Ayurveda Foundation 講座
〝 土台は揺るがない 〟アーユルヴェーダ基礎修得


Ayurveda Life 講座
〝 自分と遊ぶ 〟アーユルヴェーダ応用版・定着化


Ojas 生成プログラム
食材キット活用しての実践・体感型プログラム





― ライフヒアリングの様子  ―
ダ イ ジ ェ ス ト Ver 


~ 令和の現代に、東京という大都市の中で
家族とともに生きるわたしが
浮世離れせずに活力を生み出すことができること~

Kae さんより


~ 身体と心から両方整えることで
「 整う 」ことを肌感で感じている ~

Kaori さんより


~ 経験から歩み出す根本的な食事改善
人生の目的をリマインドするプロセス ~

Marina さん


~ オージャスキットでつくる
自分のためのアーユルヴェーダ料理が楽しく美味しい ~

Maki さんより

~ ストイックな体重管理の習慣から
意識・行動が開放されるとき ~

~ 体重を気にするか、
人生全体の質を気にかけるか ~




ファウンデーション講座、
少しずつ学び進めていますが、
自分に当て嵌めて考えた時の腑に落ちることが多くて、毎回驚いてます。

動画に登場しているまきさんのコメントも、とても勉強になります。
RYT で学んだとはいえ3時間だけの講義だったこともあり、さらっと終わった感じだったので。改めて自分で学ぶ機会を作って良かったと思ってます。


ファウンデーション講座の第二章を受講し終えたのですが、
もう、、ほんとに深いです。
( 深い以外の言葉が見つからない😮 )

ドーシャ、アグニ、グナ、ダートゥ、アーマ…言葉とその意味を覚えるのも大変だー!とこんがらがりそうですが、なるほど!そういうことなんだ!だからかぁ、と繋がりをたくさん感じています。

講座の中でお二人がお話ししているように、ほんとに知っていたら誰かを救えるし、私も救いたい人がいたので(亡き母)もう少し早くに出会っていれば、出来ることがあったのになぁと思っています。

でも、かおりさんのお言葉にあるように ” もらったバトンを解消するお役目 ” が、自分に与えられてるのだろうし、それがあるからこうしてアーユルヴェーダに出会えて、自分と繋がる選択をして、誰かをも幸せにしていくことができるのだろうなと思います。

こうして学ばせていただいていることが、本当に有り難いなぁとしみじみ思います*
引き続きライフ講座とファンデーション講座を通して
アーユルヴェーダの奥深さを自身で掘り下げていきたいと思います。


Foundation 講座の課題シートへの記入が
終わりました。

用紙に書ききれないほどのアーユルヴェーダを役立てられるであろう場面や、自分の生き方について考えるよい時間を過ごしました。


物事に対しても〝 食 〟から繋がっているのか、
丁寧な生活を取り入れられるようになりました。

自分の優先順位を考えたり、頭の中も整理整頓できるように。
例えば、これをやったら無駄なエネルギーを使うから今はやめて明日にしておこう、とか思ったり、いい意味でグランディングできるようになりました。

先のことを考えて、その場だけの判断で行動しなくなりました。

いまだにそれは続いており、なるべく心地よい生活ができるように日々研究している感じです。 
身体が整うと気分も上がっていくので、繋がっていることをとても感じました。
ここでドーシャとグナの関係がより体感できました。

これをきっかけに、アーマパーチャナはたまに自分をクレンジングしてあげることでより自分をひと段階あげて、整えてくれる感じがするので、また時々やっていこうと思いました。 
なかなかトライできていなかったので、今回はとっても良かったなと満足しています。

おりさんとマキさんとの楽しそうな会話を通して、
理解も深まり、毎回動画を楽しみにしております!



お話、聞き直す度に深まる感じです。

ファウンデーション講座の最終章は本当に考え深く、生きることは食べる事とか、食べる事は生きる事。
または、生きる為に食べる事などなど もうどれも 同じで。

だったらもっと真剣に食べることに命懸けて向き合ってこーよ!
流行りに乗って世の中の情報に右住左住したり、流されてしまう事なく
自分の実感や体現で 生きようよ!

他人の言うことを鵜呑みにしたり、他人に生かされてたり、人の為に生きるではなく自分の為に生きようよ!
中途半端に情報を得て上辺の知識ではなく、せっかく自分に興味をもったんだからひとつひとつ学びを増やそうよ!
と終わったあとに感じたのを覚えています。

毎回毎回かおりさんとの時間が終わるたびに、自分に興味が湧きました。
伝えきれない思いの ほんの一部です。


Foundation 講座の動画を見ています!
わかりやすいし、アーユルヴェーダスクールのテキストだけではもやもやと理解出来きれなかった事もわかりやすいし、何といってもかおりさんと繋がってる気がして元気とやる気が出て来ます。笑
これだけのボリュームのテキストや動画に感服しますが、アーユルヴェーダの素晴らしさに本当に救われています。
本当にかおりさんに出会えて良かったと、感謝しながら拝見してます。


かおりさんとマキさんとの
楽しそうな会話を通して理解も深まり、毎回動画を楽しみにしております!


