【 真の健やかさとは 】

アーユルヴェーダによれば、健やかさは幸福とイコールです。

アーユルヴェーダが今日まで継承されているのは、それらすべてが自然界に根差した教えであり、普遍的であるからでしょう。

アーユルヴェーダの智慧は「本来そこにある自然の原則をそのままに用いたもの」である故、人に対し取り込むときにも「部分的」でなく「総体性」をもたせたうえで施すのこと推薦しています。



– アーユルヴェーダによる健康の定義 –

瞳、皮膚、マインドがクリアで輝いている
声が澄んでいる
汗、涙、尿、便、爪など老廃物が自然と定期的に出る
特定の食物への渇望がない、食欲が安定している
熟睡できる、新しい気持ちで朝目覚めることができる
一日を通してマインド、体力が安定している

人生への熱意が安定している

健康な心身を育む際は、これまでの経験に対し
・より生きやすくなっているか
・かえって生きにくくなっていないか
をしっかりと見つめることが大切です。

健康 – 精神状態は、人生を経験する土台です。

体と心の関係、そこにあるバランスを正直に見つめて、他の誰でもない「自分自身」に正直になることが大切だと、ヨガとアーユルヴェーダの匠は教えてくれました。

もちろん、生きていれば「苦しみ」や「痛み」は必ず生じるもの。
それらに支配されるか、経験として力に変えていくかは選ぶことができるということ。
特に私たちが真の自分 – 高次の自分との繋がりが阻害されているとき、体や心への対処法を見誤り、最適でない選択をすることがあります。
その過程で心身が弱まり、不調や痛みとして伴うことになります。

無意識にあるマインドは慣れたものにしがみつきがちで、現実に起きる出来事を正しく認識し経験することを阻みます。

結果、以下にまつわる不本意なことが起きていきます。
・何をしていても心から楽しめない
・直観力と繋がることができない

・自分と他人とを区別し遠ざける
・自分の内に失望や葛藤が生じる
・大切なものを大切にできなくなる

アーユルヴェーダでは体内に生ずる未消化物と同じくらい、「心に生ずる未消化物」も乱れや不調の根源に成りうるとみています。

・空腹ではないけれど何か食べたい
・苦しくなるまで食べることを繰り返す
・食物に対する強い嫌悪感を抱く
・いつも何かをしていないと不安に駆られる
・情報を取り入れすぎて何が正しいか分からなくなる
・ぼんやりと熱狂的な態度の繰り返しのなかで生きる

これらは消化不良の感情や思考が蓄積したことで
「食べること」や「暮らすこと」に関しても生きた純質な動機が失われやすくなった印です。

真の健やかは、本来私たちの内側にすでにあるもの。
それを引き出して、日々奏でるようにそことの結びつきを安定させていくのをアーユルヴェーダは知らせてくれています。

「健やかさ」とはなにか外側から引っ張ってきたりくっつけてくることで得られるものではない、ということ。



何かを新しく学ぶときは、

( 特に自分自身を知り、探求するときには )
 “ 頭を大きくする感覚で ” それを学ぶこと

そう匠に教えられたのを覚えています

私たちは何かを学ぼうとする、
知ろうとする、・・・
けれどその時、同時に “ 過去のフィルター ” に囚われていると、新しく取り入れようとすることが 複雑に感じられ、そのままでなく湾曲した印象として取り込まれ、結果、なんだか “難しく” 思えてしまう。

目の前に起きていることに対し
頭を大ーきくして、
過去のフィルターを外しながら

それらを自由に見て – 感じて– 取り込む姿勢が、その人自身の – 学び、成長の幅 – を広くしていくでしょう。

このことは健康や幸福に限らず、人生の様々な分野、局面において同じことが云えると思います。



真の健康を築き上げる

アーユルヴェーダでは、安定した消化力のためのバランスのとれた精神と体のための食事法があります。
それはいくつかの自然の原理に沿ったシンプルなアプローチによってかなえられます。

1消化力を高める食事献立比
26 の味の活用
3体質、シチュエーションに沿ったレシピ

1消化力を高める食事献立比消化力を高めると、代謝能力や内臓などの組織の強さに直結します。
アーユルヴェーダでは食物のもつ性質・働きの種類を
大きく 2 つに分けて考えます。

それは「安定・強化させるもの」「浄化・排出させるもの」です。
「安定・強化させるもの」をオーグメンティング、「浄化・排出させるもの」をエクストラクティブと称しています。
オーグメンティングは主にお米やサツマイモ、カボチャ類
エクストラクティブは主に豆類や緑野菜、ナッツ類です。

 

オーグメンティング6、エクストラクティブ4の割合で構成された食事バランスが、安定した組織を形成しつつも不要物を排出し浄化します。

食材の性質一覧表はこちら


2 6 の味の活用私たちの体にとっては、6 の味とそれによる作用が消化や組織再成の助けになります。
その 6 の味とは「甘味」「酸味」「塩味」「苦味」「渋味」「辛味」です。
これらがバランス良く一度の食事で含まれていることが大切です。
何かが突出してありすぎても、またはなさ過ぎてもバランスの乱れを起こす原因になります。

6 の味とそれぞれの作用はこちら


3体質やシチュエーションに沿ったレシピ
アーユルヴェーダでは「万人に通ずるやり方はない」としています。
個々の状態、体質や体調に見合った食事内容が最も健康を支えます。

例えば、スパイスでみるとターメリックやシナモンは冷えや浮腫みのある人には適していますが胃もたれ、肌荒れのある人には強すぎる傾向があり、使用量に気を付けなければ悪化する可能性もあります。

体質・ドーシャ診断はこちら
乾燥・冷え・腹部のガス感が気になる人はこちら
炎症・胃もたれ・肌荒れが気になる人はこちら
浮腫み・肥満・鼻詰まりが気になる人はこちら

毎日できることからコツコツと整えていくことが大切です。

まずは今日できそうなこと、手軽なことから始めてみてはいかがでしょうか。



アーユルヴェーダ省察プラクティショナー

k a o r i

関 連

  1. 「満足する」という知恵

  2. – レシピ – 野菜出汁からつくるア…

  3. – レシピ – さつまいものマフィン…

  4. 【第二期生修了】Ayurveda Holistic 基礎講座…

  5. 食べ物以上に大切な「食べ方」のこと

  6. – レシピ – バターナッツのスパイ…

最新記事 おすすめ

ブログ 購読

ツールバーへスキップ