Reflection Practitioner of Ayurveda
アーユルヴェーダ 省察実践家 / 歌手


人 物 像 / 成りゆき

1989
ベトナム人の両親のもと香港で産まれ
生後間もなく日本に移住し暮らす

図工と音楽と道徳が好きな小学生時代
趣味は一人無計画なサイクリング

〝やる気〟がなくマラソンはほぼビリでゴール
〝やる気〟を出した翌年には 1 位でゴールする
極端なピッタ気質

自由時間と自主学習は進んでやるも
決められたことはやるのを嫌い、
その後 反抗期まっしぐら

高校入学からほどなく
「髪を染めたい」で両親には無断で中退

渋谷 109 ショップ店員として働く

往復 3 時間の通勤も「好きだから」で
約 9 年アパレル業界で勤務
先輩、お客様から人生を学ぶ

2011 / 21 歳
社会人経験 5 年目

不規則かつ自暴自棄な暮らしぶりから
心身の乱れがピークに達する
その後、途端に「真面目に」生き始める

~ ヨガと出逢う ~

モノ・コト・関係性の大断捨離を始める

2016 / 25 歳
~ ヨガを学びにハワイカウアイ島 Hale Pule へ ~
(現ニュージーランド)

指導者マイラ・リューインとの出逢いによって
身体と心の生命感について学ぶ
全米ヨガアライアンス認定 RYT 200 修得

~ A n a n d a 始動 ~

1Hale Pule ヨガ留学記
2 プライベートヨガ / Ayur Yoga
3バランスをもたらすアーユルヴェーダお料理教室

2017 / 26 歳
再び Hale Pue
アーユルヴェーダシェフとしての学びを実践
Hale Pule 認定アーユルヴェーダシェフ修得
アーユルヴェーダ入門編プログラム修得

2019 / 30 歳

Ayurveda Holistic 基礎講座 】開講

人生で一番最初に抱いていた夢
「歌手」
のオーディションに合格

2020 / 31 歳
4 年の OL 兼 アーユルヴェーダライフを終え
Ananda リニューアル

アーユルヴェーダお便り配信開始

/


/
F e e l i n g

「自分を生きる」という過不足のなさ

・私は今、東京の真ん中に暮らしつつも自身の調和を築けるようになりました。(自然豊かな田舎の実家に暮らしていた頃よりもは今の方がはるかに健康です)
慢性的に生じていた不調や痛みはほとんどなくなり、それらに力を奪われる代わりに、違うことへ自分の命を当てがえるようになりました。
・人生とは、やるべきこととやらなくて良いことのバランスを見出すこと _ 、昔何かの本でそう読んだことがありますが、それに加え今の私は、〝生産的〟な態度とともに過ごせる日々が続いているのを実感しています。
自分の人生が、今 – ここで過不足なく展開している感覚です。

自分のしたいこととそうでないことが分かりやすくなり、また人間として、した方が良いこととしなくて良いことの認識も安易にかなうようになりました。
「一つの命」として自身を楽しめるようになったともいえます。

ヨガの云う身体の扱い方 – 心との繋がり方、アーユルヴェーダが知らせる – 日々自分らしく生きるという知恵が、今後も私の人生の基盤に在り続けることは変わりありません。


溺れることは、簡単だった

・今思えば、心身の発達が十分でないまま色んなことへ体当たりし、のめりすぎていたのかなと振り返ることができます。総じて自分の人生の大事な部分ですが、時にそれは決して心地よいものではなく、心が空っぽになったり、体は痛みや乱れに都度襲われることが普通でした。
もともと万全でない心身にとって乱れの犠牲は大きく、補うのに必要な知恵も免疫も乏しい状態でした。常に短絡的な解決法に頼るようになり、快楽的な渇望に走り、結果溺れるような生き方をする時期もありました。
当時の私を知る人はその全貌を目撃していますが、ドーシャ(体質)が乱れ、グナ(心の質)も散漫にあるとき、日々の選択の幅はとても狭く、ほぼ機械的で受動的な動機のもとでそれをしたと思います。
バックには甘い菓子を常備していて、何かにつけ人と集い自分自身を誤魔化しながらお酒を飲みたい放題、食べたい放題。睡眠も 2 – 3 時間が連日。

結局は、本当に痛い目を見て、心身が疲弊しきってから初めてふと我に返ることになり、ようやく「生きること」のリスタートを望んだのでした。

もっと、自由に愛し合いたくて

・人生で成し得たいことは、愛する人と自由に愛し合えることでした 。
長い間、このことに対して心のどこかで YES と言えないままでいました。
自分が生きることで、後に何が続いていくか、知れるようになってから今のフィーリングに至るようになりました。
時間はかかりましたが、今、一人間としての幸福、普遍的な愛に繋がっている実感があります。

・身体がラクになって心が少しずつ自由になっていくとき、感知できることの幅が広くなっていったことで愛し合いたいと願う関係性が、直に、瞬時に深まり広がる。‥そのことを見ました。
自分が健康であることは、愛でした。
・アーユルヴェーダやヨガの知恵は、その人自身の人生の色 – 形を明らかにする手段の一つです。
人によって、人生が明らかになる手立ては仕事であったり、またはその他の何かだということもあります。
私自身は、アーユルヴェーダやヨガに出逢う = 体と心の健やかさを回復・増進させるという側面から、人生での真骨頂 – 愛に生き、愛し合うことの歓びを感じています。



