【 1月の過ごし方 】春先の結果になる大切なこと

「冬の間の過ごし方」は「超」重要です

12 ~ 1 月の初冬、
体は寒さをしのぎ生き延びようと四季のなかでも最も高い新陳代謝能力を発揮すると考えれています
この時期は、心身の健康状態を促進し維持するのにとても適しているのです

アーユルヴェーダの教えから見ても、
冬の間に行われるケアはそのまま春に向けた“養生”になるということが分かります

この季節にアグニのケアが行き届き体内からの流れが整えば、健やかさのための“種”をしっかりと植えられます

*アーユルヴェーダの古典でも【冬は石でも消化できる】と記されているんだそう

現代では、冬になると風邪をはじめとした様々なウイルスが発症されやすくなっていますが、これは「本来の人間の機能」が、「現代の環境下」で暮らすことに適していないことの表れです

・エアコンなどの暖房器具によって体の体温調整機能が低下したこと
・低品質の食べ物を際限なく食べる習慣から過剰な未消化物が蓄積されること
・極端な運動不足による組織機能低下、同時に呼吸不足
・「速さ」「冷え」「乾燥」などヴァ―タを乱す様々な事柄‥‥

これらが私たちの内にある“自然な状態”を乱す原因になっています

自然から離れれば離れるほど“うまくいかない”ということを、体はよく知っているのですね

季節に応じたライフスタイルの形成は、本来本能的に感じ取って自らできるようになりたいもの、

自分の身体を知り、愛で、環境下に適した過ごし方を実践し冬を楽しみましょう


食事は心地よい感情とともに

冬は、本来の機能上、消化力は比較的強い時期にあたります

バランスの乱れとは別に、この季節では少々の食べすぎや肥えは自然の現象なのです
が、「何を」「どのように」「どうして」取り入れるかが、後々の健康状態に大きく関わります

食べる過程では“心地よさ”が大切な要素になります

心から美味しいと思えるものを、やわらかな心でいただきましょう

素晴らしいご馳走が目の前にあっても、食べる本人に感情の詰まりがあったり逃避の思いからそれを口にすれば、アグニ(消化力)に直接作用しうまく消化できないからです

・食事する空間に意識を巡らせる(他の事情・感情を持ち込まない)
・その場を整理整頓する(電子機器は遠くに追いやる、ながら食べをしない)
・食事前に一息ついて口と腹部をゆるめる

‥‥たったこれだけの工夫でも体の巡りは変わます
心身が一体となって食事を取り入れることができます


1 月に薦められる食事

基本的には心から“美味しい”と思えるものを食べるようにしましょう

食べることは暮らしの土台です

家族や知人の作る手料理や、自らの手で作ったシンプルな料理に愛情がこめられていれば十分な食事になります
仕方なく食べていると感じている食べ物や、極端な、過激なものを口にするというのは、その分得られる滋養も乏しくなります

初冬(12 ~ 1月)で特に薦められる食事について記載します

・ホカホカの鍋(新鮮な魚介類や野菜をたっぷりに)
・良質な油分、適度な水分を含む煮物やソテーした野菜
・お粥、雑炊、キッチャリー

– 食材、調味料など –
・サツマイモやカボチャ、人参などの根菜類
・ダイコン、カリフラワー、レンコン、カブなど冬が旬の緑野菜
・ブリ、鮭、タラ、ホタテ(寒い季節に採れる旬の魚類)
・みかん、ゆず、ライムなどの柑橘系
・生姜
・ギー
・ごま油
・オリーブオイル
・ひまわり油
・シナモン
・フェヌグリーク
・クミン

– 味 –
>> 冷え・乾燥が過剰な場合
【甘味】【辛味】【酸味】

>> 浮腫み・肥満が過剰な場合
【辛味】【渋味】【苦味】

体と心に作用する【アーユルヴェーダの6つの味】


 1 月に薦められる暮らし 

・早寝早起き
(日の出96分以内の起床~22:00前後の就寝が理想)
・首と耳、手首と足首を温める
・朝の沐浴
・朝のヨガ
・朝の散歩
(とにかく午前中のうちに身体を温めることを集約)
アヴィヤンガオイルマッサージ
・一日を通して白湯を飲む
・シャタバリ白湯、生姜湯を午前中に1杯飲む
・陽を浴びる、日光浴などを積極的に

以上

どれも自宅でできること、自らの選択によってかなうシンプルな事柄です

これらの楽しみがあると春先の体の状態はきっと例年とは大きく異なっていくと思いますので、ぜひできること一つからでも取り入れてみてください

春の花粉症やアレルギー症状は、冬の間に蓄積した毒素によるもの・・・
そんなお話も今後お届けしていきます

1 – 2月のアーユルヴェーダお料理教室では上記の事柄をベースに、
【解毒】と【新しい自分】をテーマに内側からの浄化を促す美味しい食事レシピ、暮らしの実践をレクチャーします

アーユルヴェーダ初心者様、歓迎です
ご都合の合うタイミングにぜひご受講ください

お料理教室開催 / 概要


いつも愛をここに
“自分を知ることによる幸せ”

ヨガとアーユルヴェーダと食事
全米ヨガアライアンス認定 ヨガ指導者
Hale Pule 認定アーユルヴェーダシェフ
kaori


関 連

  1. 毎朝4:30に起きる理由

  2. キッチャリー日常化のすすめ

  3. 誰のためでもない、自分のために

  4. 【キッチャリーづくりお料理教室】凛と美しく自分らしく

  5. -レシピ – アーユルヴェーダパンケーキ

  6. 「 1 日のディナチャリヤ」

最新記事 おすすめ

ブログ 購読

ツールバーへスキップ