■ 02 .
~ アーユルヴェーダと出逢って帰国後、まず初めに行ったこと ~
・買ったものと買わなくなったもの、取り入れたこととやめたこと

・・・私にはまだまだ、緩和していくことが身体と心にあると自覚していました。一度歩み出した探求をもっと楽しみたい、そしてそれをする価値が十二分に分かっていました。かつての私は「人として生きる」ことを、選んでいたのだから。・・・

帰国直後にまず買ったもの

・・・
(中略)

・・・それまでの人生で割愛してきたことの多くに、この時から時間をかけるようになりました。

以前の私にとっては、忙しくしていることが普通(働き盛りでもあったし)で、イレギュラーな予定へも進んで Yes と言い(マイアーユルヴェーダ期間から減っていったけれど)、結果を突き詰めることや快感を追い求めるのが普通の人生でしたが、自分というパーソナリティを安定させるのが前提を捉えたとき、それらの行為はもう必要のないことだと分かりました。

これからは人生の全体を見渡して、一つ一つに適切な時間とスペースを設けていこう、向き合って、取り組もう。
そのようにして自分の日常での優先事項を定めていきました。



お便りご購読後にエピソード全文を閲覧いただけます


価格:7,800 –
内容:全 6 話分 WEB テキスト・全 11 話分動画



【 エピソード 02 , 目次 】

~ アーユルヴェーダと出逢って帰国後、まず初めに行ったこと ~
・それまでの暮らしから取り入れたこととやめたこと

・Ananda としての活動

~ 古い習慣に呼び戻されそうになったとき ~
・見え隠れする残像と執着への対処法
・今できること、そう感じて続けたこと

~ アーユルヴェーダとヨガを本質的に機能させる ~
・一人の人間としてフォーカスする先に

~ 1 年後再びハレプレへ ~
・アーユルヴェーダシェフとしての学びと実践の時間
・関係性の変化・フィーリングの記録


【 アーユルヴェーダライフ動画 02 , 】
画 像  ク リ ッ ク で サ ン プ ル 動 画 を視 聴 い た だ け ま す


・・・

「アーユルヴェーダお便り」は、慢性的な不調 – 未病状態から約 10 年、アーユルヴェーダと出逢って 4 年かけて今日の「自分らしい心身」を築くまでに辿った経緯を総体的に綴ったコンテンツです。
アーユルヴェーダと出逢ったときに何から始めたか。
無意識な習慣の何からやめていったか。
その過程で起きた体と心の微細な変化と揺れ、本質的な変容。

これまでブログ記事やインスタグラム投稿には書ききれなかった全容、各出来事での「前後」のことや、「背景」にあった動機、毎日続けた「行為」をひとまとめにしました。

・・・


ツールバーへスキップ