Reflection Practitioner of Ayurveda  
 アーユルヴェーダ 省察プラクティショナー / 歌手 



人 物 像 / 成りゆき

1989
ベトナム人の両親のもと香港で誕生
生後間もなく日本へ来て暮らす

図工と国語と音楽・道徳が好きな小学生時代
趣味は無計画な一人サイクリング

〝やる気〟がなくマラソンはほぼビリでゴール
〝やる気〟を出した翌年に 1 位でゴールする
極端なピッタ気質

自由時間と自主学習は進んでやるも
決められたことをやるのは嫌い
サムスカーラがこじれる出来事から
反抗期まっしぐら

高校入学からほどなく
「髪を染めたい」で両親に無断で中退

渋谷 109 ショップ店員として働き始める

往復 3 時間の通勤も「好きだから」で
約 9 年アパレル業界で勤務
先輩、お客様から仕事とは、人生とは、を学ぶ

2011 / 21 歳
社会人経験 5 年目

不規則かつ自暴自棄な暮らしぶりから
心身の乱れがピークに達する

その後、
途端に「真面目に」生き始める

~ ヨガと出逢う ~

モノ・コト・関係性の大断捨離を始める

2016 / 25 歳

~ ヨガを学びにハワイカウアイ島 Hale Pule へ ~
( 現ニュージーランド )

指導者マイラ・リューインとの出逢いによって
身体と心の生命感について学ぶ
全米ヨガアライアンス認定 RYT 200 修得

~ A n a n d a 始動 ~

1Hale Pule ヨガ留学記
2 プライベートヨガ / Ayur Yoga
3バランスをもたらすアーユルヴェーダお料理教室

2017 / 26 歳
~ 再び Hale Pule へ ~

アーユルヴェーダシェフとしての学びを実践
Hale Pule 認定アーユルヴェーダシェフ修得
アーユルヴェーダ入門編プログラム修得

2019 / 30 歳

Ayurveda Holistic 基礎講座 】開講

人生で一番最初に抱いていた夢
「歌手」
オーディションに合格

2020 / 31 歳
4 年の OL 兼 アーユルヴェーダライフを終え
Ananda リニューアル

アーユルヴェーダお便り 】配信開始



2021 / 32 歳

アーユルヴェーダ On Line コンテンツ 】
各種開講

人 生 を 経 験 す る
– 全 関 係 性 へ の 見 方 捉 え 方 が 変 わ る –

アーユルヴェーダと出逢い学ぶ過程で、
全関係性への見方や捉え方が変わりました。

食事を整える過程で食べ方への変化が現れ、
結果として食物全体との関係性が再構築されました。

「 一つ 」が根本から変わることは
その他「すべて」を変えていくことを、
今日まで真っ直ぐな想いで感じています。

2016 年のその時まで、私は
自分にとって最善のやり方を
まったく分からないままに生きてきました。

そして自分にとって
最善のやり方、
食事 – 暮らし – 関係性を見つめ直し
向き合う過程でもなお失敗を重ねてきました。

ただ一つ解っていたのは、
そのすべてが自分に必要なこととして起きている
ということでした。

食事との関係性が変わると
食べること自体をシンプルに感じるようになり、

習慣が変化する過程でパートナーとの関係性も変わり
日々やわらかな瞬間が多く訪れるようになりました。

次いで仕事や社会との関係性を変えると、
自分にできることやしたいことは何か、
少しずつ明確になっていきました。

すべては
自分自身との関係性を変えたことから始まりました。

これまでの関わりがもたらしたすべての導きを、
ようやく本当の意味で
自分自身のこととして
捉えられるようになったのでした。

大人になってから変化するのは難しいし、大変なこと 」・・・
ヨガとアーユルヴェーダの匠マイラはそう云いましたが、
核となる部分を支え導き飛躍させるのもまた
アーユルヴェーダやヨガであることを彼女は伝えてくれたのでした。

今後もそのことを
人生の様々な場面において感じ学びながら、
生きていくと思います。

Ananda はこれら全エッセンスを経て
「 生きるほどにラクになる 」ためのプラクティスをお届けします。




>> アーユルヴェーダと出逢って 4 年弱
小さな実践の積み重ねから本質的な体質改善が起きたことの記録

 ・



修 了 内 容

全米ヨガアライアンス認定 RYT  –

1 ヨガの基礎概念・テクニックの習得
ヨガアーサナ(体位)、プラナヤマ(呼吸法)、メディテーション(瞑想)、マントラ(波動の言葉)等、伝統的なヨガの原理について実践と座学を通して学ぶ