本来の自分の持つアグニの働き、
アグニがアップしているのが分かった。

スパイスは得意な方でなかった私でも自然に取り入れられて、美味しくいただけた。
今はかおりさんのキットにあるものをそのまま使っているが、体調に合わせて今後は自分でセレクトして使い分けていきたいと思う。

普段の食事量よりは少なめだと思うが、
キットのレシピだと空腹をそこまで強く感じず、食間に欲していた余計なもの(甘いものやスイーツ)は減り、空腹を味わう余裕もあった。


仕事が遅くなったら今から作るのが面倒だな
とお惣菜で済ませることも多かったが、
キットがあると作るのが苦ではなく、むしろ〝買うより体が休まるご飯を自分で作ろう、特に夜は消化に負担なく食べたい〟と思うようになり、キッチンに立つことが増えた。

それを食べることで、やっぱりコレで良かった、と満たされ、良い循環となっていた。引き続き、オージャスプログラムで感じることのできた恩恵を見守り、続けていきたい。


 セットがあるおかげで、
時間がなくても
アーユルヴェーダごはんにありつけて幸せです。

初心に帰れるというか、ちょっと雑になってしまっていたことにもう一度丁寧に取り組む事を思い出させてもらっています。新たな発見が沢山あって、久しぶりにワクワクしてます!


今朝、生理が 5 ヶ月ぶりに、
穏やかにやってきました。

もう上がってしまったのかなぁ と思ってましたが。
まだ上がるには早いかな?と感じていたので嬉しく感じました。今、お昼は結構手を抜いてしまっているのですが、朝はパンチャナッツとレーズンウォーターを続けて 1 週間経ちました。


 パンチャナッツに感動しました。
自然の甘さが体に沁み渡る感じを受け、
思わず目を閉じ、ひと口ひと口を味わいながら大切に飲みました。
まずはシンプルに調理した物を自分がどのように感じるか、食べてみたいと炊いたご飯。スパイスとギーのほのかな香りとやわらかく優しい食感に、これだけでも十分美味しくいただけました。お豆は失敗してしまいましたが、これからの 2 週間この優しい料理を体感していくことがとても楽しみになりました。


2 週間を終えて、
体の軽さだけでなく実際にウエスト周りと顔周りがすっきりとして、体重が少し落ちました!
痩せたかった訳ではないですが、浮腫みが取れた感じなのかな!?
ちょっとビックリしました!スパイスの効果かな?
スパイスの用い方やオーグメンティング、エクストラクティブ食材も考えながら調理できるようになりました。

週に 1 度はキッチャリーを家族で食べる日も作っています。少し塩を入れると家族も美味しいと言って食べてくれます。パンチャナッツも週に 2 – 3 回は続けています。
美味しくて身体も軽くてコンディションをみながら摂っています。
得るものが多くて充実な 2 週間でした。ありがとうございました。


 いつも稚拙な質問に
丁寧に分かりやすく返信を頂き感謝申し上げます。

始める前は質問すら分からなかったのに実践してみるとお伺いしたい事ばかりで、こうしてすぐに教えて頂ける所もこのプログラムの素敵な所なんだなと改めて感じています。ありがとうございます。
お豆ってこんなにも美味しかった?( 日頃から比較的使用していたはずなのに… )と再発見したり、キッチャリーとの新しい出合いに感動しました。調理法で食材もこんなに変わるんだと、毎日食べる事が楽しいです!
毎日キッチャリーとお豆を煮るだけでも飽きない位です。


 オーグメンティング、
エクストラクティブの食材をできるだけバランス良く摂るようにしたら少しずつ体調取り戻せました。始める前に悩んでいたお腹の張りが少し減って、妊娠してからきつくなってしまっていたズボンもまた履けるようになりました。


 キッチャリーやお豆をスパイスで煮たもの、
モイスチャーサラダが夕食の定番となった一週間。毎日食べても飽きずに、むしろ毎日食べたいと思ってしまうくらいです。やわらかく煮た温かい食べ物がこんなにも美味しくて気持ちを満足させてくれる事を再確認しています。
夕食後にフルーツを食べてしまったり、今もまだ摂らなくて良いものを食べてはしまいますが、お菓子を食べたいという気持ちがおさまっています。お腹にガスが溜まりやすくいつも張った感じがあったのがあまり気にならなくなったように思います。