料理に
取り入れたりしていますが、
もっとレパートリーを増やしたいのと、
ブログで記事に書かれている
アーユルヴェーダの知識のところを
直接もっと聞いてみたいと思ったからです。

食を楽しみながら、健康で、
気持ちも穏やかでいられることを大事にしています。

健康のためにと、
おいしくないものを食べ続けるのもつらいし、
好きだからと偏った食事が続くのもよくない。
適度にバランスをとりつつ、
食事を楽しめる身体で
あり続けられたらよいと思っています。

マクロビやローフードもやったことがあります。
ローフードでは加熱しない食事から
酵素をとるという考え方ですが、
アーユルヴェーダでは加熱した料理が多い中、
酵素をとることについて
何か教えがあるのならば知りたいです。

あと、スパイスの和食への取り入れ方。
スパイス使うと、
どうしてもカレーっぽくなってしまい、
毎日に取り入れるのに
少しずつ難しさを感じています。

自分はよくても、
旦那さんにはちょっとかな、とか。

アーユルヴェーダを続けることで
感じているメリットや、
変化についても聞きたいです。
かおりさんから
アーユルヴェーダのお料理を教わって、
家族にも摂ってもらうようになり
心身共に健康になってきました。

落ち着いて生活が出来る事の喜びを感じながら
日々を過ごせるようになりました。

季節に合わせたスパイスの取り方や
特徴を知り、活かしたいと思います。
今年からヨガをはじめ、
以前より全然メンタルが安定しているため、
さらに食事の意識改革もできたら、、
と考えたからです。

疲れにくい、メンタルが安定している
カラダになりたい、と思っています。
背中のが硬いので、
カラダの緊張をときほぐしたり、
アレルギーによる痒みから解放される
食事の仕方など、教えて頂きたく思います。
先日キッチャリーのレッスンに参加させていただき、
大変美味しく体調もとても良いので、
もっともっとアーユルヴェーダのレシピを
沢山教えていただきたいためです!
お聞きしたいこと、沢山です!


受 講 料 金


A 8,000
( 自家製ギー・焼きたてベイク・Ayurveda 冊子付 )

B 6,000
( Ayurveda 冊子付 )

各プラン 特典案内


お 料 理 教 室 で 体 験 で き る こ とバランスを築く食事の真髄を知る

長期的に健やかな体をつくるために
アーユルヴェーダから食事に関する
いくつかの提案があります

これらは 5000 年以上も前から人々によって継承された
“自然の原理”を網羅したしたものであるために、
誰にとっても、
どのような状況下に居る人にとっても
共通して活かせる事柄です

肉体と精神の調和を築くための食材・献立バランス
オーグメンティングとエクストラクティブの黄金比

代謝機能、免疫、体内の治癒力を整える調理法
消化力を高める調理法

自分の体・状態を知り、それに見合う食材を選ぶ
体質 / 体調 / 季節に沿った食材選び

ある日の調理例:

アーユルヴェーダ流 滋養をもたらすスパイスご飯
ほっとする 豆のポタージュ
体内を浄化する 季節のモイスチャーサラダ
神経系を穏やかにする 根菜のハーブロースト
アーユルヴェーダチャツネ
消化力を高める 生姜の前菜

/
自分の身体と向き合い
本当にベストなことを知る

今よりも健康度を増していきたいときには
まず「今の自分の状態」を知ることが大切です

消化力、冷え感、火照りの有無、浮腫み、滞り…

一人ひとりが体質も個性違うことから、
体が訴えかけている現状の乱れや不調も様々です

お料理教室では
アーユルヴェーダの基本に触れる座談に始まり
シンプルな調理工程、
落ち着いた食事空間の中で
「今の自分の状態」に寄り添う機会を体感いただきます

少人数で全行程を進めていくので
ご質問やリクエストには柔軟に対応いたします

「今」にしか得られない大切な時間を
ぜひ “自分と”過ごしていただけたらと思います


ご 予 約 後 の 流 れ

1 ご予約フォームよりお申込ください
2 アドレス宛にご案内をお送りします
3 指定された期日までに料金をお振込ください
4 確認後、正式なお席確保となり
ます

> お申込みはこちらから <

3 名様 ~ 貸切開催承ります 

過去開催 – レポート記事


ア ー ユ ル ヴ ェ ー ダ 料 理 に こ め る こ と

cooking / practice

ご利用規約
キャンセルポリシー