細かな要素についても分析と実践を重ねて心身に落とし込む

ヨガのもたらす治癒・癒しについて学ぶ
ヨガセラピーの本質、心身に起こるストレス対処法、妊娠時のヨガについて、等

2 指導法の習得
ヨガ指導者としての技術、心得、伝達の要点等をデモレッスン、座学を通して習得
アジャスト・アシストの仕方など、初心者向け~アドバンス向け等様々なレベルに向けての指導について
受講者とのコミュニケーションの概念、ヨガを仕事にすることのビジネス的観点について学ぶ

3 解剖学 & 生理学の習得
人間の体の構造と作用、機能について体現と座学を通して学ぶ
体の扱い方と意識的な自然な呼吸を通して“気”の流れ、“チャクラ”についても学ぶ
アーユルヴェーダの視点からみる体と心の統合について学ぶ
ドーシャ(体質)理論、グナ(性質)、食事が命に与える影響について…等

4 ヨガ哲学・ライフスタイル・倫理の習得
ヨガにおける原理 八支則やアーユルヴェーダ(生命科学)について学ぶ
アーユルヴェーダ/アシュタンガ・八支則について/ヨガスートラ/ヨガの歴史と哲学/アイアンガー …等
指導者のためのプロの基準を学ぶ

5 実践の習得
トータル200時間の実習科目
自己実践、指導実践、座学を通して毎日体と心と魂の点検、修練を行う
アーユルヴェーダの食事療法、日々のディナチャリヤ(体の叡智に従う暮らし方)により体の内側からの浄化を体感

参考文献 : Hale Pule

Hale Pule 認定アーユルヴェーダシェフ

1 アーユルヴェーダの原理を日常に取り入れる方法を学ぶ
ドーシャ(体質)、グルヴァディグナ(性質)、アグニ(消化力)、ダートゥ(組織形成)、食物同士の食べ合わせ(オーグメンティングとエクストラクティブ含む)…等

2 アーユルヴェーダハーブとスパイスの使い方を学ぶ
それぞれの性質と作用、癒しとバランスと美味しさをもたらすための扱い方

3 食べ物と食べ方に健全な関係を築くための実践とレッスン法
日々の食事献立の基本、ためにならない習慣を脱却して健康を増大させる手段

4 病気からの回復期、調和を取り戻すための食事
高齢者、病人、幼児…等 様々なニーズに合わせた料理方法

5 食事にサットヴァをもたらす方法
調和のとれた料理環境、シェフとしてのエネルギーに調律する
無理のない持続可能な調理法、食べものの中にあるプラーナの役割を理解する

6 食事計画、レシピ作り、台所の整理整頓、調理器具、食べものの
食事と人生をより楽しむための流れ、手段について

7 イベントのケータリングやレストランでの調理等
プロとしてその場の料理に向き合う時の心構え

8 食べ癖の対処法
様々な状況下にあるクライアントとの取り組み方

9 アーユルヴェーダシェフとしての様々な方向性

参考文献 : Hale Pule

– アーユルヴェーダ入門編修了
アーユルヴェーダの基礎コースマニュアル&課題修了

– アーユルヴェーダの基礎理念
人間の身体、思考、マインドに変化を起こすアーユルヴェーダという「完全な科学」について

– アグニの力と消化力
食べる行為にまつわる消化と、人生全般の消化力の仕組みについて

– アーユルヴェーダ式 食べ方
もっと食べるということの楽しみを思い出し、消化を後押しし、心身の健康と幸福を支える食べ方について

– 健康へと導くアーユルヴェーダ的 食物
それぞれの食物の役割と体の示す反応、ホリスティックな目線でみたときの食物の選び方について

– アーユルヴェーダ式 調理の基本
体質、心身のバランス具合から検討する調理法と組織に必要な 6 の味、オイルのセレクト、配合について

– アーユルヴェーダ的 食事計画
ドーシャを鎮静させるための 1 回の食事でのバランスのとり方、食材の構成比、食料庫にストックしておくと良いものについて

– 病気からの回復と予防の基本
真の癒しがもたらされるまでの過程と、その時に必要になる要素、本質を探る
病気回復で取組む事柄、食事内容、セルフケアについて

– 健康と長寿のための日々の実践
生き方としての健康と幸福の実践、体のレベルを上げる要素と実践について

– 変化を起こし状況を変える
変化を成功に導くために必要なこと、人生を統合させていくにあたって必要な事項について