【匠マイラ・リューインの言葉】メモ

毎朝 新しい人生の「今日」がやってきます。

「今日」を生きるためのセッティングをすることは大切です。

私は、特に朝、「学び」に時間を充てることが好きです。

朝の学びは、例えば
体に意識をはらうこと、
心の内側にフォーカスすること、
それと歴史的な知恵、
匠の授けた教えを改めて見つめることです。

朝に学びがあると、
「今日」という一日を、
自分を通して
「どう」過ごしたらよいかが自然な形として見えてきます。

一日の時間は限られています。

・今日することと 今日しないこと
・今日できることと 今日はしなくて良いこと

この指針を自分なりに模ることは
とても価値のあることだと感じます。



起きるたびに「生まれ」ている
眠るたびに「小さな死」を経験している

今朝も匠からの教えにより、いくつかの概念を通して自分の心のスペースを遊ばせていました。

ヨガの教えでありアーユルヴェーダの知恵がそこにはありますが、もっと大切なのは「人生にどう反映させるか」というエッセンスが込められていることです。

2016 年 ヨガ留学滞在中でのMemoを一部シェアします。

・エネルギーが滞っていると、自分自身をうまく見つめられなくなる
きちんと見て、気づくことでエネルギーは流れる(痛みが溶け出す)
・身体の左側に何かしらの反応、乱れが出ているのは → 抵抗心が芽生えているか、自分が弱っているということ
男性的エネルギーは外側にあり身体の右半身を通る、物理的、論理的なエネルギー
女性的エネルギーは内側にあり身体の左半身を通る、微細的、受容的なエネルギー
→ これらが自分のなかで調和されていることが大切。
・「力」は、何かに対しコントロールしたり抑制したりしてはいけない。
「力」は、輝く光のように湧き出るものとして扱うこと。
・社会では、女性が基盤となって支えを担っています。
・アグニが強い、整っているとオージャス(生命力)が高まる。
・ヴァータの人は特にアグニを強化しておく必要あり。
・ヴァータはバランスが良いと最強のドーシャ。過剰だと「クラッシュ」を引き起こす。
・人間には果物は要らない。好きだから食べているだけ。
食べるのに最適なのは地元で作られた無農薬の果物。コリアンダーやカルダモン、シナモン、ミント、フェンネルなどで少し加熱して食べると良い。
・「他の人がどう思うか」を気にする。
私たちは完璧ではなく間違いを犯すものです。
他人をありのまま受け入れること。ゆるしを与える。(与えないとエネルギーがそこでとまる)「賛成」しなくて良いんです。ただゆるすだけ。一緒にいなくても良い。人間は変わるものです。変革を遂げます。
人殺しでも、ゆるされるべき人なんです。
私たちのできる最も力のあることは、ゆるすこと。
「完璧主義でいないとけない」ということは、自分を許さないこと。
それは = 他人もゆるさないということになります。

アーユルヴェーダ省察プラクティショナー
K a o r i

関 連

  1. 生きる力を蓄えましょう

  2. 「これさえあれば良い」健康な体に必要な5つの食材

  3. 自然に起きれていますか? / 寝起きの軽やかさは幸福のしるし…

  4. 【関係と時間と変化】自分の心がうつすもの

  5. 愛のこもった回鍋肉 / 何で満たされるのかを感じるしあわせ

  6. 「健康はお金持ちしかなれない」?

最新記事 おすすめ

ブログ 購読

ツールバーへスキップ