食べたもので精神はつくられる【 後半 】

今さら感はありますが、
アーユルヴェーダの教え・自然との繋がりからみる「 食事 」とその捉え方について
【 前半 / 身体編 】【 後半 / 精神編 】でお届けします。


食べたもので精神はつくられる
【 後半 】

タマシック ( 古い、死んだ ) な食べ物ばかりを食べていると
精神にも重さや鈍さ、だるさが増大していくのが人間です。

神経系に浸透する滋養や生命力は
たちまち内臓に行きわたり、
それがヒラメキや温かさとなって精神によって肉体を機能させるからです。

以前にアーユルヴェーダ医が在中する
ハタイクリニックへ問診で伺った際、

「 あなたはタニモトカオリをつくりなさい 」に続いて
「 プラーナのあるものを引き続き食べること 」と言われました。

何か活動意欲のある人、
またそのヴィジョンのある人は

是が非でもプラーナのある食べもの

新鮮で、とれたてで、作り立てで、
絞めたて(!)のものを軸に食べるべきだということです。

( 人間が本来食べてきたものそのもの )

そうでもしなければ精神も肉体も同等に
〝 エネルギー不足 〟になり、

あらぬ方向に飛び散り、
または行き違いを起こし、
その意欲やヴィジョンは撃沈してかなわぬものになるから。

・・・
大袈裟に思う方もいるかもしれないが、

実際に過去自分のフィーリングを振り返ってもその通りでした。

風邪を引いて心身ともにやる気をなくしていたとき、
魅力的に感じて目に映ったのは

〝 すでに調理が済んだ、パッケージされたお惣菜 〟でした。

防腐剤がしっかり含まれていようが
そのことなど考える間の前に
〝 美味しそう 〟に感じたのでした。

鮮度がなく
加工されすぎたものが中心となった食生活では、
創造的かつ意欲を保ったうえでの活動は難しくなります。

充分に消化吸収できないものは
消化管で留まって未消化物となり、酸化するだけです。

無事に〝 排出 〟されたとしても
実際は〝 それだけ 〟で、良いエネルギーを心身に蓄えません。

例えば、過剰なコゲに生じる
〝 香ばしさ 〟は味蕾や嗅覚にとって中毒性を引き起こします。

そこからなんとなしに
「 揚げ物を食べないと気が済まない 」
という依存症にもなり得ます。

そのようにして精神はありとあらゆるものを感知し、
察知し、必要に応じて変換し、
思考や感情にそれをインストールします。

鮮度が高い食材を調達して、
とれたての食材をセレクトして、
炊き立てで食べるご飯には

それだけで滋養がたっぷりで、そのものにある
オージャス( 活力素 )や
プラーナ( 生命力 )を豊富に得ることになります。

食物に対する愉しみが不振で
食べる行為に自然界との繋がりを感じ得ないとき、
私たちの精神は飢餓状態にあるでしょう。

「 痩せるか、太るか 」などといった強迫観念は
すでに食物との関係性が閉ざされている状態を表します。

食物は本来、生きるため、
活きるために食べるものです。

Ojas 生成プログラムは、
毎日の食卓に取り入れやすい & 続けやすい食材一式と

シンプルで簡単なアーユルヴェーダレシピを付属しています。

次回発送到着は 10 / 23 (土) を予定しています。

食欲の秋、消化力を整えて最善の自分で過ごし、
もっと食事を美味しく味わい、楽しみましょう。

概要は以下を参照ください。

次回便 10 / 23 (土) 到着予定

[ 消化力を整える食材・Ojas キット ]

>> 穀物ブレンド(米)/ ダル(豆)/ パンチャナッツキット / オリジナルスパイスブレンド各種 / 自家製 Ghee(ギー)/ シーズナルハーブティブレンド / ミネラル塩 など

消化力を整えて安定した身体を創るのに必要となる食材を一式、ブレンドしてご用意しています。
季節に応じてブレンド内容をアレンジし、
体質や消化力の状態を鑑みて必要に応じて個別のカスタマイズをしています。

2 週間分 or 1 ヶ月分よりお選びいただけます


[ 毎日に取り入れやすい
シンプルなアーユルヴェーダレシピ・動画 ]

時間がかからず簡単で、シンプルなアーユルヴェーダレシピを複数提案しています

アーユルヴェーダオムライスと和ーユルヴェーダお吸い物、
キッチャリー、ご飯、ダル(豆)レシピ、
モイスチャーサラダ、根菜メニュー、
など


[ アーユルヴェーダの教えをもとにした
セルフケアガイダンス& 体質診断シート等 ]

消化力を整えるチェック事項や点検ツール、
1 日のなかでできることについて記載された冊子をお送りしています

そのほか体質診断シートや健康日誌等、
暮らしのなかでアーユルヴェーダを紐解きながら
体に寄り添うキッカケになるツールを含んでいます

ほか


アーユルヴェーダの基礎知識を一から学び、
できることから一つずつ日常に反映させるには

Ayurveda Foundation 講座が役に立ちます。

講義式の動画が全 20 時間分、
専用テキストが PDFにして 100 ページほどありますが、
アーユルヴェーダの基礎 ― 土台を
徹底的に分かりやすくかつ細かに学んでいただけます。

概要は以下を参照ください。

10 / 1 (金) ~ 次期開講

[ Ayurveda Foundation 講座 ― 専用テキスト ]
WEB 版& PDFデータ 全 97 ページ
アーユルヴェーダの基礎理念・体質理論・消化力・暮らしの中でかなえる健康と幸福の様々な知識を収録


[ カリキュラム専用 講義動画 ]
実際にアーユルヴェーダ初心者様を迎えての対話式講義動画
全 25 本 ― 20 時間分のテキストに沿った講義内容にて


[ 各課題シート ]
日常的実例をもとに考察する課題 1 ~ 5


[ アーユルヴェーダの基礎ツール ]
体質診断シート / 消化力チェックシート / アーユルヴェーダウエルネスジャーナルシート /
ほか


[ 個別ライフヒアリング 60 分 ]


[ カリキュラムを修めたことを証する修了証 ]




今より来月、来月より来年に
きっともっと自分らしく心地良く過ごせることにフォーカスして、
今からできること、今ほんとうに学びたいことを土台から養いましょう。

On Line 講座ではありますが、
これまでの 4 年間で対面プラクティスを経て実感として浮き彫りになったこと
や、受講者様一人ひとりのフィードバックから取り入れやすいこと、続けれたことを最大に要約しています。


アーユルヴェーダ省察プラクティショナー
K a o r i

関 連

  1. 【Ayurvedaお料理教室】バランスをもたらす食事- 春に…

  2. <カパ>浮腫み、冷え、停滞感、肥満が生じる人のための食事

  3. – レシピ – すべてを満たす野菜入…

  4. 寝起きにみる体の状態

  5. 今日を、あなたのために生きたい

  6. よくご質問いただくこと 「スパイスはどのくらい、どう使うの?…

最新記事 おすすめ

カテゴリー

ブログ 購読