【 アーユルヴェーダは、有益な人生 – 幸福な人生 – 不幸な人生 –  寿命をより良くするもの – 悪化させるもの、そして「生命の本質」を扱う 】

チャラカサンヒタ/ アーユルヴェーダの定義より


アーユルヴェーダは、WHO(世界保健機関)が認定する世界三大伝統医学の一つです

アーユルヴェーダは今から5000年以上も前から“ 生命の科学 ” として賢者らによって継承されてきました

人間の身体的仕組みは自然・宇宙の摂理と共鳴し合い、そこに真の調和がもたらされるとし、様々な面から体と心の健やかさにアプローチするものです

アーユルヴェーダは、食事療法、ヨガ、アロマテラピー、オイルマッサージ等を用いて本来備わっている治癒力を全身・心から引き出します

これにより、体 – 心 – 魂の繋がり合いが根付くとき、身体機能と精神状態に光が宿ります

“ 人生は歓びのためにある ” というのがアーユルヴェーダの極論であり、私たちは皆平等にその機会を与えられています


人 生 は も っ と お い し く な る

> Ayurveda Life Cooking

ツールバーへスキップ