修 了 内 容

全米ヨガアライアンス認定 RYT  –

1 ヨガの基礎概念・テクニックの習得
ヨガアーサナ(体位)、プラナヤマ(呼吸法)、メディテーション(瞑想)、マントラ(波動の言葉)等、伝統的なヨガの原理について実践と座学を通して学ぶ

細かな要素についても分析と実践を重ねて心身に落とし込む

ヨガのもたらす治癒・癒しについて学ぶ
ヨガセラピーの本質、心身に起こるストレス対処法、妊娠時のヨガについて、等

2 指導法の習得
ヨガ指導者としての技術、心得、伝達の要点等をデモレッスン、座学を通して習得
アジャスト・アシストの仕方など、初心者向け~アドバンス向け等様々なレベルに向けての指導について
受講者とのコミュニケーションの概念、ヨガを仕事にすることのビジネス的観点について学ぶ

3 解剖学 & 生理学の習得
人間の体の構造と作用、機能について体現と座学を通して学ぶ
体の扱い方と意識的な自然な呼吸を通して“気”の流れ、“チャクラ”についても学ぶ
アーユルヴェーダの視点からみる体と心の統合について学ぶ
ドーシャ(体質)理論、グナ(性質)、食事が命に与える影響について…等

4 ヨガ哲学・ライフスタイル・倫理の習得
ヨガにおける原理 八支則やアーユルヴェーダ(生命科学)について学ぶ
アーユルヴェーダ/アシュタンガ・八支則について/ヨガスートラ/ヨガの歴史と哲学/アイアンガー …等
指導者のためのプロの基準を学ぶ

5 実践の習得
トータル200時間の実習科目
自己実践、指導実践、座学を通して毎日体と心と魂の点検、修練を行う
アーユルヴェーダの食事療法、日々のディナチャリヤ(体の叡智に従う暮らし方)により体の内側からの浄化を体感

参考文献 : Hale Pule


/

– Hale Pule 認定アーユルヴェーダシェフ
/

1 アーユルヴェーダの原理を日常に取り入れる方法を学ぶ
ドーシャ(体質)、グルヴァディグナ(性質)、アグニ(消化力)、ダートゥ(組織形成)、食物同士の食べ合わせ(オーグメンティングとエクストラクティブ含む)…等

2 アーユルヴェーダハーブとスパイスの使い方を学ぶ
それぞれの性質と作用、癒しとバランスと美味しさをもたらすための扱い方

3 食べ物と食べ方に健全な関係を築くための実践とレッスン法
日々の食事献立の基本、ためにならない習慣を脱却して健康を増大させる手段

4 病気からの回復期、調和を取り戻すための食事
高齢者、病人、幼児…等 様々なニーズに合わせた料理方法

5 食事にサットヴァをもたらす方法
調和のとれた料理環境、シェフとしてのエネルギーに調律する
無理のない持続可能な調理法、食べものの中にあるプラーナの役割を理解する

6 食事計画、レシピ作り、台所の整理整頓、調理器具、食べものの
食事と人生をより楽しむための流れ、手段について

7 イベントのケータリングやレストランでの調理等
プロとしてその場の料理に向き合う時の心構え

8 食べ癖の対処法
様々な状況下にあるクライアントとの取り組み方

9 アーユルヴェーダシェフとしての様々な方向性

参考文献 : Hale Pule


/
– アーユルヴェーダ入門編修了

アーユルヴェーダの基礎コースマニュアル&課題修了

– アーユルヴェーダの基礎理念
人間の身体、思考、マインドに変化を起こすアーユルヴェーダという「完全な科学」について

– アグニの力と消化力
食べる行為にまつわる消化と、人生全般の消化力の仕組みについて

– アーユルヴェーダ式 食べ方
もっと食べるということの楽しみを思い出し、消化を後押しし、心身の健康と幸福を支える食べ方について

– 健康へと導くアーユルヴェーダ的 食物
それぞれの食物の役割と体の示す反応、ホリスティックな目線でみたときの食物の選び方について

– アーユルヴェーダ式 調理の基本
体質、心身のバランス具合から検討する調理法と組織に必要な 6 の味、オイルのセレクト、配合について

– アーユルヴェーダ的 食事計画
ドーシャを鎮静させるための 1 回の食事でのバランスのとり方、食材の構成比、食料庫にストックしておくと良いものについて

– 病気からの回復と予防の基本
真の癒しがもたらされるまでの過程と、その時に必要になる要素、本質を探る
病気回復で取組む事柄、食事内容、セルフケアについて

– 健康と長寿のための日々の実践
生き方としての健康と幸福の実践、体のレベルを上げる要素と実践について

– 変化を起こし状況を変える
変化を成功に導くために必要なこと、人生を統合させていくにあたって必要な事項について


ツールバーへスキップ